また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1199138 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

修験道を歩く 新穂高〜黒部五郎〜薬師岳〜立山

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月17日(月)
メンバー
天候1日目 晴れ時々曇り
2日目 曇り後雨と強風ガスガス
3日目 ガスガス雨風後曇りやや晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路 毎日アルペン夜行バス
復路 室堂〜扇沢の例のルートで乗り換え、バス、電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間55分
休憩
1時間20分
合計
9時間15分
S新穂高登山指導センター06:2507:30わさび平小屋07:4008:30秩父沢08:3510:10鏡池10:1511:00弓折乗越11:1012:00双六小屋12:3513:40中道分岐13:5014:20三俣蓮華岳14:2515:40黒部五郎小舎
2日目
山行
10時間35分
休憩
1時間30分
合計
12時間5分
黒部五郎小舎03:4005:05黒部五郎岳05:1006:20中俣乗越06:3007:45北ノ俣08:0009:10太郎平小屋09:3510:20薬師平11:00薬師小屋11:3012:30薬師岳13:30北薬師岳15:05間山15:1015:45スゴ乗越小屋
3日目
山行
7時間50分
休憩
1時間30分
合計
9時間20分
スゴ乗越小屋04:0004:40スゴ乗越04:5005:25スゴの頭05:3506:35越中沢岳06:5008:05鳶山08:30五色ヶ原山荘09:0510:40獅子岳10:5012:20富山大学測候所12:3013:20室堂ターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪 トレース分かりづらく道迷い
薬師〜北薬師 岩場強風時注意
雪慣れしてない人はアイゼン必要
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

