また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2596930 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

剱岳、立山、薬師岳、黒部五郎岳(早月尾根、小池新道)※テント泊

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月19日(土) ~ 2020年09月25日(金)
メンバー
天候1日目(9/19):曇り
2日目(9/20):曇りのち晴れ
3日目(9/21):晴れ
4日目(9/22):晴れのち曇り
5日目(9/23):晴れ(夜強風)
6日目(9/24):曇り時々雨
7日目(9/25):雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
【行き】
富山駅まで北陸新幹線かがやき501号(東京 6:16→富山 8:26)
電鉄富山駅から上市駅まで、富山地鉄(電鉄富山 8:49→上市 9:16)
上市駅から馬場島までタクシー、9100円、1時間弱。

【帰り】
新穂高ロープウェイから平湯温泉バスターミナルまでバス。
平湯温泉から松本までバス(コロナ禍の影響で大幅減便中)
松本からあずさで帰京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間51分
休憩
12分
合計
6時間3分
S試練と憧れ碑10:3311:46松尾平13:39早月尾根標高1600m標識13:4515:041920.9m三角点15:1016:36早月小屋
2日目
山行
6時間37分
休憩
1時間41分
合計
8時間18分
早月小屋05:4907:10標高2600m標識07:1108:17標高2800m標識08:2309:02カニのハサミ09:1409:26剱岳09:3509:40カニのハサミ09:4109:47カニの横バイ10:1010:13平蔵の頭10:2510:43前劔の門10:5211:18前剱11:2412:17一服剱12:2512:44剣山荘12:4613:14剱澤小屋13:2113:31剱沢キャンプ場13:3614:07剱沢キャンプ場
3日目
山行
9時間50分
休憩
2時間10分
合計
12時間0分
剱沢キャンプ場03:0405:22真砂岳05:2306:15富士ノ折立06:1606:29大汝休憩所06:32立山06:4106:44大汝休憩所06:4506:51立山07:09雄山07:2208:14一の越山荘09:0809:43浄土山南峰10:52鬼岳東面10:5811:58獅子岳12:3413:55ザラ峠14:0114:46五色ヶ原山荘14:4915:04五色ヶ原キャンプ場
4日目
山行
11時間31分
休憩
1時間13分
合計
12時間44分
五色ヶ原キャンプ場05:3805:53五色ヶ原山荘06:28鳶山08:11越中沢岳10:15スゴ乗越10:1611:03スゴ乗越小屋11:3612:54間山13:0614:55北薬師岳15:1316:16薬師岳16:2516:40薬師岳避難小屋跡17:08薬師岳山荘17:45薬師平18:22薬師峠
5日目
山行
7時間43分
休憩
46分
合計
8時間29分
薬師峠05:3305:58太郎平小屋06:08太郎山07:39神岡新道分岐07:4007:49北ノ俣岳07:5408:28赤木岳09:12中俣乗越09:2911:21黒部五郎の肩11:2211:36黒部五郎岳11:4911:58黒部五郎の肩12:0714:02黒部五郎小舎
6日目
山行
3時間54分
休憩
1時間1分
合計
4時間55分
黒部五郎小舎07:4109:04三俣蓮華岳巻道分岐09:0809:43三俣蓮華岳10:1010:38丸山10:4311:10中道分岐11:51双六岳中道分岐11:55双六岳巻道分岐12:2012:36双六小屋
7日目
山行
4時間53分
休憩
53分
合計
5時間46分
双六小屋06:2306:30双六池06:59くろゆりベンチ07:0007:13花見平07:25弓折乗越07:2707:59鏡平山荘08:2008:21鏡池08:3008:27鏡平山荘08:3508:37鏡池09:08シシウドヶ原09:0909:30イタドリが原09:46チボ岩09:58秩父沢出合09:5910:38小池新道入口10:55わさび平小屋11:0211:16笠新道登山口11:26中崎橋11:39お助け風穴11:53登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)11:5612:01新穂高温泉駅12:06中崎山荘 奥飛騨の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※一部区間のみ記す
【早月尾根】
今年は早月小屋が休業しているが、特に問題なく通行可能。ただし、水はないので、馬場島から持ち上げる必要がある。水は馬場島のキャンプサイトで取れる(飲用不可と張り紙がしてあったが、自分は特に問題なかった)。

