ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6753272
全員に公開
山滑走
剱・立山

【山スキー・BC】日本オートルート 新穂高~室堂

2024年05月02日(木) 〜 2024年05月04日(土)
 - 拍手
体力度
10
2〜3泊以上が適当
GPS
35:51
距離
47.9km
登り
5,317m
下り
3,962m
歩くペース
標準
0.91.0
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
10:59
休憩
0:38
合計
11:37
3:36
3:36
15
3:51
3:51
10
4:01
4:01
17
4:18
4:18
35
4:53
4:54
58
5:52
5:53
22
6:15
6:16
19
6:35
6:36
52
7:28
7:28
113
9:21
9:21
3
9:24
9:24
4
9:28
9:29
12
9:41
9:41
16
9:57
9:57
31
10:28
10:29
3
10:32
11:00
18
11:18
11:18
6
11:24
11:25
59
12:24
12:25
61
13:26
13:27
28
13:55
13:56
32
14:28
14:28
28
2日目
山行
11:23
休憩
1:41
合計
13:04
2:42
29
3:11
3:12
91
4:43
4:56
4
5:00
5:00
59
5:59
5:59
32
6:31
6:31
32
7:03
7:03
17
7:20
7:20
37
7:57
7:57
5
8:02
9:00
16
9:16
9:17
94
10:51
10:51
62
11:53
11:57
45
12:42
12:52
57
13:49
13:55
66
15:01
15:05
36
15:41
15:45
1
15:46
宿泊地
3日目
山行
9:08
休憩
1:58
合計
11:06
3:18
11
宿泊地
3:29
3:38
156
6:14
6:30
113
8:23
8:41
12
8:53
9:20
30
9:50
10:01
111
11:52
12:12
96
13:48
14:05
19
14:24
天候 全日程晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
バス 自家用車 ケーブルカー(ロープウェイ/リフト)
新穂高
コース状況/
危険箇所等
雪少なくシートラ多め。
小池新道付近までは雪はなし
2024年05月02日 04:48撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 4:48
小池新道付近までは雪はなし
大ノマ乗越は遠い
2024年05月02日 06:59撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/2 6:59
大ノマ乗越は遠い
弓折方面に上がる。最後の方が急。
2024年05月02日 08:52撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/2 8:52
弓折方面に上がる。最後の方が急。
強い人。
2024年05月02日 09:03撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 9:03
強い人。
去年行った槍ヶ岳が見える
2024年05月02日 09:20撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 9:20
去年行った槍ヶ岳が見える
双六小屋までゆっくり進む
2024年05月02日 09:20撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 9:20
双六小屋までゆっくり進む
双六の小屋を跡目に進む
2024年05月02日 11:05撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 11:05
双六の小屋を跡目に進む
丸山かな。夏道進む。
2024年05月02日 12:49撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 12:49
丸山かな。夏道進む。
しっかり夏道が見える
2024年05月02日 12:54撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 12:54
しっかり夏道が見える
三俣蓮華岳。遠かった。
2024年05月02日 13:55撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 13:55
三俣蓮華岳。遠かった。
双六方面。
2024年05月02日 13:55撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 13:55
双六方面。
雲ノ平と薬師岳方面。
2024年05月02日 13:56撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 13:56
雲ノ平と薬師岳方面。
鷲羽水晶方面。
2024年05月02日 13:56撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 13:56
鷲羽水晶方面。
黒部五郎方面。
2024年05月02日 14:29撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 14:29
黒部五郎方面。
黒部五郎へ向かって滑っていく。良い1本だった。
2024年05月02日 14:37撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/2 14:37
黒部五郎へ向かって滑っていく。良い1本だった。
小屋は暖かい。
2024年05月02日 15:01撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/2 15:01
小屋は暖かい。
夜が明ける。
2024年05月03日 04:41撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 4:41
夜が明ける。
黒部五郎着。
2024年05月03日 04:45撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 4:45
黒部五郎着。
山頂は少し寒い。
2024年05月03日 04:45撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 4:45
山頂は少し寒い。
雪面ガリガリで滑るのは難しい。
2024年05月03日 05:02撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/3 5:02
雪面ガリガリで滑るのは難しい。
ハイク速えー。
2024年05月03日 05:58撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 5:58
ハイク速えー。
稜線進む。
2024年05月03日 06:08撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 6:08
稜線進む。
雷鳥と並走する。
2024年05月03日 06:15撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/3 6:15
雷鳥と並走する。
山が深い。人は豆粒みたいだ。
2024年05月03日 06:16撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/3 6:16
山が深い。人は豆粒みたいだ。
いろんなところに雷鳥がいる。
2024年05月03日 06:17撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 6:17
いろんなところに雷鳥がいる。
北ノ俣岳到着。
2024年05月03日 07:03撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 7:03
北ノ俣岳到着。
薬師峠の小屋
2024年05月03日 09:16撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 9:16
薬師峠の小屋
あっちい
2024年05月03日 10:19撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 10:19
あっちい
薬師岳小屋
2024年05月03日 10:53撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 10:53
薬師岳小屋
雪が緩み始める
2024年05月03日 11:07撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 11:07
雪が緩み始める
避難小屋手前、雪は少ない。夏道すすむ。
2024年05月03日 11:34撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 11:34
避難小屋手前、雪は少ない。夏道すすむ。
薬師岳到着。
2024年05月03日 12:26撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 12:26
薬師岳到着。
雪なく。北薬師から滑れる気配なし!
2024年05月03日 13:51撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 13:51
雪なく。北薬師から滑れる気配なし!
2832ピークから滑走する。
スゴ乗越の小屋ではなく、スゴ乗越まで落としても泊ってもよいかもしれない。
2024年05月03日 14:26撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/3 14:26
2832ピークから滑走する。
スゴ乗越の小屋ではなく、スゴ乗越まで落としても泊ってもよいかもしれない。
越中沢岳のトラバース。
ステップが切ってあって怖さはない。
2024年05月04日 05:35撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 5:35
越中沢岳のトラバース。
ステップが切ってあって怖さはない。
越中から鳶山までの斜面。硬い。
2024年05月04日 06:32撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 6:32
越中から鳶山までの斜面。硬い。
鳶山に登る。流石に疲れてきた。
2024年05月04日 07:01撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 7:01
鳶山に登る。流石に疲れてきた。
広大な世界。
2024年05月04日 09:28撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/4 9:28
広大な世界。
ラスボスの獅子岳。何回も偽ピークに踊らされた。
2024年05月04日 09:57撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 9:57
ラスボスの獅子岳。何回も偽ピークに踊らされた。
五色ヶ原方面を振り返る。
2024年05月04日 10:07撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 10:07
五色ヶ原方面を振り返る。
獅子岳を滑ってきた。シュプールを眺める。
2024年05月04日 12:25撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/4 12:25
獅子岳を滑ってきた。シュプールを眺める。
斜面が遠くに見える。スキーでの移動ははやい⛷️
2024年05月04日 12:27撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/4 12:27
斜面が遠くに見える。スキーでの移動ははやい⛷️
御山谷へ降ろし切った。
東一ノ越へのトラバース道が見える。
2024年05月04日 12:33撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 12:33
御山谷へ降ろし切った。
東一ノ越へのトラバース道が見える。
最後の登りだ。
2024年05月04日 12:44撮影 by  iPhone 13 Pro, Apple
5/4 12:44
最後の登りだ。
上がっていく。最後は穏やかだった。
2024年05月04日 12:51撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 12:51
上がっていく。最後は穏やかだった。
仲間がコーラとCCレモンを持って待ってくれていた。ゴールに人がいるってとても嬉しい!
2024年05月04日 13:46撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 13:46
仲間がコーラとCCレモンを持って待ってくれていた。ゴールに人がいるってとても嬉しい!
家に帰ろう。
2024年05月04日 14:16撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 14:16
家に帰ろう。
さよなら立山。
2024年05月04日 14:16撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 14:16
さよなら立山。
乗り継いで扇沢へ向かう
2024年05月04日 14:45撮影 by  iPhone 14 Pro, Apple
5/4 14:45
乗り継いで扇沢へ向かう