新穂高の登山指導センターよりスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高の登山指導センターよりスタート
風穴の風が気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴の風が気持ちいい
笠新道入り口 水場は豊富
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道入り口 水場は豊富
わさび平小屋 人多し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび平小屋 人多し
名物 冷やし野菜と果物
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物 冷やし野菜と果物
雪渓もりもりですがトレースばっちり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓もりもりですがトレースばっちり
木道が見えたら鏡平はもう目の前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が見えたら鏡平はもう目の前
振り返ると槍がいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると槍がいる
こんな看板があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな看板があります
中道から稜線についたあたりでガスが多くなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道から稜線についたあたりでガスが多くなる
黒部五郎への道は残雪もある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎への道は残雪もある
雷鳥くん(夏毛)
めっちゃ地面と同化してる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥くん(夏毛)
めっちゃ地面と同化してる
黒部五郎は雲がかかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎は雲がかかる
1
薬師岳は良く見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳は良く見える
結構大きい小屋です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構大きい小屋です
1
夕暮れの薬師が素敵
この高低差は遠目にもげんなり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの薬師が素敵
この高低差は遠目にもげんなり
2
夕暮れの黒部五郎
雲が晴れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの黒部五郎
雲が晴れる
テント場でおやすみなさい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場でおやすみなさい
1
2日目 カールコースへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目 カールコースへ
この目印が五郎小舎のにくいサービス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この目印が五郎小舎のにくいサービス
と思ってたらズボッと足踏み抜き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ってたらズボッと足踏み抜き
1
これを見なきゃ黒部五郎来た甲斐なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを見なきゃ黒部五郎来た甲斐なし
2
小屋が遠く見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が遠く見える
2
ゴローちゃんに会いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴローちゃんに会いました
2
笠方面はまだ見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠方面はまだ見える
1
看板崩れてますが中俣乗越
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板崩れてますが中俣乗越
赤木岳
奥が北ノ俣
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤木岳
奥が北ノ俣
ここから先は木道多し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は木道多し
神岡新道分岐もある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神岡新道分岐もある
1
ハイ松のそばに雷鳥くん
お腹緩いけどしっかり観察
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ松のそばに雷鳥くん
お腹緩いけどしっかり観察
太郎平小屋 トイレへ急げ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋 トイレへ急げ!
2
ふぅ・・・
ようやく一息
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふぅ・・・
ようやく一息
1
薬師のテント場
雨降ったら水がたまりそうな気が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師のテント場
雨降ったら水がたまりそうな気が
1
こんなゴーロを登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなゴーロを登る
少し長めの雪渓を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し長めの雪渓を行く
1
熱心に砂浴びする雷鳥くん(冬毛)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熱心に砂浴びする雷鳥くん(冬毛)
2
ここから先も長めの残雪
雷鳥天気予報のとおり、だいぶガスガスに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先も長めの残雪
雷鳥天気予報のとおり、だいぶガスガスに
1
避難小屋が見える
ガス風つよし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見える
ガス風つよし
1
山頂の祠がうっすらと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の祠がうっすらと
1
こんな感じの岩場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの岩場
こんな感じの岩場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの岩場
3
残雪は続く
ガスで先が見えずルーファイ難しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪は続く
ガスで先が見えずルーファイ難しい
間山付近の残雪はロープがありトレースしやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間山付近の残雪はロープがありトレースしやすい
1
森林が見えてくるとスゴ小屋の近く
ほっとする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林が見えてくるとスゴ小屋の近く
ほっとする
大変おいしゅうございました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大変おいしゅうございました
3
3日目
ようやく撮影できる程度の明るさでスゴの頭へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目
ようやく撮影できる程度の明るさでスゴの頭へ
山頂直下のゴーロ
滑りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のゴーロ
滑りやすい
ガスが濃くて何撮ってるかわからない
一応越中沢岳の急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが濃くて何撮ってるかわからない
一応越中沢岳の急登
途中、煙突状の岩場が2回くらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、煙突状の岩場が2回くらい
ハイ松の道を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ松の道を登る
鳶山(「とんびやま」又は「とびやま」)
後で調べるまでずーっと蔦山(つたやま)だと思ってた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳶山(「とんびやま」又は「とびやま」)
後で調べるまでずーっと蔦山(つたやま)だと思ってた
五色が近づき木道が多めになってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色が近づき木道が多めになってくる
木道に滑り止めのブロック
こういうサービスがとても心にくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道に滑り止めのブロック
こういうサービスがとても心にくい
木道が雪に覆われている どうする?
  くぐる
→ のぼる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が雪に覆われている どうする?
  くぐる
→ のぼる
1
五色ヶ原山荘
ガスガス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ヶ原山荘
ガスガス
1
ザラ峠へ進むころにようやくガスが晴れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラ峠へ進むころにようやくガスが晴れる
1
ガスが無ければこんな風景が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが無ければこんな風景が
ザラ峠の西側はザレザレな崩壊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラ峠の西側はザレザレな崩壊
砂利交じりの九十九折を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂利交じりの九十九折を登る
少しずつ遠くの山が見えるように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ遠くの山が見えるように
この岩稜が獅子のたてがみを思わせるのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩稜が獅子のたてがみを思わせるのか
1
鬼岳名物の残雪トラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼岳名物の残雪トラバース
1
鬼岳東面 そうかーここが東面かー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼岳東面 そうかーここが東面かー
1
鬼岳東面 そうかーここが東面かー
…ってさっきも見たよね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼岳東面 そうかーここが東面かー
…ってさっきも見たよね?
龍王岳直下への残雪はロープもあり傾斜もないのでサクサク進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳直下への残雪はロープもあり傾斜もないのでサクサク進む
この先が立山だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が立山だ!
立山連峰の光景
曼荼羅で極楽と称される理由が目の前に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰の光景
曼荼羅で極楽と称される理由が目の前に
2
わずかながら剱岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずかながら剱岳
子連れ登山中でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子連れ登山中でした
1
雄山から真砂
立山には思い入れが強い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山から真砂
立山には思い入れが強い
2
室堂ターミナル到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂ターミナル到着
1
室堂から例のルートで下山
黒部ダム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂から例のルートで下山
黒部ダム
1
ダムにかかる虹の足元には宝が埋まっているのだろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムにかかる虹の足元には宝が埋まっているのだろうか

感想/記録

残雪の修験道を歩くというコンセプトで新穂高から室堂に抜けるルートをチョイス。
本来三泊四日間が望ましいのですが急ぎ足の二泊三日で。

前日
アルプス行くなら毎度おなじみの毎日アルペンを利用。楽。

1日目 雷鳥1
新穂高の登山指導センターで登山届けを提出し行動開始。トイレ渋滞。
1日目は小池新道から三つ叉蓮華、黒部五郎のルートですが、小池新道の道中の水場は水が豊富で残雪トレースも良く踏まれており問題なし。
双六小屋から双六岳は雪のため直登ルートと巻き道ルート閉鎖中でした。中道ルートから山頂に向かう春道ルートがあります。
2-3日目の体力温存のために今回は双六はパス。

