また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1226071 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北アルプス最深部縦走 船窪・裏銀座・三俣・雲ノ平

日程 2017年08月12日(土) 〜 2017年08月14日(月)
メンバー
天候1日目降ったりやんだり 2日目晴れのち曇り 3日目曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
行き:七倉山荘駐車場利用(知り合いに同乗)
帰り:13:30折立発〜15:30富山駅着 富山地鉄バス 3500円
   ※お盆なので念のため事前にネット予約しコンビニで乗車券発券し持参
   富山〜金沢 北陸新幹線・自由席
   金沢〜京都 サンダーバード指定席
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間24分
休憩
1分
合計
3時間25分
S七倉山荘06:1806:19七倉登山口07:19唐沢ノゾキ07:46岩小屋08:33鼻突八丁(八合目)09:17天狗の庭09:1809:43船窪小屋09:43宿泊地
2日目
山行
11時間53分
休憩
1時間27分
合計
13時間20分
船窪天場04:0804:30船窪乗越04:4004:44船窪岳04:5105:41船窪第2ピーク05:4407:29不動岳07:3808:34南沢岳08:54烏帽子田圃09:15烏帽子岳山頂分岐09:40烏帽子小屋10:0310:11烏帽子ひょうたん池12:00野口五郎小屋12:1512:53野口五郎岳13:14真砂岳13:18真砂岳分岐14:18東沢乗越14:56水晶小屋15:1615:39ワリモ北分岐15:49岩苔乗越16:40黒部川水源地標17:28三俣山荘
3日目
山行
6時間46分
休憩
1時間33分
合計
8時間19分
三俣山荘04:0004:22黒部川水源地標04:2406:05雲ノ平山荘06:1406:23奥日本庭園06:36アラスカ庭園07:49薬師沢小屋08:1208:18カベッケが原08:44第三徒渉点08:58第二徒渉点09:01第一徒渉点09:36太郎平小屋10:3510:47太郎兵衛平11:03五光岩ベンチ11:36積雪深計測ポール11:43青淵三角点(青淵山)11:57太郎坂(アラレちゃん)12:19十三重之塔 慰霊碑12:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日目のGPSログは三俣山荘から雲ノ平山荘まで手入力。
コース状況/
危険箇所等
・七倉山荘〜船窪小屋
 鼻突八丁というかずっと続く登りが意外にキツイ。
 天狗の鼻で展望が開けたあとはお花畑の登山道。

・船窪〜不動岳〜南沢岳
 稜線と樹林帯の繰り返し。ハシゴ・ワイヤーの連続。ナイフリッジも1ヶ所あり。
 不動沢の崩落が激しい。慎重に行動。

・南沢岳〜烏帽子岳〜三ツ岳〜野口五郎岳〜真砂岳
 裏銀座前半部。歩きやすいがアルプス特有の大きいアップダウンが続く。

・真砂岳〜水晶小屋
 岩稜帯が続く。

・水晶小屋〜黒部源流〜三俣山荘
 黒部源流沿いに下って源流碑から三俣山荘まで登る。
 三俣山荘から流れる沢が登山道の横を流れているため登山道もそれなりに
 流れている。トレランシューズ等は濡れ覚悟で。

・三俣山荘〜雲ノ平
 黒部源流から雲ノ平へは源流碑付近のロープまたは
 渡ったところにある道標が目印の箇所を渡渉。
 今回はトレランシューズでもギリギリ濡れませんでした。
 渡渉後は岩のマーキングどおりにゴロゴロ岩を登ります。
 祖父岳を右手に回り込むように登山道は続きます。
 今回はマーキングや踏み跡があり迷うことはありませんでした。
 木道が始まればそこはもう雲ノ平。

・雲ノ平〜薬師沢小屋
 雲ノ平の木道が終わると急に湿気の多い黒土と岩だらけの登山道。
 しかも急こう配で岩は苔むしてすべる。これが1時間半続くので
 体力もメンタルもかなり消耗。
 出来ればもう通りたくない道。

・薬師沢小屋〜太郎平小屋
 薬師沢から少し離れたところを緩やかに木道が走る。非常に歩きやすいです。
 最後に15分ほどの急登を登れば小屋の見える稜線へ。

・太郎平小屋〜折立
 小屋から五光岩ベンチを過ぎて標高2000mあたりまでは石を敷き詰めた登山道。
 浮いている石も多いので、油断するとぐねりそうな道。
 後半は走れる道。
その他周辺情報富山駅から路面電車環状線「国際会議場前」下車
「御宿 野乃」の日帰り温泉「剱の湯」
大人900円 タオルセット200円
ちとお高いですが設備はそれなりにしっかり。
下山後の富山観光の宿にもいいかも。
http://www.hotespa.net/hotels/nono_toyama/index.html
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック OMM Classic 25 finetrackツエルト1 シュラフ faintrackポリゴンネスト3×2UL カイロ SINANOトレランポール13.6Pro patagonia ナノパフジャケット ウインドシェル SALOMON FAST WING HOODIE シューズ SALOMON SPEEDCROSS PRO ルナサンダル ベナード2.0 ヘッドランプ Black Diamond STORM 250lm 予備電池 ハイドレーション エバニューチタンアルコールストーブ バリゴ風防兼ゴトク 燃料用アルコール チタンマグ スティックコーヒー アルファ米 ナッツ用 nalgeneボトル 500ml Tシャツ×3 長袖Tシャツ×1 靴下×3 帽子 グローブ サングラス OAKLEY STRINGER バフ 行動食 カロリーメイト・パン・ミックスナッツ 地図 コンパス 計画書 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 iphone モバイルバッテリーeneloop 時計 SUUNTO CORE てぬぐい デジカメ 熊鈴 メガネ コンタクトレンズ