感想

【全体】
スキーを始めた日からオートルートは目標の一つだった。
双六小屋から槍ヶ岳は去年のGWに行ったので、今回は反対方向に進む。

朝方の雪面の硬さや雪自体の少なさもありシートラしてばかりだった。一番いらない道具はスキーなんじゃないか?と思いながら進んでいた笑。距離長くしんどかったが、翌日にはもう楽しかったと思えてくる。山って不思議なもんだ。

【1日目】
大ノマ乗越まではシートラで。
双六小屋から丸山まではシール。
丸山以降は夏道と雪のミックス、シートラで進む。
三俣蓮華からは滑走、黒部五郎へ向かっていく気持ちの良い斜面だった。

【2日目】
翌日朝の雪は固く、黒部五郎までシートラ。
黒部五郎からの斜面は一部滑走してみたが、雪面ガリガリで滑るのはしんどかった。
北ノ俣岳までもシートラで進んだ。シールでもよかったかもしれない。
北ノ俣岳から太郎平までは滑走。縦溝と斜面の固さで微妙な滑走であった。
太郎平小屋から薬師峠までもシートラ。滑れるので板を履いた方が良かった。
薬師峠から間山まではシートラ。
北薬師岳からの滑走がオートルート北上のメイン滑走と聞いていたが雪がない。
2832ピークからスゴ乗越小屋まで滑る。広く気持ちのよい滑走だった。
小屋を超えてスゴ乗越で泊まってもよいかもしれない。

【3日目】
越中沢岳から鳶山までシートラ。越中沢岳は岩々しておりアイゼンで登り辛い。越中沢岳から鳶山間は滑れるがやはり雪面が硬い。
鳶山から五色ヶ原まで滑走。五色ヶ原からザラ峠まではシートラ。シールと滑走でもよかったかもしれない。モードチェンジすら面倒で歩いてしまった。ザラ峠から獅子岳もシートラ。一部雪面歩きもあり、アイゼンを何度かつける。
獅子岳を北東面から滑走。スキーを持ってきたのが報われた良い斜面だった。
最後に御山谷をシールであがり一ノ越で待ってくれていた仲間と合流して山旅を終えた。
待ち望んでいたコーラが身体に染み渡る。美味すぎた。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:254人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら