また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507313 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

前穂高ー奥穂高ー北穂高ー大キレットー槍ヶ岳

日程 2014年09月07日(日) 〜 2014年09月10日(水)
メンバー
天候9/7 晴れ
9/8 朝晴れ 正午曇り 夕方晴れ
9/9 朝晴れ 正午曇り 夕方晴れ
9/10 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
JR篠ノ井線 松本駅
松本電鉄上高地線 松本 - 新島々
アルピコ交通 新島々ー上高地
帰り
アルピコ交通 上高地ー新島々
松本電鉄上高地線 新島々ー松本
京王ハイウェイバス 松本ー新宿
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間44分
休憩
1時間50分
合計
8時間34分
Sスタート地点05:0705:17河童橋05:1807:24岳沢小屋07:4009:48紀美子平10:1710:30前穂高岳10:5711:12紀美子平11:2812:55穂高岳13:1613:41穂高岳山荘
2日目
山行
7時間19分
休憩
1時間48分
合計
9時間7分
穂高岳山荘05:5906:10涸沢岳06:3107:53北穂高岳07:5607:59北穂高小屋08:0010:07長谷川ピーク10:3412:00南岳小屋12:4412:53南岳13:57中岳14:0914:40大喰岳14:54飛騨乗越15:06槍ヶ岳山荘
3日目
山行
6時間27分
休憩
3時間44分
合計
10時間11分
槍ヶ岳山荘05:0905:19槍ヶ岳06:0606:11槍ヶ岳山荘07:4309:00槍沢・天狗原分岐09:1209:43槍沢大曲り09:4410:18赤沢岩小屋(ババ平)10:2010:37槍沢ロッヂ10:5711:21二ノ俣11:29一ノ俣11:3011:38槍見河原11:3912:15横尾 (横尾山荘)12:5413:32新村橋(パノラマ分岐)13:3313:44徳澤園13:4514:27徳本口(徳本峠分岐)14:32明神 (明神館)15:05小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)15:12河童橋15:1915:20ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大キレット:北穂高小屋への登り、南岳小屋への登りは、浮き石が多い
その他周辺情報上高地バスターミナルのインフォメーションセンターでシャワーが借りられます。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

9/7 PM5:00に河童橋につきました。小梨平でテン泊です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/7 PM5:00に河童橋につきました。小梨平でテン泊です。
紀美子平。ツアーの人たちで混雑していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平。ツアーの人たちで混雑していた。
1
紀美子平からみた奥穂高岳。3度目にして初めて晴れている姿を拝めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平からみた奥穂高岳。3度目にして初めて晴れている姿を拝めました。
4
前穂高岳山頂から。吊り尾根+奥ホ+北ホ+大キレット+槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳山頂から。吊り尾根+奥ホ+北ホ+大キレット+槍
3
霞み見えるは、奥穂高岳のテッペン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞み見えるは、奥穂高岳のテッペン。
1
3度目にして晴れの奥穂高岳のテッペン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3度目にして晴れの奥穂高岳のテッペン。
3
雲に隠されるそのときのジャンダルム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に隠されるそのときのジャンダルム。
1
晴れているときの景色は初めてです。穂高岳山荘だけでなく涸沢岳までバッチリ見えるんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れているときの景色は初めてです。穂高岳山荘だけでなく涸沢岳までバッチリ見えるんですね。
4
夕刻のトワイライトタイム。穂高岳山荘のヘリポートにて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕刻のトワイライトタイム。穂高岳山荘のヘリポートにて。
4
涸沢岳から朝の奥ホ(左)とジャンダルム(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳から朝の奥ホ(左)とジャンダルム(右)。
3
涸沢岳から朝の前ホ(左)と奥ホ(右)。
来年は前ホをクライミングでアタックしたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳から朝の前ホ(左)と奥ホ(右)。
来年は前ホをクライミングでアタックしたい。
2
涸沢岳から。手前のピークから尾根を辿っていくと
北穂高岳(南峰と北峰)
大キレット
南岳
槍ヶ岳
バッチリ見えました。来た甲斐があった!

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳から。手前のピークから尾根を辿っていくと
北穂高岳(南峰と北峰)
大キレット
南岳
槍ヶ岳
バッチリ見えました。来た甲斐があった!

