また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1928797 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳・奥穂高岳【大キレット縦走】新穂高温泉から上高地へ

日程 2019年07月12日(金) 〜 2019年07月15日(月)
メンバー
 sanon(記録)
 mochibun(CL)
, その他メンバー1人
天候くもり時々霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉口 無料駐車場
鷲羽岳グループと共に入山しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間43分
休憩
27分
合計
5時間10分
S新穂高温泉バス停08:3008:30新穂高登山指導センター09:56穂高平小屋10:40白出沢出合10:4712:25滝谷避難小屋12:4513:40槍平小屋
2日目
山行
6時間36分
休憩
1時間35分
合計
8時間11分
槍平小屋06:1408:13飛騨沢千丈乗越分岐08:1609:46飛騨乗越09:57槍ヶ岳山荘10:1010:26槍ヶ岳10:4511:00槍ヶ岳山荘11:4311:49飛騨乗越11:5212:12大喰岳12:1512:56中岳13:0413:56天狗原分岐14:13南岳14:1614:25南岳小屋
3日目
山行
7時間18分
休憩
1時間23分
合計
8時間41分
南岳小屋05:3407:34A沢のコル07:3709:00北穂高小屋09:00北穂高岳(北峰)09:2311:30涸沢岳11:4012:06穂高岳山荘12:4813:30穂高岳13:3514:15穂高岳山荘
4日目
山行
6時間42分
休憩
11分
合計
6時間53分
穂高岳山荘05:2706:17ザイテングラート06:41パノラマ分岐06:4207:05涸沢小屋08:25本谷橋08:59横尾岩小屋跡09:17横尾 (横尾山荘)09:2410:10新村橋(パノラマ分岐)10:1110:32徳澤園11:14徳本口(徳本峠分岐)11:1511:25明神館11:2612:09河童橋12:20上高地バスターミナル12:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
北アルプス3000m級の山々
コース状況/
危険箇所等
■指導センターの登山ポストを利用
■白出沢出合・穂高岳山荘間は、歩けませんでした。

