また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1285288 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

南岳小屋〜Hピーク〜北穂〜奥穂〜ジャン〜西穂高岳(新穂高より)

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深山荘前の駐車場は満車
新穂高ー鍋平駐車場にて車中泊
車中泊だけを考えれば、トイレ等の設備が近くこちらが良いかな
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間22分
休憩
2時間5分
合計
12時間27分
Sスタート地点03:2504:00新穂高登山指導センター07:10槍平07:2009:50南岳小屋10:2011:35長谷川ピーク11:4012:35北穂高小屋13:0013:05北穂高岳(北峰)13:3515:10涸沢岳15:3515:52穂高岳山荘
2日目
山行
5時間50分
休憩
2時間0分
合計
7時間50分
穂高岳山荘05:3005:52穂高岳06:2506:40馬の背07:10ロバの耳07:1507:30ジャンダルム08:0008:55天狗のコル09:05天狗岩09:13天狗岳山頂09:2009:35逆層スラブ09:4010:00間ノ岳10:1010:57西穂高岳11:1011:34ピラミッドピーク11:55西穂独標12:1012:33西穂山荘12:3513:20ゴール地点 西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:新穂高登山指導センター
道の状況:落石に注意しておけば問題ないレベル
<新穂高温泉〜白出沢出合〜槍平小屋>
 ゲートを越えて車も通れる右又林道を進みます。
 白出沢出合から歩きやすい沢沿いの道になります。
 滝谷で沢の渡渉を丸太橋で越えると傾斜が急になり槍平小屋です。
<槍平小屋〜南岳小屋>
 小屋前から樹林に入り、涸れた南沢を遡上して再び樹林帯になります。
 急な登りが続き木製の階段がありますが大半は朽ちています。
 森林限界を超えガレ場を登るようになると雪渓跡にはお花畑が広がります。
<南岳小屋〜大キレット〜北穂高小屋>
 小屋から急な下りになり、長いハシゴや鎖場が連続して最低コルへ。
 長谷川ピークからの下りは恐怖感があり核心部で、鎖や鉄製のステップを頼る。
 A沢のコルからは大きな浮石が多く、先行者の落石に注意を要する。
 飛騨泣きへは急峻な登りだが、慎重にゆっくり歩けば全く問題ない。
<北穂高岳〜涸沢岳〜穂高岳山荘>
 距離は短いが、近年事故の多い区間で慎重に歩く必要がある。
 北穂高岳から南峰と滝谷ドームを涸沢側から巻くように下ります。
 唯一の休憩地の最低コルから涸沢槍へは長いハシゴや鎖が連続します。
 涸沢岳への登りは急峻な岩稜で、先行者の落石などに注意を要する。
<穂高岳山荘〜奥穂高岳>
 2段の梯子を超え斜面を登ると緩やかに山頂に至る。
 梯子は短いが浮石も有り注意が必要
<奥穂高岳〜西穂高岳>
 岩稜帯を緩やかに降ると、いきなりナイフエッジの馬の背が現れる
 足場をしっかり確認しながら下降する。一番緊張する場所になります。
 さらに下降し、ロバの耳の登りになり、途中の壁がややトリッキーなので注意。
 コブ尾根の頭から畳岩の頭へと急斜面を降りると天狗のコルに出る
 天狗岩への登りは急な岩場で、天狗岳からの降りは、逆層スラブなので鎖が頼みになる。
 小ピークを幾つか超え間ノ岳に至る。愛の出家からはるんぜじょうの下降
 間ノ岳からいくつかのピークを越え西穂高岳に至る
 西穂からはスピードを上げ下山

写真

笠ヶ岳
南岳小屋より望む
2017年10月08日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳
南岳小屋より望む
1
槍が見えた
2017年10月08日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍が見えた
2
笠ヶ岳のアップ
2017年10月08日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳のアップ
北穂高岳
2017年10月08日 10:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高岳
1
長谷川ピーク
2017年10月08日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピーク
1
長谷川ピークと北穂高岳
2017年10月08日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークと北穂高岳
1
南岳より長い梯子を2か所下降します
2017年10月08日 10:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳より長い梯子を2か所下降します
南岳の岩壁
2017年10月08日 10:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳の岩壁
南岳裾野の紅葉
2017年10月08日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳裾野の紅葉
南岳が遠くに・・・
この後長谷川ピークまで渋滞
2017年10月08日 11:41撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳が遠くに・・・
この後長谷川ピークまで渋滞
長谷川ピークで渋滞中に撮って頂きました。
2017年10月08日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークで渋滞中に撮って頂きました。
長谷川ピークの難所?
2017年10月08日 11:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークの難所?
1
長谷川ピーク
2017年10月08日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピーク
1
長谷川ピークと南岳
2017年10月08日 12:00撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークと南岳
2
北穂への登り
杭の当たり
2017年10月08日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂への登り
杭の当たり
南岳と後立山方面
南岳裾野の紅葉が見事
2017年10月08日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳と後立山方面
南岳裾野の紅葉が見事
北穂高の岸壁
2017年10月08日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高の岸壁
北穂高岳山頂
疲労
2017年10月08日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高岳山頂
疲労
2
槍方面
少し雲が出てきました
2017年10月08日 12:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍方面
少し雲が出てきました
1
歩いてきたキレットの稜線
2017年10月08日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきたキレットの稜線
槍ヶ岳アップ
首元に雲のマフラーを掛けている様
2017年10月08日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳アップ
首元に雲のマフラーを掛けている様
1
前穂の岩峰群 ゴジラの背中
迫力ある
涸沢だけに向かいます
2017年10月08日 13:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂の岩峰群 ゴジラの背中
迫力ある
涸沢だけに向かいます
1
北穂の岩壁
鎖場が何箇所か有ります
この後の登りが足に堪えました
登りがキツイ
今日の登りの累積標高差どの位有るのだろう・・
北穂〜唐沢岳もキレットと同程度の難易度
2017年10月08日 13:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂の岩壁
鎖場が何箇所か有ります
この後の登りが足に堪えました
登りがキツイ
今日の登りの累積標高差どの位有るのだろう・・
北穂〜唐沢岳もキレットと同程度の難易度
唐沢岳山頂に着きました
ここまでは結構急な登りです
2017年10月08日 15:10撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳山頂に着きました
ここまでは結構急な登りです
1
ここまで来れば穂高岳山荘は目の前です
2017年10月08日 15:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来れば穂高岳山荘は目の前です
2
槍は時々隠れますが、疲れも吹き飛ぶ程の景色です
暖かく気持ちの良い天気なのでいつまでも居たい・・・
でも、受付して場所を確保しないと・・
2017年10月08日 15:15撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍は時々隠れますが、疲れも吹き飛ぶ程の景色です
暖かく気持ちの良い天気なのでいつまでも居たい・・・
でも、受付して場所を確保しないと・・
1
次の日
もう少しで日の出です
2017年10月09日 05:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日
もう少しで日の出です
1
日の出は蝶ヶ岳あたりから
2017年10月09日 05:51撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出は蝶ヶ岳あたりから
槍ヶ岳のモルゲンが始まる
2017年10月09日 05:51撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳のモルゲンが始まる
1
槍方面のモルゲン・・唯 綺麗だ
2017年10月09日 05:52撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍方面のモルゲン・・唯 綺麗だ
水晶、鷲羽岳のモルゲン
去年、水晶岳から見たモルゲンも綺麗だった
2017年10月09日 05:53撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶、鷲羽岳のモルゲン
去年、水晶岳から見たモルゲンも綺麗だった
薬師岳 去年同じように日の出を見た
2017年10月09日 05:54撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳 去年同じように日の出を見た
1
これを見たかった
2017年10月09日 05:59撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを見たかった
明るくなって来た
2017年10月09日 05:59撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなって来た
ジャンダルムも