3
奥ホー北ホ ルートの最低コルに咲いてました。きれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ホー北ホ ルートの最低コルに咲いてました。きれい。
涸沢カール。
正面右のピークは前穂高岳。
左に下っていくと2峰、3峰と続きます。
5.6のコルへ取り付くルートを見つけました。あそこからクライミングするのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カール。
正面右のピークは前穂高岳。
左に下っていくと2峰、3峰と続きます。
5.6のコルへ取り付くルートを見つけました。あそこからクライミングするのかな。
1
ドームがどーん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドームがどーん。
1
北ホのテッペンにつきました。槍ヶ岳まで見え見え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ホのテッペンにつきました。槍ヶ岳まで見え見え。
3
北穂高小屋のテラスから見下ろす大キレットと槍ヶ岳。
北穂高小屋ではコーヒーを飲みましょう。すげーおいしいんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高小屋のテラスから見下ろす大キレットと槍ヶ岳。
北穂高小屋ではコーヒーを飲みましょう。すげーおいしいんです。
2
大キレット街道。切れ落ちているところではハイマツくらいは生えるんですね。
先行く女性は当日のルートが同じ方で。前日はジャンダルムを超えてきたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット街道。切れ落ちているところではハイマツくらいは生えるんですね。
先行く女性は当日のルートが同じ方で。前日はジャンダルムを超えてきたそうです。
3
飛騨泣きのカニ歩き処。おおきれとかいどうの名所ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨泣きのカニ歩き処。おおきれとかいどうの名所ですね。
4
飛騨泣きの槍ヶ岳側の岩壁。
写っている方も当日のルートが同じ方。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨泣きの槍ヶ岳側の岩壁。
写っている方も当日のルートが同じ方。
2
A沢のコルからの南岳。煙突状のピークには登らなくていいんだよね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A沢のコルからの南岳。煙突状のピークには登らなくていいんだよね?
2
Hピークへの斜面。
大きなプレート場の岩盤が傾いたって感じですね。
なので、この左側は切れ落ちてますよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Hピークへの斜面。
大きなプレート場の岩盤が傾いたって感じですね。
なので、この左側は切れ落ちてますよ。
3
おおきれとかいどうのコル辺りからみた穂高連峰。一番高いピークの北穂高小屋からセッセと歩いてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおきれとかいどうのコル辺りからみた穂高連峰。一番高いピークの北穂高小屋からセッセと歩いてきました。
1
南岳小屋と南岳山頂へ続くトレース。うつくしい。
お昼ごはんは南岳小屋で牛丼。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋と南岳山頂へ続くトレース。うつくしい。
お昼ごはんは南岳小屋で牛丼。
2
南岳のテッペンから氷河公園を見下ろす。天狗池に写る槍ヶ岳はきれいでしょうね。今度いく!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳のテッペンから氷河公園を見下ろす。天狗池に写る槍ヶ岳はきれいでしょうね。今度いく!
2
南岳ー中岳のルートは最近開かれたんですな。
南岳ー槍ヶ岳ルートは雲のせいで眺望ありませんでした。また今度の楽しみにしときます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳ー中岳のルートは最近開かれたんですな。
南岳ー槍ヶ岳ルートは雲のせいで眺望ありませんでした。また今度の楽しみにしときます。
1
今回の山旅のラスボスは槍ヶ岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山旅のラスボスは槍ヶ岳です。
槍ヶ岳山荘のテン場。雲の様子はもう秋ですよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘のテン場。雲の様子はもう秋ですよ。
2
槍ヶ岳山荘から見た大喰岳へのルート。夕方には雲が晴れてくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘から見た大喰岳へのルート。夕方には雲が晴れてくれました。
2
西の空から御光が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の空から御光が。
1
朝イチに槍ヶ岳へアタック。先行く夫婦は、旦那が奥さんを撮りまくってた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝イチに槍ヶ岳へアタック。先行く夫婦は、旦那が奥さんを撮りまくってた。
4
AM5:34。槍ヶ岳のテッペンから穂高連峰を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM5:34。槍ヶ岳のテッペンから穂高連峰を望む。
2
AM5:53。槍ヶ岳のテッペンから穂高連峰を望む。
お日様が当たってコントラストがキレイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM5:53。槍ヶ岳のテッペンから穂高連峰を望む。
お日様が当たってコントラストがキレイ。
1
槍沢へとつづくU字の谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢へとつづくU字の谷。
槍ヶ岳はやっぱりかっこいいな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳はやっぱりかっこいいな。
2
グリーンバンドから仰ぎ見る槍ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンバンドから仰ぎ見る槍ヶ岳。
1
まあなんてキレイなんでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあなんてキレイなんでしょう。
3
左下の巨石は、斜面から落ちたんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下の巨石は、斜面から落ちたんですね。
1
槍沢ロッジーババ平ルート上にある「槍見」。たしかに槍がみえる。槍ヶ岳ではないが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジーババ平ルート上にある「槍見」。たしかに槍がみえる。槍ヶ岳ではないが。
1
槍沢ロッジに望遠鏡が置いてあった。何が見えるのか?と思いながらのぞくと、槍ヶ岳が見えるのです。びっくりです。木と木のすき間からコッソリと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジに望遠鏡が置いてあった。何が見えるのか?と思いながらのぞくと、槍ヶ岳が見えるのです。びっくりです。木と木のすき間からコッソリと。
1
横尾から。中央に見えるは奥穂高岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾から。中央に見えるは奥穂高岳。
1
横尾山荘でお昼にスタミナ丼。前日は牛丼で、当日は豚丼。器はラーメン用のどんぶり。
山荘内の食堂にはほとんど人がいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘でお昼にスタミナ丼。前日は牛丼で、当日は豚丼。器はラーメン用のどんぶり。
山荘内の食堂にはほとんど人がいない。
3
穂高神社の奥宮がこの先にあります。見えてるピークは明神岳で、穂高ではないのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高神社の奥宮がこの先にあります。見えてるピークは明神岳で、穂高ではないのです。
帰りの河童橋からみた穂高連峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの河童橋からみた穂高連峰。
松本電鉄上高地線には、渕東なぎさがデカデカと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本電鉄上高地線には、渕東なぎさがデカデカと。
1

感想/記録

南岳あたりで、おこじょに遭遇したよ。あいつ、かわいいね。
北穂高で、らいちょうさんにも遭遇した。つがいだった。
訪問者数:799人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/19
投稿数: 2
2014/9/17 20:29
 おつかれさまでしたー
大キレットでご一緒したM野でございます。その節はお世話になりました。
登録日: 2014/2/19
投稿数: 3
2014/9/27 16:24
 Re: おつかれさまでしたー
おぉ、M野さん、おつかれさまでした。
返事が遅れましてすいません。コメントが入ってもメールで通知されないんですね、ヤマレコは。
今度はボルダリングジムで会いましょうよ。
外岩で登りましょうよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