【カニのヨコバイ】
最初に右足から置き始めるのがよい、と聞いていたが、まさにその通りでした。

【立山 雄山→一ノ越山荘】
急な斜面の下りで、浮き石が非常に多い。落石や転倒に注意が必要。

【薬師岳→薬師峠】
薬師平の木道を過ぎると、沢の中を歩き始める。大きな石がゴロゴロしているので転倒に注意が必要。
その他周辺情報下山風呂は、中崎山荘 奥飛騨の湯
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ テント テントマット シェラフ ヘルメット 携帯トイレ
備考 水を抜いて、装備はトータル27kg。着替えが多かったか…

写真

1日目、馬場島荘で紙の登山届を提出
2020年09月19日 10:06撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目、馬場島荘で紙の登山届を提出
1
試練と憧れの碑。実物はとても大きかった。
2020年09月19日 10:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試練と憧れの碑。実物はとても大きかった。
いきなりの急登
2020年09月19日 10:51撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急登
展望台に到着。剱岳は見えず。
2020年09月19日 11:21撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に到着。剱岳は見えず。
高度200m間隔であるが、ヤマレコアプリ上の高度とはずれている。
2020年09月19日 11:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度200m間隔であるが、ヤマレコアプリ上の高度とはずれている。
まだまだ続く急登
2020年09月19日 12:11撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続く急登
大きな岩がごろごろ出てくるようになる
2020年09月19日 14:29撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩がごろごろ出てくるようになる
この1kmが長い。
2020年09月19日 15:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この1kmが長い。
鎖場が現れ始める
2020年09月19日 16:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が現れ始める
小さなピークにたどり着くと早月小屋がひょっこり現れる
2020年09月19日 16:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークにたどり着くと早月小屋がひょっこり現れる
早月小屋に到着。今年は営業休止中。
2020年09月19日 16:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋に到着。今年は営業休止中。
1
小屋は営業休止中だが、テントは張ってOK
2020年09月19日 16:52撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は営業休止中だが、テントは張ってOK
1
2日目、テント撤収、出発。
2020年09月20日 05:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、テント撤収、出発。
まだまだ先は長い。
2020年09月20日 05:51撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ先は長い。
ここまで来た。
2020年09月20日 08:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来た。
山頂はすぐそこ。
2020年09月20日 08:17撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はすぐそこ。
1
さすが剱岳。早月尾根のでも鎖場の連続。
2020年09月20日 08:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが剱岳。早月尾根のでも鎖場の連続。
1
これでもか、というくらいの鎖場。
2020年09月20日 08:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでもか、というくらいの鎖場。
1
山頂に到着。連休2日目ということもあり、多くの人で賑わう。
ちょうど娘さん連れで、百名山達成される直前の親御さんがいました。ヤマレコでも話題になっている記録。
2020年09月20日 09:21撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。連休2日目ということもあり、多くの人で賑わう。
ちょうど娘さん連れで、百名山達成される直前の親御さんがいました。ヤマレコでも話題になっている記録。
5
剱岳山頂から。立山方面。
2020年09月20日 09:27撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳山頂から。立山方面。
4
剱岳山頂から。後立山方面。左から五竜、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳。
2020年09月20日 09:27撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳山頂から。後立山方面。左から五竜、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳。
人が多いので要所要所で渋滞。
2020年09月20日 10:04撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が多いので要所要所で渋滞。
1
鎖場が続く。いい加減、疲れてきた。
2020年09月20日 10:20撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が続く。いい加減、疲れてきた。
前剱から望む剱岳
2020年09月20日 11:15撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前剱から望む剱岳
4
剱沢のキャンプ場に到着。連休ということもり、多くのテントで賑わう。
2020年09月20日 14:08撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱沢のキャンプ場に到着。連休ということもり、多くのテントで賑わう。
4
3日目、日の出前に出発したので、出発時の写真はなし。立山への登りの途中で、室堂方面を望む。雷鳥沢はものすごいテントの数。トイレ待ちで長蛇の列ができていたとか。
2020年09月21日 06:22撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目、日の出前に出発したので、出発時の写真はなし。立山への登りの途中で、室堂方面を望む。雷鳥沢はものすごいテントの数。トイレ待ちで長蛇の列ができていたとか。
立山 大汝山に到着。
2020年09月21日 06:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山 大汝山に到着。
1
続いて、立山 雄山に到着。
2020年09月21日 07:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて、立山 雄山に到着。
2
雄山からの下り。浮石多い急坂で、下りにくい。
2020年09月21日 07:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山からの下り。浮石多い急坂で、下りにくい。
一の越山荘に到着。
2020年09月21日 08:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越山荘に到着。
1
五色ヶ原方面を望む。
2020年09月21日 09:47撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ヶ原方面を望む。
ザラ峠への下り。どこまで下るのか不安になってくるほど、長く急な下りだった。
2020年09月21日 13:18撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラ峠への下り。どこまで下るのか不安になってくるほど、長く急な下りだった。
五色ヶ原山荘に到着。営業は前日で終了していたが、テン場は利用可能だった。
2020年09月21日 14:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ヶ原山荘に到着。営業は前日で終了していたが、テン場は利用可能だった。
五色ヶ原のテン場に到着。3日前に大雨が降ったおかげで、水場の水は出ていた。
2020年09月21日 15:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ヶ原のテン場に到着。3日前に大雨が降ったおかげで、水場の水は出ていた。