2017年10月09日 06:02撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムも
1
穂高の稜線も朝日を浴びる
2017年10月09日 06:07撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高の稜線も朝日を浴びる
1
常念岳方面は雲海
2017年10月09日 06:07撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳方面は雲海
1
笠が岳にシルエットが
キレットのシルエット?
2017年10月09日 06:07撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠が岳にシルエットが
キレットのシルエット?
穂高の稜線も光り輝いてきた
2017年10月09日 06:08撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高の稜線も光り輝いてきた
1
雲海に乗鞍岳が浮かんでいる
2017年10月09日 06:10撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に乗鞍岳が浮かんでいる
穂高山頂で
ヤリー
2017年10月09日 06:12撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高山頂で
ヤリー
雲海の向こうに富士山と甲斐駒
2017年10月09日 06:17撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに富士山と甲斐駒
1
雲海に浮かぶ乗鞍と御嶽
2017年10月09日 06:17撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ乗鞍と御嶽
雲海も綺麗
景色が太陽高度により刻々と変化していきます
2017年10月09日 06:22撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海も綺麗
景色が太陽高度により刻々と変化していきます
この程度の風なら馬の背を一気に降ります
後の方が馬の背を下降する様子
2017年10月09日 06:42撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この程度の風なら馬の背を一気に降ります
後の方が馬の背を下降する様子
馬の背下部よりジャンダルムを望む
2017年10月09日 06:48撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背下部よりジャンダルムを望む
ロバのミミよりジャンダルムを望む
2017年10月09日 07:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロバのミミよりジャンダルムを望む
1
ジャンダルムを直登している処
今回は裏側から登ります
2017年10月09日 07:20撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムを直登している処
今回は裏側から登ります
ジャンダルム頂上
去年の夏以来です
2017年10月09日 07:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム頂上
去年の夏以来です
1
奥穂高をバックに
2017年10月09日 07:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高をバックに
ポーズを決めるが直ぐ後ろが切れ落ちておりチョット怖い
2017年10月09日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポーズを決めるが直ぐ後ろが切れ落ちておりチョット怖い
槍と遠くに立山
2017年10月09日 07:55撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍と遠くに立山
槍のアップ
形はジャンの上からの方が綺麗かな
2017年10月09日 07:55撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍のアップ
形はジャンの上からの方が綺麗かな
1
立山のアップ
2017年10月09日 07:55撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山のアップ
黒部五郎岳
2017年10月09日 07:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳
垂直に近いルンゼ
2017年10月09日 08:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直に近いルンゼ
西穂高方面
2017年10月09日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高方面
天狗のコル
2017年10月09日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のコル
コブ尾根の頭
2017年10月09日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブ尾根の頭
天狗岳山頂
2017年10月09日 09:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳山頂
西穂方面
2017年10月09日 09:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂方面
天狗岳の急斜面
2017年10月09日 09:39撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳の急斜面
逆層スラブは鎖頼みの処あり
鎖のメンテ御願いします
2017年10月09日 09:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆層スラブは鎖頼みの処あり
鎖のメンテ御願いします
天狗岳を振り返る
2017年10月09日 09:44撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳を振り返る
槍の裾野も綺麗
2017年10月09日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の裾野も綺麗
間ノ岳山頂より奥穂を望む
2017年10月09日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂より奥穂を望む
西穂稜線
2017年10月09日 10:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂稜線
ピラミッドピーク
2017年10月09日 11:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク
1
西穂独標で昼食中に野ネズミさんがあいさつに来ました
シャターチャンスが難しい
2017年10月09日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂独標で昼食中に野ネズミさんがあいさつに来ました
シャターチャンスが難しい
1
安房峠の紅葉が見頃でした
ドライブしながら楽しめました
トンネルを通るより良い
2017年10月09日 15:01撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安房峠の紅葉が見頃でした
ドライブしながら楽しめました
トンネルを通るより良い

感想/記録

今回は天気が良いのでキレット越えを計画・・と言っても、いつもながらの行き当たりバッタリ。紅葉の時期でこの天気は見逃せ無いと決行。
結果、景色もルートも最高でした。楽しいルートです。

北アルプスでいくつか未踏の山やルートが残ってます。
そのひとつが大キレットの南岳〜北穂高岳とジャンダルム〜西穂高岳。
奥穂高岳〜ジャンダルムは去年行っているが、繋いで歩きたかった。

前日のうちに新穂高に入ったものの既に深山荘の無料駐車場は満杯。
仕方ないので鍋平まで上って車中泊することとした。

朝3時に起床し軽く朝食を採ってからスタート。
白出沢あたりまで歩いたところでヘッデンがいらなくなった。
白出沢まで長い林道を歩いて槍平へ。
前回もココを歩いたが、やはり長く感じる。
紅葉が綺麗、夏の雰囲気との違いを楽しみながら飛騨沢を詰めていく。

前日雨が降ったので木の根や石が滑り易く少し慎重に行く。
槍平では霜が降りていた。

ここからは南岳を目指し急登を行く。
南岳〜北穂へのルートは今回初めてだったのでワクワクする。
ヘルメットをかぶり降り始めると間もなく2段の梯子がある。
ここを歩く人は少ないと思いきや、長谷川ピークの前で渋滞にハマる。
歩きの早い人も2時間以上かかる意味が判った。
長谷川ピーク辺りはフィールドアスレチックの乗りで楽しむことができた。
ホールドも足場も沢山有り、甘く見なければ問題なし。
北穂高岳までの登りがきつく感じてきた。北穂小屋に着いた時には本当に休みたいという気持ちになった。
小屋のテラスで少し休憩後に北穂山頂に登り、2度目のお昼としました。
北穂小屋がかなりの混みようだったので、宿泊地は穂高岳山荘に決定
一通り景色を堪能した後、涸沢岳に向かいます。
北穂〜涸沢岳間も結構アップダウンが激しいです。

鎖場が何箇所か有ります
この後の登りが足に堪えました
登りがキツイ
今日の登りの累積標高差どの位有るのだろう・・
北穂〜涸沢岳もキレットと同程度の難易度
涸沢岳山頂に着きました
ここまでは結構急な登りです
ここまで来れば穂高岳山荘は目の前です
槍は時々隠れますが、疲れも吹き飛ぶ程の景色です
暖かく気持ちの良い天気なのでいつまでも居たい・・・
でも、受付して場所を確保しないと・・
山荘に着くと、受付も渋滞していました
一つの布団に3人はないだろうなと不安になります
布団に2人で、最後の部屋になりました
同じ部屋の愛知から来られた2人組みの方と山談義を楽しみ
この方達も西穂まで行くそうです
山荘の食事は程ほどのボリューム
ご飯の「お代わり」出来ませんでした
夜、隣の人間の寝相が悪く暫く寝付けなかった上に、朝からバタバ タ騒がしくされ寝不足気味で朝を迎える
今日は、馬の背の下降が有るので風邪が強くなければ良いなと、パ ンをかじり考えた
愛知の2人組みの方は朝食前に日の出を見に行くと出かけて行った
こちらも、槍のモルゲンを見ないと・・
素早く準備し、出発
梯子を過ぎた辺りからヘッテンは必要ありませんでした。
山頂手前でモルゲンが始まりました。槍のモルゲンは綺麗です。又、日が登るにつれ色彩が変化して行くところが趣向が有ります。
穂と通り景色を堪能した後、ジャンに向かいます。
馬の背は少し緊張感が出てきます。
ロバの耳は少しトリッキー
ジャンを直登している人もいましたが、リスクを取らずに後ろ側から登りました
ジャンからの眺めは最高です。槍の形も綺麗に見えます



結果、景色もルートも最高でした。楽しいルートです。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