三つ叉蓮華から初の黒部五郎へ。曇り気味の天気なれどもガスがなく見通しが良いため残雪のトレースは分かりやすかったです。
また、五郎小舎の方がポイントポイントで丁寧に目印を置いているというありがたさ。こういうサービスがにくい五郎小舎。
途中、雷鳥くんに出会い天気の悪化を予感しつつ五郎小舎へ到着。テントを張り、薬師方面から来た人達と情報交換しつつ1日目終了。
カールコースは木立の間の残雪を歩く。薬師残雪が多く、薬師〜北薬師の岩場がやばそう。とのことでした。

2日目 雷鳥4
まずはカールコースから黒部のゴローちゃんに会いに行きます。情報どおり木立の間の残雪があったりしますが、ここでもにくい五郎小舎の目印登場でありがたくトレース使わせてもらいます。
カールで朝焼けを狙ったのですがあいにく曇りでした。それでもカールを堪能しつつゴロー山頂へ。
黒部五郎は微妙なルート上にあり地味なイメージ持ってましたが、見上げる五郎カールは素晴らしい威容で日本とは思えない光景でした。ここはスイスかカナダみたいな。
太郎平からピストンだけする人は実にもったいないことをしてると思います。

ピークハント後は薬師方面に進みます。が、北ノ俣でお腹が緩くなってきました。
2日目にして大変な事態です。急ぎに急いで太郎小屋まで進みトイレを拝借(急ぎの道中またしても雷鳥くん登場)。小屋に近いタイミングで本当に助かりました。
不帰の天狗山荘でもそうでしたが、小屋の水を沢山飲むと時々緩くなりがちなのが困ったところ。常備薬の正露丸パワーでしのぎつつ、薬師に向けて準備し挑みます。

薬師のテント場からゴーロ状の急登を越えて事前情報通りの長めの残雪を越えて薬師平へ。またまたしても雷鳥くん出現(2回連続)。今までの雷鳥天気予報は的中率100%なので、今後どれだけ天気が荒れるというのか。確かにこのあたりからガスガスな天気になりました。
薬師小屋のそばでは10mクラスの西風が常に吹くようになり、薬師小屋で雨具装備に変更。ここでもトイレを利用し(300円)、山頂へ。

寒さのせいか、疲労のせいか、お腹のせいか、高度のせいか。このあたりから妙に足が進まなくなります。だいぶ疲労しつつ山頂到着。スゴまで行くとそのままやり切るしかないので、ここで進退を検討します。
風速的には十分耐えられること。常に西風のため注意しやすいこと。ちょっと歩いた限りそれほど峻烈な岩場でないこと。お腹の調子は何とかもちそうなこと。時間的には行動タイムリミットの16時に間に合うこと。から北薬師を越えることを決定。

薬師〜北薬師の岩場は八峰キレットより楽でしょうか(薬師側は谷川のオク〜一ノ倉並み、北薬師側は八峰キレットもどき並み)。
スゴ方面からすれ違った登山者はストック使ったりする位でした。ただガスガスで先が見えません。
薬師〜北薬師は尾根を東西にうねりながら北上するルートですが、しょっちゅう道を見失っては立ち止まり、元に戻りを繰り返します。
だいぶ集中力切れてきた事を感じつつ山頂へ。予定時間をかなりオーバー。

北薬師からスゴまでは残雪がいくつかあります。ガスガスと疲労で集中力が切れたらもうトレース見つけられません。岩場に引き続き道迷いを繰り返しつつ、よろよろ下ります。ぽつぽつだった雨も強くなる一方で何だか悲しい気持ちになりながら時間いっぱいでスゴ小屋へ到着。
こんな天候と体力でテントを張れるわけもなく、お腹の具合を良くするためにも夕食付き小屋泊を選択。

スゴ小屋はこじんまりとしてますがこれぞ山小屋という雰囲気で小屋番さんもアットホームな感じでした。
太郎や薬師に比べてここを利用する人は少なけれど、利用する人=かなりの山好きというのがこの小屋の雰囲気を作ってるのも一因かもしれません。
カレーはスパイスが効いた本格的なエスニック系で間違いなくおすすめです。
私を含め3人の泊まり客でわいのわいのと情報交換して2日目終了。

