ヤマレコ

HOME > NYAAさんのHP > 日記
2017年08月13日 11:17報告全体に公開

クサリを絶対離すな!

「クサリを絶対離すな!」

こんなアドバイスを山で聞かされるのは、非常に残念だ。もう聞いただけで、その登山者やパーティのレベルが分かってしまう。

もちろん、言いたいことは分かるが、そう言われると、大体、腕の力目いっぱい握っちゃうよね。

で、その結果、握力がなくなって、滑落してしまう。表妙義の縦走路などで、良くあるパターンだ。

そもそも、クサリはそんなに力を入れて握る必要はない。
「本能がバカになっていない限り」滑落するほど、弱くは握れない。

「私、握力弱いから、しっかり握ってないと落ちちゃうんです。」

そういう人もいるかも知れないが、そこまで握力がないのであれば、持久力もまったく期待できないので、そういう人は、そもそも、登山をするべきでないし、登山をしなくていい。
腕の力は日頃使っていないと、筋力も持久力も期待できない。最近では、クライミングジムなど、いくらでもある。
命がけであるにも関わらず、トレーニングしないで登山するのはいかがなものか?

登山をするからには、その場しのぎで何とかしようとせず、まずは、基本的な技術、体力は身に着けてから登るべきだろう。
そうすれば、表妙義、剱、穂高の「一般登山道」で、ザイル、ハーネスを使うこともなくなるだろう。
観光、ハイキングのつもりで、登山をするべきではない。

クサリや岩を腕を伸ばして、腕に力を入れないで握るのは、基本だ。たまに、ハイキングなどで、腕を曲げてクサリを握るよう言う人もいるが、補助的にクサリを握るだけの状況なら、それは正しい。
(そもそも、そういう状況では、登山者の実力があれば、クサリを握らないで通過できるような場所であることが多い。)

ところが、表妙義など、体重をクサリに預けなくてはならない状況になると、ムダに力が入って危険な状態になる。腕を伸ばしてクサリを握ることをくせにするべきである。
(当然、クサリに体重をあずけるのは、自己責任。)

もちろん、腕を引き付ける場合には、力を使うのだが、その時間をできるだけ短くするようにするのは、基本だ。

「ゆっくり安全に」という感覚は、ハイキングの感覚だ。危険個所は、「正しい技術で素早く通過する。」のが正しい。
それができないのであれば、登山は成り立たない。危険個所に長くいることほど、危険なことはない。


●参考:指のトレーニング器具

https://www.yamareco.com/modules/diary/73693-detail-147078
訪問者数:563人
-
拍手

コメントを書く

この日記はコメントを受け付けていません。

この日記へのコメント

まだコメントはありません


この日記を書いた人


NYAA

8月のカレンダー

«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

訪問者数

  • 81808人 / 日記全体
ページの先頭へ