写真

指導センター前、私たちのほかに誰もいませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指導センター前、私たちのほかに誰もいませんでした。
指導センターから約100分で穂高平到着。
2019年07月12日 09:40撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指導センターから約100分で穂高平到着。
穂高平から1時間で白出沢出合
2019年07月12日 10:41撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平から1時間で白出沢出合
目が良くなる果実「ブルーベリー?」
2019年07月12日 10:43撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目が良くなる果実「ブルーベリー?」
1
出発から2時間半。登山道らしくなってきました。
2019年07月12日 11:00撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から2時間半。登山道らしくなってきました。
出発から3時間20分。チビ谷まで来ました。
2019年07月12日 11:53撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から3時間20分。チビ谷まで来ました。
滝谷にかかる平均台。「おっとっと・・・」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷にかかる平均台。「おっとっと・・・」
2
出発から4時間、滝谷の終わりで昼食タイム。
2019年07月12日 12:38撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から4時間、滝谷の終わりで昼食タイム。
1
藤木レリーフ見っけたぞ!
2019年07月12日 12:48撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤木レリーフ見っけたぞ!
ここまで来ると、槍平小屋は、すぐそこです。
2019年07月12日 13:36撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると、槍平小屋は、すぐそこです。
13:40
新穂高登山口から5時間で、今夜の宿「槍平小屋」到着(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:40
新穂高登山口から5時間で、今夜の宿「槍平小屋」到着(^^♪
6時15分。槍ヶ岳に向け出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時15分。槍ヶ岳に向け出発です。
1
キヌガサソウ
2019年07月13日 06:30撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
2
イチリンソウ
2019年07月13日 06:34撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチリンソウ
1
キンポウゲ
2019年07月13日 06:53撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンポウゲ
1
コバイケイソウ
2019年07月13日 07:59撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ
1
キスミレ
2019年07月13日 08:01撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスミレ
1
クロユリ[2,3日で開花しそうですね。]
2019年07月13日 08:04撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロユリ[2,3日で開花しそうですね。]
1
コイワカガミ
2019年07月13日 08:06撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
2
野花を楽しみながら登ってきたら、2時間で千丈乗越・飛騨乗越の分岐まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野花を楽しみながら登ってきたら、2時間で千丈乗越・飛騨乗越の分岐まで来ました。
ハイマツのように背の低いキバナシャクナゲ
2019年07月13日 08:30撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツのように背の低いキバナシャクナゲ
4
まだまだ、がんばって登らねば・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ、がんばって登らねば・・・
9:16
西鎌尾根の先に「鷲羽岳・水晶岳」が見えてきました。
2019年07月13日 09:16撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:16
西鎌尾根の先に「鷲羽岳・水晶岳」が見えてきました。
1
出発から3時間半、飛騨乗越です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から3時間半、飛騨乗越です。
「槍平小屋」から4時間弱で「槍ヶ岳山荘」到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「槍平小屋」から4時間弱で「槍ヶ岳山荘」到着。
2
かの有名な槍ヶ岳山荘に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かの有名な槍ヶ岳山荘に到着
槍ヶ岳頂上直下の鉄梯子です。ここで、凍りつく方がおられるようです。頑張ってね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳頂上直下の鉄梯子です。ここで、凍りつく方がおられるようです。頑張ってね!
3
六畳ほどしかないと言われている山頂風景です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六畳ほどしかないと言われている山頂風景です。
4
山頂から南方向を眺めると・・・
明日歩く、大キレットが雲に隠れていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南方向を眺めると・・・
明日歩く、大キレットが雲に隠れていました。
3
標高3000m、雪がたっぷり残ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高3000m、雪がたっぷり残ってました。
1
14:25 計画どおり、南岳小屋に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:25 計画どおり、南岳小屋に到着しました。
3日目 6:08
いよいよ、大キレットのはじまりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目 6:08
いよいよ、大キレットのはじまりです。
1
大キレットの核心部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレットの核心部
4
気の許せる平地は、ここだけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気の許せる平地は、ここだけです。
1
A沢のコルを越え、北穂高岳を目指します。
(-_-;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A沢のコルを越え、北穂高岳を目指します。
(-_-;)
「北ホ」と書かれているのですが、良くわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「北ホ」と書かれているのですが、良くわかりません。
北穂高(北峰)手前で槍ヶ岳を振り返ってみました。
よく歩いてきたものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高(北峰)手前で槍ヶ岳を振り返ってみました。
よく歩いてきたものです。
6
北穂高小屋の建つ、北穂高岳山頂部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高小屋の建つ、北穂高岳山頂部
北穂分岐点までもう少しですが・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂分岐点までもう少しですが・・・・
2
ここからが、さらに大変な岩場が続きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが、さらに大変な岩場が続きました。
涸沢岳手前で、大きなイワベンケイに会うことができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳手前で、大きなイワベンケイに会うことができました。
4
涸沢岳最高地点で記念写真です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳最高地点で記念写真です。
3
12:06 穂高岳山荘に無事到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:06 穂高岳山荘に無事到着。
4日目 4:49 ガスがなければ、日の出が見れたのですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目 4:49 ガスがなければ、日の出が見れたのですが・・・
5:37
ザイテングラートを下りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:37
ザイテングラートを下りました。
1
足元が気になり、花を楽しんでいる余裕がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元が気になり、花を楽しんでいる余裕がありません。
7:03 涸沢小屋まで下ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:03 涸沢小屋まで下ってきました。
最終日、涸沢カールでテント発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日、涸沢カールでテント発見
1
岩の上でテント泊とは・・・
背中が痛くて、よく眠れたのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上でテント泊とは・・・
背中が痛くて、よく眠れたのでしょうか?
8:19 有名な「本谷橋」を渡りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:19 有名な「本谷橋」を渡りました。
1
9:15 梓川に架かる横尾橋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:15 梓川に架かる横尾橋です。
橋の脇には、横尾山荘があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の脇には、横尾山荘があります。
10:24 徳澤園まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:24 徳澤園まで来ました。
11:19 明神館で一休み。ハイカーが増えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:19 明神館で一休み。ハイカーが増えてきました。
河童橋には、ハイカーが多くおられました。
マスキングせずに「ごめんなさい。」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋には、ハイカーが多くおられました。
マスキングせずに「ごめんなさい。」
1
撮影機材:

