また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 6028882
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
槍・穂高・乗鞍

伊藤新道〜ブナ立尾根

2023年10月07日(土) 〜 2023年10月08日(日)
 - 拍手
yrika11 その他1人
体力度
8
2〜3泊以上が適当
GPS
17:26
距離
39.3km
上り
2,678m
下り
2,696m
歩くペース
とても速い
0.60.7
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
7:34
休憩
0:32
合計
8:06
7:03
33
7:52
7:52
18
8:10
8:10
42
8:52
9:06
19
9:24
9:24
19
9:44
9:44
15
9:59
10:05
36
10:42
10:49
30
11:20
11:20
30
11:50
11:55
76
13:11
13:11
121
15:12
2日目
山行
8:18
休憩
1:11
合計
9:29
15:12
63
5:49
5:59
34
6:33
6:33
13
6:46
6:47
36
7:23
7:41
29
8:10
8:15
58
9:14
9:14
32
9:46
9:51
10
10:01
10:14
98
11:52
11:53
9
12:02
12:17
33
12:50
12:50
45
13:35
13:35
16
13:51
13:54
10
14:04
14:04
9
14:13
14:13
3
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2023年10月の天気図
アクセス
利用交通機関:
タクシー 自家用車
コース状況/
危険箇所等
(服装など)初日は水はけの良いトレランシューズを履いて正解だったと思う。10回くらい渡渉あり。
その他周辺情報 七倉山荘の温泉 680円
タクシー始発は6時30分。10分前から並び、2便目(7台目くらい)に乗れた。懸念していた七倉駐車場はこの時間でもまだ余裕があった。
2023年10月07日 07:01撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 7:01
タクシー始発は6時30分。10分前から並び、2便目(7台目くらい)に乗れた。懸念していた七倉駐車場はこの時間でもまだ余裕があった。
長いトンネルを通ったりして湯俣へ向かう
2023年10月07日 08:05撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 8:05
長いトンネルを通ったりして湯俣へ向かう
湯俣温泉登山口
2023年10月07日 08:32撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 8:32
湯俣温泉登山口
湯俣山荘で伊藤新道の通行届を出す。お手洗いがとても綺麗だった。
2023年10月07日 09:33撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
10/7 9:33
湯俣山荘で伊藤新道の通行届を出す。お手洗いがとても綺麗だった。
湯俣山荘グッズ
2023年10月07日 09:36撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 9:36
湯俣山荘グッズ
なかの様子。新築の木の香りがした。
2023年10月07日 09:38撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 9:38
なかの様子。新築の木の香りがした。
噂のジップライン。いつか対岸にある晴嵐荘に泊まりたい!
2023年10月07日 09:51撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 9:51
噂のジップライン。いつか対岸にある晴嵐荘に泊まりたい!
2023年10月07日 09:58撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 9:58
冒険の始まり感。奥に雪山が見える
2023年10月07日 10:00撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 10:00
冒険の始まり感。奥に雪山が見える
沸いてて熱い
2023年10月07日 10:02撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 10:02
沸いてて熱い
五竜山荘で買ったテルテル坊主を連れてきた
1
五竜山荘で買ったテルテル坊主を連れてきた
タマネギ(噴湯丘)を見逃してしまった。。
2023年10月07日 10:12撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 10:12
タマネギ(噴湯丘)を見逃してしまった。。
揺れると怖い吊橋
2023年10月07日 10:30撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 10:30
揺れると怖い吊橋
ここを渡ってガンダム岩へ
2023年10月07日 10:35撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 10:35
ここを渡ってガンダム岩へ
今年足場が整備されたガンダム岩のところ
2023年10月07日 10:37撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 10:37
今年足場が整備されたガンダム岩のところ
よいしょー。沢ヤいわく、ここは水量が多くなければジャバジャバ泳いだほうが怖くないとのこと
1
よいしょー。沢ヤいわく、ここは水量が多くなければジャバジャバ泳いだほうが怖くないとのこと
足場と手すりのロープがある
2023年10月07日 10:45撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 10:45
足場と手すりのロープがある
2023年10月07日 10:48撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 10:48
おそるおそる...
渡渉点に赤テープ
2023年10月07日 10:55撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 10:55
渡渉点に赤テープ
渡渉1回目
2023年10月07日 11:05撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 11:05
渡渉1回目
海でも使える半パンが活躍。速乾性、大事!
2
海でも使える半パンが活躍。速乾性、大事!
渡渉2回目
2023年10月07日 11:16撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 11:16
渡渉2回目
2023年10月07日 11:30撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 11:30
渡渉n回目
2023年10月07日 11:32撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 11:32
渡渉n回目
第3吊橋
2023年10月07日 11:40撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 11:40
第3吊橋
流されないように高度がある
流されないように高度がある
ここの水流で渡渉するのはかなり大変だろうなと思った。吊橋ありがたい。。
2023年10月07日 11:42撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 11:42
ここの水流で渡渉するのはかなり大変だろうなと思った。吊橋ありがたい。。
2023年10月07日 11:50撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 11:50
ソールしっかり目のサンダルで匠に歩く同行者。
2023年10月07日 12:23撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 12:23
ソールしっかり目のサンダルで匠に歩く同行者。
岩のフリクションは良い
1
岩のフリクションは良い
第5吊橋
2023年10月07日 12:28撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 12:28
第5吊橋
ここから急登の始まり
2023年10月07日 12:31撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 12:31
ここから急登の始まり
足元は良くない、、、
2023年10月07日 13:14撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 13:14
足元は良くない、、、
ひらけたとこからの景色がすごい!
2023年10月07日 13:24撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
10/7 13:24
ひらけたとこからの景色がすごい!
2000m超えたくらいから雪が現れる
2023年10月07日 13:54撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 13:54
2000m超えたくらいから雪が現れる
展望台で一休み
