また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > wakaさんのHP > 日記
2020年05月02日 14:22登山全体に公開

大石英司さんの意見引用

登山自粛に関して色々意見が出てますが、作家の大石英司さん意見を以下に紹介します。私はこの意見に全面的に賛成です。

以下引用;
皆さん、山登るな! と主張してらっしゃるんだけど、私は反対です。断固反対!
 道路を歩いていても交通事故に遭う危険はある。家の中でも、どんなに気をつけて暮らしていても救急車を呼ぶ可能性は常にある。こういうことを言い出したらきりが無いでしょう。
 個人の戒めとして、こういうご時世だから、何があるかしれんからハイキングは止めとこう、というのは個人の自由。しかしそれを社会圧にすべきじゃない。それはある種のファシズムであり、ムラ社会のたちの悪い同調化圧力。
 ハイカーの99.99%は、誰に迷惑を掛けることなく無事に山を降りてくる。せっかくの休みだからハイキングでもしよう、という人々を止めるべきではない。せっかくの休みを大いに利用して、自然を満喫して下さい!
引用終わり
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:427人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2013/7/20
投稿数: 459
2020/5/2 15:41
 RE: 大石英司さんの意見引用
wakaさん、私は半分賛成です。今回のウイルスは飲み会など短距離での会話やジムなどでの接触感染が発生しており3密については1密でも危険だと思います。しかし地元の山に車で行くのは1密にもなりません。ただ、山小屋やシャトルバスのような所は密になるので自粛すべきと考えます。一般にはその区分けができないのでサーフィン含めて何でもかんでも外出禁止の社会圧にしてしまったと思われます。遭難すると医療が・・・という意見もありますが、運動しなくて生活習慣病が悪化する人数とも比較しないといけないと思います。いずれにしても一度、社会圧になってしまったので自粛解除するのは大変です。公園の駐車場を開けただけで近隣から苦情が来ますから。また、山岳会はチ−ム登山を基本としているので、自粛解除は相当先になるでしょう。「新しい生活様式」には山小屋やシャトルバスは存在しないかもしれません。
登録日: 2007/9/27
投稿数: 1988
2020/5/2 16:56
 RE: 大石英司さんの意見引用
zuppy1519さん、こんばんは。コロナ禍がこの夏で収束するようなことがなければ、山小屋は殆ど廃業となり、何年か後にコロナ禍が収まったとしても山登りのスタイルは大きく変わってしまうでしょう。


ページの先頭へ