1
4日目、五色ヶ原を出発。
2020年09月22日 05:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目、五色ヶ原を出発。
薬師岳方面を望む。ちょっと遠い。
2020年09月22日 06:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳方面を望む。ちょっと遠い。
1
越中沢岳から、スゴ乗越小屋が見えた。近くて遠い。アップダウンの多さや歩きにくい道が続くことで、ここから3時間かかる。
2020年09月22日 08:20撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越中沢岳から、スゴ乗越小屋が見えた。近くて遠い。アップダウンの多さや歩きにくい道が続くことで、ここから3時間かかる。
1
あれやこれやでようやくスゴ乗越小屋に到着。薬師岳の山越えに備えてエネルギー補給。
2020年09月22日 11:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれやこれやでようやくスゴ乗越小屋に到着。薬師岳の山越えに備えてエネルギー補給。
薬師岳への登り。歩きにくさはなく、登りがだらだらと続いていく。
2020年09月22日 12:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳への登り。歩きにくさはなく、登りがだらだらと続いていく。
山頂が見えてきた。
2020年09月22日 14:02撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきた。
山頂手前。大きな岩がごろごろ。
2020年09月22日 14:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前。大きな岩がごろごろ。
北薬師岳山頂に到着。
2020年09月22日 14:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北薬師岳山頂に到着。
1
北薬師岳の山頂から、圏谷越しに薬師岳の山頂を望む。あそこまで1時間ちょっと。
2020年09月22日 15:20撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北薬師岳の山頂から、圏谷越しに薬師岳の山頂を望む。あそこまで1時間ちょっと。
薬師岳山頂に到着。
2020年09月22日 16:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂に到着。
2
薬師岳山頂の祠。
2020年09月22日 16:18撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂の祠。
2
薬師岳からの下り。快適。
2020年09月22日 16:46撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳からの下り。快適。
薬師峠のキャンプ場手前で日没を迎えてしまった。この後、暗くなり写真はなし。
2020年09月22日 17:52撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師峠のキャンプ場手前で日没を迎えてしまった。この後、暗くなり写真はなし。
5日目、薬師峠のキャンプ場を出発。
2020年09月23日 05:36撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5日目、薬師峠のキャンプ場を出発。
太郎平を超えて、快適な道。
2020年09月23日 06:11撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平を超えて、快適な道。
どこまでも快適な道が続く。
2020年09月23日 08:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも快適な道が続く。
黒部五郎岳への登り。
2020年09月23日 10:26撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳への登り。
1
黒部五郎の肩に到着。ザックをここにデポ。
2020年09月23日 11:20撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎の肩に到着。ザックをここにデポ。
黒部五郎岳に到着。計画上、残るは槍ヶ岳と穂高岳だが、すでに登頂済みということと、膝の痛みがいよいよひどくなってきたので、新穂高温泉にゆるゆると下山することを決める。
2020年09月23日 11:31撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳に到着。計画上、残るは槍ヶ岳と穂高岳だが、すでに登頂済みということと、膝の痛みがいよいよひどくなってきたので、新穂高温泉にゆるゆると下山することを決める。
1
黒部五郎のカールを下っていく。
2020年09月23日 12:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎のカールを下っていく。
黒部五郎のカールから山頂を見上げる。
2020年09月23日 12:41撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎のカールから山頂を見上げる。
1
カールを過ぎて樹林帯に入るが、岩がごろごろしていて歩きにくい。
2020年09月23日 13:20撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールを過ぎて樹林帯に入るが、岩がごろごろしていて歩きにくい。
黒部五郎小舎がまもなく。
2020年09月23日 14:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎がまもなく。
2
黒部五郎小舎に到着。
2020年09月24日 07:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎に到着。
1
6日目、黒部五郎小舎を出発して、三俣蓮華岳へ向かう。
2020年09月24日 08:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6日目、黒部五郎小舎を出発して、三俣蓮華岳へ向かう。
三俣蓮華岳への登りの途中から、黒部五郎岳を望む。
2020年09月24日 09:10撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳への登りの途中から、黒部五郎岳を望む。
三俣蓮華岳に到着。これで3方向すべてから登頂。
2020年09月24日 09:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳に到着。これで3方向すべてから登頂。
双六小屋への中道の途中にて、オコジョさんに遭遇。
2020年09月24日 11:19撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋への中道の途中にて、オコジョさんに遭遇。
1
双六小屋が見えてきた。
2020年09月24日 12:25撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋が見えてきた。
双六小屋に到着。
2020年09月24日 12:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋に到着。
恒例のケーキセット。実は今年3回目。
2020年09月24日 15:05撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例のケーキセット。実は今年3回目。
1
いちごのケーキにしました。
2020年09月24日 15:00撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちごのケーキにしました。
1
7日目、双六小屋のテン場を出発。
2020年09月25日 06:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7日目、双六小屋のテン場を出発。
雷鳥さん。人馴れしているのか、結構近かった。
2020年09月25日 07:06撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥さん。人馴れしているのか、結構近かった。
2
鏡平が見えてきた。
2020年09月25日 07:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平が見えてきた。
シシウドヶ原。1ヶ月前は暑い、暑いと登ってきた多くの人が休息していたが、今日は雨。
2020年09月25日 09:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシウドヶ原。1ヶ月前は暑い、暑いと登ってきた多くの人が休息していたが、今日は雨。
下山完了。下山風呂の中崎山荘 奥飛騨の湯に到着。
2020年09月25日 12:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山完了。下山風呂の中崎山荘 奥飛騨の湯に到着。
2