2023年10月07日 13:55撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 13:55
展望台で一休み
山崎のカスタードまん、可愛い
2023年10月07日 14:04撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 14:04
山崎のカスタードまん、可愛い
2023年10月07日 14:31撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/7 14:31
槍ヶ岳と北鎌尾根と硫黄尾根
2023年10月07日 14:43撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 14:43
槍ヶ岳と北鎌尾根と硫黄尾根
ズームバージョン。ほんのり雪が付いてて良い
2023年10月07日 14:43撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 14:43
ズームバージョン。ほんのり雪が付いてて良い
三俣蓮華岳
2023年10月07日 15:06撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 15:06
三俣蓮華岳
ようやく三俣山荘をとらえる
2023年10月07日 15:48撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/7 15:48
ようやく三俣山荘をとらえる
連休初日なのに、15時時点でテン場は3組しかおらず。良い所に幕営できて嬉しい。
2023年10月07日 16:18撮影 by  SO-53C, Sony
1
10/7 16:18
連休初日なのに、15時時点でテン場は3組しかおらず。良い所に幕営できて嬉しい。
肌寒いのでストーブで暖を取らせていただく
2023年10月07日 16:26撮影 by  SO-53C, Sony
1
10/7 16:26
肌寒いのでストーブで暖を取らせていただく
夜カフェで購入したマサラチャイが美味しかった
2023年10月07日 19:01撮影 by  SO-53C, Sony
1
10/7 19:01
夜カフェで購入したマサラチャイが美味しかった
21時、-6度だけど無風であまり寒くない。鷲羽岳の上に北斗七星がある1枚(手持ちコンデジでテキトウに撮った結果ブレてる...)
2023年10月08日 05:26撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 5:26
21時、-6度だけど無風であまり寒くない。鷲羽岳の上に北斗七星がある1枚(手持ちコンデジでテキトウに撮った結果ブレてる...)
鷲羽で日の出を見れる時間に合わせて出発
2023年10月08日 05:26撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/8 5:26
鷲羽で日の出を見れる時間に合わせて出発
分岐
2023年10月08日 05:31撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 5:31
分岐
サンピラー
2023年10月08日 06:23撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
10/8 6:23
サンピラー
槍&鷲羽池&日の出
2023年10月08日 06:24撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 6:24
槍&鷲羽池&日の出
鷲羽岳〜
2023年10月08日 06:25撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
10/8 6:25
鷲羽岳〜
カメラ器具1kgはデフォルト装備のお方
2023年10月08日 06:30撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 6:30
カメラ器具1kgはデフォルト装備のお方
はぁ綺麗
2023年10月08日 06:33撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
10/8 6:33
はぁ綺麗
烏帽子までほぼ雪道。深いところは50cmほど積もってた。
2023年10月08日 06:42撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
10/8 6:42
烏帽子までほぼ雪道。深いところは50cmほど積もってた。
雪山気分でさくさく歩く
2023年10月08日 07:54撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/8 7:54
雪山気分でさくさく歩く
竹村新道分岐
2023年10月08日 09:52撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/8 9:52
竹村新道分岐
3年前、表裏銀座縦走のときにメンタルやられた野口五郎岳の登り
2023年10月08日 10:20撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 10:20
3年前、表裏銀座縦走のときにメンタルやられた野口五郎岳の登り
野口五郎岳。ちゃんと槍も見えた
2023年10月08日 10:26撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 10:26
野口五郎岳。ちゃんと槍も見えた
営業終了していた野口五郎小屋、なんともいえない宇宙ステーション感
2023年10月08日 10:40撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
10/8 10:40
営業終了していた野口五郎小屋、なんともいえない宇宙ステーション感
針ノ木岳方面。鹿島槍も見える
2023年10月08日 11:51撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 11:51
針ノ木岳方面。鹿島槍も見える
最近ハマっているドライフルーツ
2023年10月08日 12:07撮影 by  SO-53C, Sony
1
10/8 12:07
最近ハマっているドライフルーツ
雪と岩の下り道、やや歩きづらい
2023年10月08日 12:28撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/8 12:28
雪と岩の下り道、やや歩きづらい
10/9で営業終了の烏帽子小屋。ポカリや野菜ジュースは販売してた
2023年10月08日 12:39撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
10/8 12:39
10/9で営業終了の烏帽子小屋。ポカリや野菜ジュースは販売してた
私はコマクサ
2023年10月08日 12:57撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 12:57
私はコマクサ
高瀬ダムへ向かう
2023年10月08日 12:57撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 12:57
高瀬ダムへ向かう
歩きづらい、、、凍ってなくて本当によかった
2023年10月08日 13:22撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 13:22
歩きづらい、、、凍ってなくて本当によかった
どんどん高度を下げる
2023年10月08日 13:36撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/8 13:36
どんどん高度を下げる
2023年10月08日 14:35撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/8 14:35
下山ー!
2023年10月08日 14:36撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 14:36
下山ー!
2023年10月08日 14:36撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 14:36
三俣山荘でお話した、山スキーのレジェンド氏と合流
2023年10月08日 14:41撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
10/8 14:41
三俣山荘でお話した、山スキーのレジェンド氏と合流
長い橋を渡り
2023年10月08日 14:46撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10/8 14:46
長い橋を渡り
最後の長いトンネルを抜ける
2023年10月08日 14:48撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 14:48
最後の長いトンネルを抜ける
タクシーは4台待機。3人で七倉まで乗せていただく(計2600円)
2023年10月08日 14:53撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
10/8 14:53
タクシーは4台待機。3人で七倉まで乗せていただく(計2600円)
温泉はここ
2023年10月08日 15:30撮影 by  SO-53C, Sony
1
10/8 15:30
温泉はここ
夜は横川SAで、野菜たぬき冷やしそば。中央道渋滞を恐れて関越のほうから帰った。
2023年10月08日 20:02撮影 by  SO-53C, Sony
10/8 20:02
夜は横川SAで、野菜たぬき冷やしそば。中央道渋滞を恐れて関越のほうから帰った。