感想/記録

槍ヶ岳から奥穂岳にかけての縦走は、大キレット・涸沢キレットという狭隘な岩場歩きがあるだけでなく、日本で標高の高い山ベスト10の内、5座のピーク点に立つことができるエキスパート向けルートです。
一座目の槍ヶ岳ですが、槍沢とよく似た名前の槍平から飛騨沢を登りました。3時間30分で飛騨乗越に立ち、槍ヶ岳山荘にザックを預け、10時10分「槍山頂」に向かいました。最悪3時間を要するのではと心配していましたが、朝から登られた方も下り終えていたこともあり、往復50分ほどで山頂を楽しむことができました。槍ヶ岳山荘で昼食休憩をとり、二日目の山小屋、南岳小屋を目指しました。小屋までの間には、大喰岳(オオバミダケ)・中岳・南岳という3000m超えの山をつなぐ稜線を2時間40分ほど掛け歩き、14時25分に南岳小屋に到着しました。3日目は、高所恐怖症や初心者御免のキレット歩きです。高所をあまり感じさせない、雨混じりの濃霧の中を歩くことになりました。延々と続く、北穂高岳の壁のような岩登りも、遠くが見ずらいことで、いつの間にか、登りきることができました。大キレット以上に険しいという涸沢岳へ向けてのキレットは、評判通りのものでした。涸沢岳を下りきると穂高岳山荘でした。山頂で、昼食休憩後、今回、山行の最後を飾る、7座目となる標高3190m奥穂高岳に登りました。4日目は、白出沢の雪が深すぎるのか、新穂高温泉に下ることができなくなり、雲ノ平チームと合流するために、ザイテングラート・涸沢小屋を下り、横尾・徳澤・明神・河童橋・上高地バスセンターと17kmを歩き、「さわんど温泉公園」までバスを利用し、鷲羽岳山行グループと合流しました。
【取材作成】
訪問者数:528人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/21
投稿数: 42
2019/7/20 10:44
 syowa08さん初めまして
3泊4日の縦走お疲れ様でした。横尾山荘の休憩写真に自分と同行者が写っておりましたので、思わずメッセージさせていただいております。
自分達は1泊2日で槍ヶ岳に登る序盤に横尾山荘の所で休憩を取っておりました。たまたまレコを見ていたら派手なピンクのシャツを着たのが写ってたのでよく見たら自分でした(笑)
来年辺りに大キレットや北―奥間を歩いてみたいと思っておりましたのでとても参考になりました。
これからもお互いに無事で怪我無く(自分は今回下山開始時にプチぎっくり腰を発症してしまいましたが・・・)登山ができるといいですね。
登録日: 2016/1/10
投稿数: 75
2019/7/20 12:24
 Re: syowa08さん初めまして
kinchan3776さん、槍ヶ岳お疲れさまでした。モデルになっていただき有難うございます。この時、昭和ハイキングクラブでは、2チームに分かれて北アルプスを楽しんでいました。レポは、写真をアップする都合から私が参加者の皆さんからの話しをまとめて作成しました。という僕も鷲羽岳に登っていましたが・・・
なので、直接お会い出来ませんでしたが歩かれたメンバーへは、伝えさせていただきたいと思います。プチぎっくり腰ですか?早く治して、夏山を楽しみましょう。昭和ハイキングクラブでは、毎週、どこかの山域に出没していますので、これからも宜しくお願いします。お大事に。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