感想/記録

登山復帰、第4戦。1週間にわたるロング・トレイルに挑戦。しかも、北アルプス3大急登の早月尾根から。馬場島から上がってきたと話すと、聞いた人はすごい、と皆返してきたが、実際のところは初日ということもあり、そんなにつらくは感じなかった。たしかに水は重かったけど…

今回の行程で一番つらかったのは、距離と歩きにくさ、アップダウンの多さで五色ヶ原山荘からスゴ乗越小屋までの区間だと個人的には感じた。小屋が見えたのに、CT3時間とか。しかも越中沢岳の道標に、近くて遠いスゴの小屋、とか書いてあると心理的にも負担。

なお、膝の痛みが悪化して、予定していた後半の槍ヶ岳、穂高岳はキャンセルした。下山した翌日に整形外科に行ってみたら、膝の外側の靱帯を痛めているとうことで、しばらく山歩きは禁止とのお達しが出てしまいました。

今回も実際に計画そして実行してみて難しく感じたのは、登山計画時にヤマレコのらくルートで時間設定するか、山と高原地図のヤマプラで時間設定するか。前者はユーザー実測の値を元にしているそうだが、らくルートで設定した時間よりも多くの時間がかかってしまう傾向がある。膝が痛いせいかもしれないので、治ったら改めて比較してみたいと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:228人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