感想

今シーズン行きたくて仕方なかった伊藤新道へ。
(友人から、生き急いでるなぁ と呆れられた笑)

1日目
太陽がよく差し込み、キンキンに冷えた湯俣川に太ももまで浸かりながらの渡渉も気持ちよく感じた。渡渉ポイントには赤印があり、手すりのロープや足場、吊橋など整備されて歩きやすい。
途中から急坂の登山が始まり、まじかぁぁ〜と思っていると、槍ヶ岳・北鎌尾根・硫黄尾根の展望が!このルートの真骨頂だと思う。ほんのり雪がついた感じがかっこよさを増していた。

テン場の埋まり具合を心配してた三俣は、15時時点で先着3組とのことでビックリ。前日の降雪もあり、みんな涸沢に吸い込まれていってしまったのかな。。

2日目
鷲羽山頂で日の出を見てからブナ立尾根へ。50cmほどの積雪をズボスボ歩いたり、下りの岩場が嫌らしかったりしたが、アイスバーンがなかったのは有り難い。すれ違う人たちもアイゼンは付けていなかった。

当初は読売新道から下山予定だったが、3日目の天気が悪いとのことでルート変更したものの、雪のついた裏銀座を歩けたのは満足度が高かったし、北ア一帯の水墨画みたいな景色を見れたのも良かった。
ずいぶん前に読んだ「黒部の山賊」を再読しようと思う。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:480人

コメント

yrika11さん、レポ拝見しました。多分、三俣山荘の夜カフェでお話させていただいたと思います(山スキー三人組の一人です)。
ほぼ同じルートを同じ条件で歩いているのに、めちゃくちゃ早いですね!私は疲労困憊、日没までに下山するのがやっとでした。。でも、「水墨画みたいな雪景色」が見れて、私も大満足でした!
2023/10/10 21:02
いいねいいね
1
tartletさんコメントありがとうございます!雪道の裏銀座、本当にお疲れ様でした。圧巻の景色に救われつつ、頭の中は温泉温泉温泉でした笑
夜カフェの時間は色んなお話聞けてとても楽しかったです。(いつの間に21時でビックリ)またどこかでバッタリお会いしたときは、一緒に宴会させてください♪
2023/10/11 0:13
いいねいいね
2
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら