ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945206 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

大キレット 奥穂〜北穂〜槍ヶ岳

日程 2016年08月18日(木) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー nyajila
天候大雨・曇・快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡バスターミナル駐車場へ駐車。始発のシャトルバス(4:40)で上高地へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間42分
休憩
1時間5分
合計
8時間47分
S上高地バスターミナル05:1705:22無料トイレ05:27日本山岳会上高地山岳研究所05:36岳沢湿原・岳沢登山口06:037番標識06:0507:35岳沢小屋08:1411:20紀美子平11:3413:19南稜の頭13:2513:30穂高岳13:3414:04穂高岳山荘
2日目
山行
9時間12分
休憩
1時間28分
合計
10時間40分
穂高岳山荘04:5605:16涸沢岳05:4107:38北穂高岳(北峰)08:0108:03北穂高小屋08:0709:27長谷川ピーク09:3811:15南岳小屋11:4015:36宿泊地
3日目
山行
8時間30分
休憩
8分
合計
8時間38分
宿泊地03:5312:13小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)12:19河童橋12:2712:28無料トイレ12:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
涸沢岳〜北穂高岳へ至る道はクサリを使った懸垂下降があり、慣れてないと危険です。また、朝露で岩が濡れていて滑りやすく、緊張してゆっくり通過しました。北穂高岳山荘〜大キレットまでも同様です。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ ヘルメット
備考 食料が少し足りず、山小屋を頼ることになりました。もう少し持っていけばよかったです。

写真

いざ、でっぱつ!!
2016年08月18日 05:22撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、でっぱつ!!
1
朝もやで雰囲気はいいんですが…ガスガスな予感
2016年08月18日 05:38撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝もやで雰囲気はいいんですが…ガスガスな予感
1
岳沢へGo!!
2016年08月18日 05:40撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢へGo!!
1
岳沢小屋。綺麗で気持ちのいい小屋です。ここに来ると何故か眠くなる(笑)
2016年08月18日 08:01撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋。綺麗で気持ちのいい小屋です。ここに来ると何故か眠くなる(笑)
1
ガスガスで時折小雨がパラつく天気、途中ですれ違った人も、ジャンダルムをやめて重太郎新道にしたとのこと。
2016年08月18日 09:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスで時折小雨がパラつく天気、途中ですれ違った人も、ジャンダルムをやめて重太郎新道にしたとのこと。
1
なんでも前日大雨だったとか。やっぱり吊り尾根経由で正解!?
2016年08月18日 10:59撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんでも前日大雨だったとか。やっぱり吊り尾根経由で正解!?
1
紀美子平。すでにバテバテです。
2016年08月18日 11:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平。すでにバテバテです。
1
雷鳥さん、しかも子連れ。夢中になって写真&動画を撮りまくり。
2016年08月18日 11:59撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥さん、しかも子連れ。夢中になって写真&動画を撮りまくり。
2
いきなり奥穂山頂ですが、大雨なので記念写真を撮る余裕なし(笑) すごい雨でした…。
2016年08月18日 13:41撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり奥穂山頂ですが、大雨なので記念写真を撮る余裕なし(笑) すごい雨でした…。
3
1年ぶり。毎年来ている気が(笑)
2016年08月19日 05:00撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年ぶり。毎年来ている気が(笑)
1
涸沢岳へ。
2016年08月19日 05:01撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳へ。
1
槍ヶ岳が小さい。本当にあそこまで行けるのか??と自問自答。
2016年08月19日 05:20撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が小さい。本当にあそこまで行けるのか??と自問自答。
1
撮っていただきました。なんでも4年前、娘さんと登った場所だとか。自分もそうなる日が来るのかなぁ。
2016年08月19日 05:22撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮っていただきました。なんでも4年前、娘さんと登った場所だとか。自分もそうなる日が来るのかなぁ。
1
奥穂〜ジャンダルム。たぶん他の登山者同様、僕も好きな景色の一つです。
2016年08月19日 05:25撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂〜ジャンダルム。たぶん他の登山者同様、僕も好きな景色の一つです。
3
でも足元はこんな崖。
2016年08月19日 05:30撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも足元はこんな崖。
1
ここを降りろってか??
2016年08月19日 05:32撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを降りろってか??
2
降りきったところ。心拍数が急上昇、ダメージが大きいです。
2016年08月19日 05:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りきったところ。心拍数が急上昇、ダメージが大きいです。
2
涸沢の裏側はこうなっていたんだ…。
2016年08月19日 05:40撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢の裏側はこうなっていたんだ…。
1
気持ちよさそうが半分、怖そうが半分。北穂まで遠い。
2016年08月19日 05:41撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちよさそうが半分、怖そうが半分。北穂まで遠い。
2
よーく見ると〇×マークがついていますが、こんなところが一般登山道だなんて。
2016年08月19日 05:55撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よーく見ると〇×マークがついていますが、こんなところが一般登山道だなんて。
2
逆説的ですが、こういう危険な場所に行くと、生きている実感とありがたさが分かる気がします。
2016年08月19日 06:08撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆説的ですが、こういう危険な場所に行くと、生きている実感とありがたさが分かる気がします。
2
こんなところによく道をつくったもんです。
2016年08月19日 06:41撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところによく道をつくったもんです。
1
ガスらないでほしい…。
2016年08月19日 07:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスらないでほしい…。
1
この写真に写っているお兄さんの足が早いこと。あっという間に追いつかれて、追い抜かれました。足の長さも違ったような。
2016年08月19日 07:24撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真に写っているお兄さんの足が早いこと。あっという間に追いつかれて、追い抜かれました。足の長さも違ったような。
1
ここまでくれば一般登山道…北穂まで限定。
2016年08月19日 07:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでくれば一般登山道…北穂まで限定。
1
撮っていただきました。多謝。
2016年08月19日 07:44撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮っていただきました。多謝。
1
北穂高小屋もきれいで気持ちよさそう。
2016年08月19日 08:00撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高小屋もきれいで気持ちよさそう。
1
北穂高小屋裏に雷鳥さんが!
2016年08月19日 08:07撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高小屋裏に雷鳥さんが!
1
ここからガスガス。北穂高小屋の裏手はいきなりこんな急斜面。
2016年08月19日 08:07撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからガスガス。北穂高小屋の裏手はいきなりこんな急斜面。
2
この高度感。怖すぎ。
2016年08月19日 08:31撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この高度感。怖すぎ。
1
これは!? 何度も夢に出てきた長谷川ピークでは!!
2016年08月19日 08:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは!? 何度も夢に出てきた長谷川ピークでは!!
1
なんとか難所を切り抜けてA沢のコル。一休みポイント。
2016年08月19日 09:12撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか難所を切り抜けてA沢のコル。一休みポイント。
1
こんなところばっかりです。
2016年08月19日 09:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところばっかりです。
1
南岳小屋前のクサリと梯子。体力が吸われます。
2016年08月19日 10:31撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋前のクサリと梯子。体力が吸われます。
1
南岳小屋へ到着。
2016年08月19日 11:19撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋へ到着。
1
南岳小屋へ到着。
2016年08月19日 11:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋へ到着。
1
ここ、大喰岳の2つ手前だったかな。ここでガスがきれて景色が広がりました。
2016年08月19日 13:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、大喰岳の2つ手前だったかな。ここでガスがきれて景色が広がりました。
1
最終日に行く東鎌尾根。気持ちよさそう。
2016年08月19日 13:25撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終日に行く東鎌尾根。気持ちよさそう。
1
槍が近くなってきた。あと少し。
2016年08月19日 13:28撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が近くなってきた。あと少し。
1
最初は、なんだコレ?思いました。
2016年08月19日 13:40撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は、なんだコレ?思いました。
1
他のかたのヤマレコでよく見かける場所。初めて来て感動。
2016年08月19日 14:16撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他のかたのヤマレコでよく見かける場所。初めて来て感動。
1
2年前来た時と変わらず。小屋の親父さんも元気でした。
2016年08月19日 16:49撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年前来た時と変わらず。小屋の親父さんも元気でした。
1
登山者のヘッドランプも絵になりますね。
2016年08月20日 04:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者のヘッドランプも絵になりますね。
1
夜が明けてきました。
2016年08月20日 04:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が明けてきました。
1
槍ヶ岳頂上からの日の出。ほんとうにきれい。
2016年08月20日 05:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳頂上からの日の出。ほんとうにきれい。
1
昨日、あんな遠くから歩いてきたなんて、今でも信じられない気分。
2016年08月20日 05:33撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日、あんな遠くから歩いてきたなんて、今でも信じられない気分。
1
撮っていただきました。
2016年08月20日 05:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮っていただきました。
1
下山開始!!
2016年08月20日 06:10撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始!!
1
いざ、東鎌尾根へ。
2016年08月20日 06:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、東鎌尾根へ。
1
あんなに大きかった槍もだんだん小さく。なんか物寂しい気分。
2016年08月20日 06:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんなに大きかった槍もだんだん小さく。なんか物寂しい気分。
3
北鎌尾根と槍。絵になりますねぇ。
2016年08月20日 07:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌尾根と槍。絵になりますねぇ。
4
東鎌尾根、気持ちのいい尾根歩きができて大満足です。
2016年08月20日 07:23撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東鎌尾根、気持ちのいい尾根歩きができて大満足です。
2
最後の梯子。
2016年08月20日 07:40撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の梯子。
2
やっと分岐へ。槍の肩からここまで2時間。
2016年08月20日 08:06撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと分岐へ。槍の肩からここまで2時間。
1
ここに降りてくるのか…。
2016年08月20日 08:38撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに降りてくるのか…。
1
ババ平。2年前は簡易トイレのみだったのに、すごくきれいになっていました。
2016年08月20日 09:01撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ババ平。2年前は簡易トイレのみだったのに、すごくきれいになっていました。
1
ここで一休み。残り少ない食料を食べてパワーアップ。
2016年08月20日 09:30撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで一休み。残り少ない食料を食べてパワーアップ。
1
気のせいか、水量が少ないような。
2016年08月20日 09:40撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気のせいか、水量が少ないような。
1
横尾に到着。ここから先も長いんですよね。トロリーバスとか、運行してくれないかなぁ。
2016年08月20日 10:25撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾に到着。ここから先も長いんですよね。トロリーバスとか、運行してくれないかなぁ。
3
撮影機材:

感想/記録

奥穂〜槍ヶ岳の間をなんとか繋げたいと、ずっと思っていました。大キレットへ行くとなると、どうやっても2泊3日必要です。社会人にとって2泊3日を取得するハードルは高い(笑) どうしたものかと思案していましたが、18日・19日と山に行っていいというヨメ様の許可が下りました。急きょ会社に無理くりお願いして20日の休みを取得、バタバタとあわただしく出発しました。

【1日目】
前日は夜勤明け、しかも22時に起床して上高地へ。なんとか始発のシャトルバスに乗りましたが、すでにバテバテ。猛烈に眠いし脚は上がらないしで、岳沢小屋のベンチで30分くらい仮眠しました。重太郎新道だとなぜか岳沢で眠くなる癖がついているみたいです(笑)
実は天気が良ければジャンダルム経由で奥穂入りしてやろう!と企んでいましたが、体調とガスガスな天気をみて吊り尾根経由に変更。これが吉と出ました。ジャンダルム行っていたら大変な目にあっていたかもしれません。
紀美子平までやってきたのですが、一度登っている前穂はパスしました。というより登る気力が無かったのが正直なところです。吊り尾根を渡っていると、なんと目の前に雷鳥さんが!! 雷鳥生息地には結構通っているはずなのに、出会ったのは初めて。写真撮りまくり、動画も撮りまくり、テンション上がりました。ガスガスで嫌だなと思っていた天気も、雷鳥が出てきてくれたのでガスもありでしょ!と。現金なものです。吊り尾根の3分の2ほど行ったところで、大雨になりました。夏のこの時期、北アルプスだと、やっぱり大雨に遭遇してしまいますね。こんなこともあろうかと、GORE-TEX PRO 3Lのハードシェル、手袋はテムレス、足元もゲイターを装備で乗り切りました。2年前、槍ヶ岳行きで叩きつけるような大雨で遭難しかけた反省から、対策はばっちりでした。ところで、レインウェアを着ない人もいたりするんですが、大丈夫なんでしょうか。山小屋の乾燥室って、あまり乾かない気がします。とりあえず、急いで穂高岳山荘へ。14時半ぎりぎりでラーメンを注文し、体を温めて、テントを張って寝ました。いつもは寝付けないのに、なぜか熟睡。シュラフは、モンベルの#3にインナーとシュラフカバーで寒くもなく暑くもなく、でした。