写真

船窪小屋への七倉尾根、ブナ立尾根といい勝負じゃないかと思う
2017年08月12日 06:17撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船窪小屋への七倉尾根、ブナ立尾根といい勝負じゃないかと思う
天狗ノ庭まで来たらあとは楽しい稜線歩き
2017年08月12日 09:08撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ庭まで来たらあとは楽しい稜線歩き
1
船窪小屋、お母さんおられませんでした。。
2017年08月12日 09:43撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船窪小屋、お母さんおられませんでした。。
2
船窪小屋の水場はめっちゃ危険なところに!小屋番さんは毎日大変です!
2017年08月12日 12:00撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船窪小屋の水場はめっちゃ危険なところに!小屋番さんは毎日大変です!
2
水場の後は吸い込まれそうなザレた断崖絶壁。「夜間はくみに来ないでください」とのこと。そりゃそうやわ。
2017年08月12日 12:00撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の後は吸い込まれそうなザレた断崖絶壁。「夜間はくみに来ないでください」とのこと。そりゃそうやわ。
3
雲海に浮かぶ船窪小屋
2017年08月12日 13:24撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ船窪小屋
1
ながーい2日目の始まり
2017年08月13日 04:01撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ながーい2日目の始まり
北ア北部の朝焼け
2017年08月13日 04:44撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ア北部の朝焼け
10
ナイフリッジ!このルート、これよりも地味に危険そうな箇所多数。
2017年08月13日 04:50撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ!このルート、これよりも地味に危険そうな箇所多数。
7
高瀬川渓谷は雲海。その向こうに槍ヶ岳など。
2017年08月13日 05:03撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬川渓谷は雲海。その向こうに槍ヶ岳など。
8
不動岳までまだまだ。。
2017年08月13日 05:58撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳までまだまだ。。
3
振り返ると剱、立山
2017年08月13日 07:02撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると剱、立山
5
ライチョウに会えた!
2017年08月13日 07:15撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウに会えた!
5
雌もすぐ近くに!
2017年08月13日 07:16撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌もすぐ近くに!
1
不動岳山頂。すぐ向こうは断崖絶壁。
2017年08月13日 07:21撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳山頂。すぐ向こうは断崖絶壁。
1
これはなかなか見ごたえのあるコマクサの群落
2017年08月13日 07:32撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはなかなか見ごたえのあるコマクサの群落
3
コオニユリ?
2017年08月13日 08:23撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コオニユリ?
3
南沢岳から烏帽子へと思わず走りたくなる稜線!
2017年08月13日 08:34撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢岳から烏帽子へと思わず走りたくなる稜線!
5
烏帽子岳、見ました!笑
2017年08月13日 09:08撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳、見ました!笑
4
前烏帽子岳から!ようとんがってるなー
2017年08月13日 09:10撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前烏帽子岳から!ようとんがってるなー
3
烏帽子小屋まで順調に来れてひと段落。このあとサプライズがな出会いが!!
2017年08月13日 09:32撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋まで順調に来れてひと段落。このあとサプライズがな出会いが!!
サプライズ出会い!!
今日はこれから酒盛り♪との足長夫婦を激写!笑
ありがとね!拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サプライズ出会い!!
今日はこれから酒盛り♪との足長夫婦を激写!笑
ありがとね!
5
ごろりんアイス食べ損ねたー!
2017年08月13日 12:08撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごろりんアイス食べ損ねたー!
1
なんかお墓みたいでガスってるし怖い。。
2017年08月13日 12:46撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかお墓みたいでガスってるし怖い。。
1
水晶小屋が近づくにつれてこういう岩ゾーンに体力もってかれた。。
2017年08月13日 13:30撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋が近づくにつれてこういう岩ゾーンに体力もってかれた。。
1
水晶小屋に泊まろうかと思ったけど布団2枚で5人とのこと。ちょっとそれはーと、ここまでなんとかやってきました。
2017年08月13日 15:41撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋に泊まろうかと思ったけど布団2枚で5人とのこと。ちょっとそれはーと、ここまでなんとかやってきました。
3
今宵の宿。最終宿泊受付者だったようです。布団1枚に2名という混雑ぶりでしたが、体感ではそうストレスは感じませんでした。
2017年08月13日 18:10撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今宵の宿。最終宿泊受付者だったようです。布団1枚に2名という混雑ぶりでしたが、体感ではそうストレスは感じませんでした。
1
テン場は小屋からかなり上の方まで。
2017年08月13日 18:10撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場は小屋からかなり上の方まで。
2
北アルプス最奥の地で夕食のジビエシチュー、美味でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス最奥の地で夕食のジビエシチュー、美味でした!
6
3日目、祖父岳のふもと。
2017年08月14日 05:04撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目、祖父岳のふもと。
5
赤牛と水晶
2017年08月14日 05:12撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛と水晶
1
いいところに建ってます
2017年08月14日 05:52撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいところに建ってます
1
雲ノ平小屋
2017年08月14日 05:54撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平小屋
中もキレイ
2017年08月14日 06:00撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中もキレイ
薬師沢小屋もいいところ
2017年08月14日 07:46撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋もいいところ
1
水は豊富!笑
2017年08月14日 07:50撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は豊富!笑
1
薬師沢小屋から太郎平小屋へは歩きやすい木道が続きます
2017年08月14日 08:35撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋から太郎平小屋へは歩きやすい木道が続きます
1
少し急登を登ると見えました!太郎平小屋
2017年08月14日 09:23撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し急登を登ると見えました!太郎平小屋
1
ネパールカレー美味しかった!ほんとにネパール人がやってた!
2017年08月14日 10:05撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネパールカレー美味しかった!ほんとにネパール人がやってた!
3
見ただけの薬師と(笑)
太郎平小屋にて
2017年08月14日 10:23撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ただけの薬師と(笑)
太郎平小屋にて
12
長かった山旅が終わりました。折立登山口。
2017年08月14日 12:14撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった山旅が終わりました。折立登山口。
折立からのバスで一緒だった方と富山駅前の居酒屋で電車の時間までチョイ飲み!
2017年08月14日 17:39撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立からのバスで一緒だった方と富山駅前の居酒屋で電車の時間までチョイ飲み!
6

感想/記録
by nity

今年のお盆はファストハイクで北アルプス縦走!
散財の夏の集大成でもあります!笑
意気込みはいつものごとく、欲張りすぎて後悔するも無事下界へ帰還出来てホッとするという、いつもどおりの懲りない山旅でした!

8/12(土)
●七倉〜船窪小屋(ツェルト泊)
裏銀座登山口の高瀬ダムへとタクシーで向かう大勢の登山者を見送ってAM6時七倉尾根へ。このルートはお盆でも比較的空いていました。雨がポツポツと降り始めたAM10時前には小屋に到着。
船窪小屋の有名なお母さんはおられませんでしたが小屋番に親切な対応に感謝でした。雨が上がってる間にツエルトを張ってお昼は小屋で味噌ラーメン。午後はのんびり昼寝タイムの予定が陽が当たるとツェルト内はめっちゃ暑いことが判明!
北アルプスで昼寝を楽しみに来たのに結局横になれたのは16時すぎ。睡魔と戦い日陰を探してウロウロすることになった初日、これはこれで結構疲れましたー。あ、約10張りの船窪のテン場は夕方には10張以上のテントで埋め尽くされました。

8/13(日)
●船窪小屋〜船窪岳〜不動岳〜南沢岳〜烏帽子岳(パス)〜野口五郎岳〜水晶岳(パス)〜鷲羽岳(パス)〜黒部源流〜三俣山荘(小屋泊)
AM4:00昨夜の雨と結露でずぶ濡れのツェルトを撤収し出発。針ノ木谷への分岐を過ぎたところで夜明け。先月滑落事故があり命を落とされたとあとで聞いたルートにソロではいります。
地図にあるとおりロープ・ハシゴの連続!ナイフリッジもあった!沢側の崩落が本当にすごくて落ちたら見つけてもらえんやろなーと思いながら慎重に進みます。ただ、高瀬ダムから湯俣へと広がる渓谷は槍ヶ岳まで雲海が素晴らしかったです!!
不動岳を越えて南沢岳へ入ったところでようやく緩やかな稜線。烏帽子岳も射程圏内。ライチョウにも会えたし順調に来れてここまでが計画段階から不安だっただけにひと安心です。
で、烏帽子岳直下に来て悩む。ここまでまぁまぁ飛ばしてこの先も長いし体力も温存したい。天気もいいし登ったら気持ちいいとは思うけど、分岐から拝ませていただきました。
烏帽子小屋ではバッタリ山トモ夫妻と会ってビックリ!!
この夫妻というか奥さんにはいつも見つかってしまう!!怖いわ!!笑。
まぁおかげさまでゆっくり休息出来、いよいよ裏銀座を縦走。次の野口五郎岳を目指して順調に感じてましたが、アルプスの山々やはり甘くない!暑さもあって少しずつ体力を奪われていきました。
野口五郎小屋でカップ麺をむりやり食べて、西穂〜ジャンダルム…と凄い縦走中の野間さんにお会いして元気もらったにもかかわらず、水晶小屋手前の岩稜帯でほぼ力尽きました。
水晶岳・鷲羽岳をパスしても三俣山荘へは17時30分に到着するのがやっと。。前夜の濡れたツェルトを乾かす時間もないし夕食のジビエシチューも気になるし、即小屋泊まりに変更!!
お盆の小屋泊まり、やはり布団1枚に2人とのことでしたが多分私が今日の最終宿泊者だったようで後から誰も来られず奇跡の布団1枚!!まぁ、自分ひとりが、ってわけにもいかないのでとなりのおばちゃんに少し使ってくださいと良いことしときました(笑)。

8/14(月)
●三俣山荘〜雲ノ平〜薬師沢〜太郎平〜折立
AM3:20起床。小屋2階の寝床はまだほとんどの人が寝てたけど1階に下りてみればそれなりに起きてる人は居ました。簡単な朝食(どら焼き1個)を取り支度して外に出てみたら鷲羽岳へと続くヘッデンの明かり。山頂でご来光いいなぁーと思いながら私は反対の雲ノ平へ。
前日の疲れもあって山荘から一旦下って黒部源流からの登りが心配でしたが意外とカラダは動くもんです。あっというまに平なところへ。
で、来てみてわかりました!憧れの雲の平とか言われるのが!ぐるり360度、名だたる山々に囲まれてます!雲ノ平山荘も新しい山小屋というのもあってお洒落。食堂にはターンテーブルもあり静かに音楽が流れてる♪帰りたくなくなりましたねー笑。
またいつかゆっくり来ることにしてやっぱり今日は折立のバスの時間が気になる!名残惜しいけど薬師沢小屋へと先を急ぐ!時おりハイカーさんに道を譲ってもらいながら延々と続く木道を気持ちよく歩いていきます。ここまでめっちゃ順調。昨日もこれくらい順調ならと悔やむけど仕方ない。とか思いながら木道末端までやってきた。
ここからは薬師沢へ下ります。始めはなんとも思ってなかった急坂もだんだんとストレスに。というのも、湿気が多い黒土の上にデカイ岩がゴロゴロの道。どの岩も滑りそうでいつも以上に気を使う。ここまで順調だっただけにココはかなり疲れました。出来れば2度と歩きたくない道(笑)
薬師沢小屋でこの山旅何本目かわからんくらいのコーラと行動食のナッツで補給し、次は最終寄り道ポイントの太郎平小屋。こっちのルートはさっきの難路から一転、木道と音羽山登山道みたいな道(笑)。最後の登りはキツかったけど裏銀座のアップダウンより全然マシ!予定より30分早く小屋に到着しました。
曇ってるけど薬師も登れなかった水晶もキレイに見えるし、立山から三俣蓮華への縦走路でもあるし、朝からお客さん多いです。バスの時間は余裕で間に合いそうやし、10時のランチタイムを待ってネパールカレーをいただき、約1時間ほど休息。本当はこうやってゆっくりと小屋でのんびりするといいと思うけど、あっちもこっちもと欲張ってしまうのでつい。。(笑)
ゴールの折立へはゆっくりのんびり。途中からは太郎平小屋で知り合った東京のトレイルランナーさんに引っ張ってもらい結局バスの時間を1時間残して無事ゴール!

今回は2日目の13時間行動はさすがにムリがありましたが、山道具のこと、計画のこと、体力のことなどいろいろと勉強になった山旅でもありました。
長文、スミマセン。
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
訪問者数:374人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/22
投稿数: 320
2017/8/16 22:39
 おつかれ〜
ほんまビックリやったわ
あの後三俣まで行ったんやね
水晶小屋手前の岩稜帯次の日に我々も通ったけど、
確かにあそこはきつかった。
それよりも相変わらず変体山行やね
じゃまたね〜
お疲れ様でした
登録日: 2011/4/23
投稿数: 748
2017/8/17 22:28
 Re: おつかれ〜
烏帽子小屋のオモテのベンチでまったりしてたら
知ってる人登場
しばらく声かけへんかってんけど、
さすがに知らん顔は出来ひんし
あの時まぁまぁ疲れてたし、テン場も空きがあったし、
2日目烏帽子小屋で終了もええかも、、と一瞬よぎったんよー
宴会参加しとけばあんなしんどい思いせんで済んだかな?
もうチョイ悪魔のささやきが欲しかったー
じゃ!またどこかで会いましょう!笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