3日目 雷鳥2&雛鳥
お腹の調子は相変わらずいまいち。雨も降ってましたが出発します。
3日目のコースはタイムがおおむね予定通りでしたが、初めのスゴ乗越〜スゴ頭が鬼門でした。
スゴ乗越は広めの傾斜に残雪が一面についてました。そこへ雨脚がいきなり強くなったので慌てて斜面の木陰に待避したのが失敗の始まり。
ガスガスでトレースを見失い、それっぽい道と思って偵察したらあれま獣道。ブッシュにはまりかけて予定時間を超過。気を取り直して偵察を続けてようやくトレースと頭への登り口を発見。微妙に笹に隠れてたからパッと見で分からなかったのか…
スゴの頭への登りは岩の急登が続きます。傾斜が緩くなり山頂かなと思ったらゴーロが登場。
元々ゴーロ歩きは苦手ですが、雨の日のゴーロは非常に危険で良く滑ります。
やる気がストップ安になりかけたところで、ようやくスゴの頭に到着。

ほうほうの体で越中沢への下りで今日の雷鳥くん登場。丸々とした体に癒やされてやる気復活。越中沢岳への登りに取りかかります。
越中沢岳は事前情報でも岩が多いと聞いてましたが、雨がちょうど止んできたこともあり気合いで押し通りました。

越中沢岳からは残雪混じりの斜面を一度下ってからの鳶山(鳶「とび」読めませんでした)への登り。風の来る西側がハイマツバリアで覆われているので安心して歩けます。
ダラダラ登りを飽きつつ登り切ると木道が登場。ついに五色沼のテリトリーに入りました。

五色山荘周辺もまだ残雪が多く、木道の上に雪が積もった状態になってたり。
ここの木道、凹部に時折滑り止めのブロックが配置してあり、五郎小舎同様にくい心遣いを感じます。
五色山荘で行動食を取りつつ相変わらずトイレを拝借し(100円)、立山入りを目指します。

ザラ峠から獅子岳は標高差から見ても3日目の行程のキモといえます(とは言えこちらに意識がいっててスゴの難易度を見落としてました)。
初めは砂利混じりの九十九折りを登ります。中腹から石混じりになり、山頂に近づくに連れて岩登り気味の斜面になります。
それにしても、獅子と名のつく山頂や岩場はどこも似た顔をしている。険しい岩稜部分がたてがみを思わせるのか?

そんな獅子岳をやっつけて鬼岳トラバースへ。鬼岳東面からコース地図にも残雪注意とあるくらいに、もりもりな残雪を登ります。
トラバースも長いので歩きなれてない人はアイゼン必須でしょう。
鬼岳を越えて最後の壁の竜王岳の登りに取りかかります。
獅子岳とちがい、初めから岩岩気味の斜面を気合いで登り切ると富山大学測候所が見えます。ようやく立山入り。ここから見る立山連峰は何だか涙が出てきそうな光景で、古の(現代の)修験者も同じような気持ちなのかなと思いをはせながら時間が止まったような光景を眺めてました。

何でも大日三山から劔、立山連峰、スゴを越えての薬師岳というエキスパート修験道があるという話です。修験者目指してるわけではありませんが、山を愛する人間として一度はやってみたいなと思いつつ室堂ターミナル到着で今回の旅は終了。
特に残雪の道迷いを多発して失敗気味の山行でしたが次回に活かせればと思い今回も無事に下山できてお疲れちゃんでした。

※残雪は歩くのが正解のところもあればかわすのが正解のところもあり難しい(こればかりは何とも言えない)
※人が少ない道はトレースが雨で削られてスプーンカットと同じになってるのも判断が難しい(足跡、ストックの穴、踏み抜き穴、土汚れ等から判断)
※ちょっとでも怪しいと思ったらすぐに立ち止まって地図とコンパスをよくよく見ること(毎度備忘録として書いてる気がする…)
悪天候・人の少ないルート上の残雪ルーファイは積雪期並と考えるべき。あと正露丸最強。
訪問者数:468人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