【2日目】
3時半に起床。5時に出発です。ガスっていたり天気が悪かったら涸沢から上高地へ降りようと思っていましたが、幸い?いい天気。涸沢岳から先は未知の世界。いきなりクサリ場+懸垂下降でダメージをくらいました。なんとか降りても、こんな場所ばっかりです。飛騨側の岩場は日が当たらないので濡れていて滑りやすく、非常に怖い思いをしました。正直なところ、ジャンダルムと同じくらい怖いところだと思います。
なんとか乗り切って、北穂分岐へ来たときは、正直ホッとしました。北穂高岳山頂へ上り、ようやく穂高岳を制覇です(前・西・奥・北)。この勢いで大キレットも行っちゃいましたが、1日で奥穂〜槍ヶ岳は厳しいというか辛かったです。緊張する岩場の連続と、何度も現れる偽ピークで精神的ダメージが大きいこと、ピークからピークのアップダウンと長距離歩行による体力的ダメージが大きいことから、南岳で一泊か、北穂高山荘で一泊がベストな気がしました。でも日程がタイトなので強引に行きましたが、こういうのが遭難するパターンなんですよね。もう少し余裕がある山旅がしたいです。槍ヶ岳山荘についたのが14:40くらい。すでにテン場はいっぱい。しかたなく殺生ヒュッテへいってテントを張って寝ました。ここでも気持ちいいくらい良く眠れました。

【3日目】
2:30起床。すぐに荷物をまとめて槍ヶ岳山荘へ。すでに槍ヶ岳を上る人たちのヘッドランプが多数見えます。果たして間に合うか、渋滞しないか、心配でしたが、まだ日の出までには相当時間があります。しばらく山荘で待っていました。日の出があったちょうどか、しばらくして頂上に立てればいいなと思っていましたが、期せずしてジャストタイミングで頂上に。2年前、当時小3の娘と来ていますが、何度見ても素晴らしい景色。ていうか、小3にもかかわらず、このクサリ場・梯子をよく登ったと思い出していました。小3で槍とか、狂っているとしか思えない(笑) と同時に自分自身反省。
帰りは、東鎌尾根から下山です。2年前は槍平から下山しているので、ほかのルートに行ってみたいと思っていました。行ってみて思いましたが、東鎌尾根、最高です。天気が良いなら東鎌尾根経由がおススメ。眺めもいいし、振り返れば槍ヶ岳がよく見えるし、最高です。この気持ちのいい尾根歩きをしないなんて、2年前損した気分になりました。
時間がないので、大急ぎで歩きました。槍ヶ岳の肩から上高地まで6時間半。やればできるもんです。いまこうして自宅でヤマレコを書いていますが、朝は槍ヶ岳のピークにいたなんで信じられない気分。初日は雨に泣かされましたが、最後は本当にいい天気で眺めもいいし、雷鳥さんにも会えたし、結果的に大満足な山旅でした。

これでようやく、槍ヶ岳〜北穂高岳〜奥穂高岳〜ジャンダルム〜西穂高岳と繋げることができました。血中岩々濃度も上昇したし、しばらくは落ち着いていられそうです。しかし、こういうハードな岩場行くと、いつも「もう二度と来ない!」「こんなん登山じゃない」と思うんですが、しばらくすると行きたくなるのは何故でしょうね(笑)
訪問者数:571人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

遭難 ガスガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