また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1980508 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

大キレット、ジャンダルムを越えて 上高地in out

日程 2019年08月16日(金) 〜 2019年08月18日(日)
メンバー
天候8/16は霧雨
8/17は曇 強風
8/18は快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き帰りともあずさ号プラス新島々までの電車プラスバスでアクセスしました
帰りの上高地から新島々までのバスは、2日後までの整理券を上高地のバスターミナルで発券していますが帰りの乗車券が必要です
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間44分
休憩
5分
合計
2時間49分
S上高地バスターミナル14:0614:08無料トイレ14:0814:16小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)14:1614:37明神館14:3814:41徳本口(徳本峠分岐)14:4115:08徳沢公衆トイレ15:0815:19新村橋(パノラマ分岐)15:1915:50横尾 (横尾山荘)15:5516:22槍見河原16:2216:30一ノ俣16:3016:35二ノ俣16:3516:55槍沢ロッヂ
2日目
山行
8時間37分
休憩
2時間20分
合計
10時間57分
槍沢ロッヂ03:2703:46赤沢岩小屋(ババ平)03:4604:18槍沢大曲り04:1804:48槍沢・天狗原分岐04:5805:38坊主岩屋下05:3905:44播隆窟05:4406:28槍ヶ岳山荘07:1007:18飛騨乗越07:1907:37大喰岳07:3808:03中岳08:0908:54天狗原分岐08:5509:09南岳09:1009:15南岳小屋09:4810:58長谷川ピーク11:0712:06北穂高小屋12:3412:36北穂高岳(北峰)12:3613:55涸沢岳14:0314:23穂高岳山荘
3日目
山行
6時間39分
休憩
1時間36分
合計
8時間15分
穂高岳山荘04:0704:37穂高岳04:4005:05馬の背05:1205:19ロバの耳05:2805:33ジャンダルム05:4206:36天狗のコル06:5407:04天狗岩07:0607:15逆層スラブ07:2807:40間ノ岳07:4308:06赤岩岳08:1308:28P108:2908:34西穂高岳08:4109:01チャンピオンピーク4峰09:0109:12ピラミッドピーク09:1209:28西穂独標09:2810:00西穂丸山10:0110:16西穂山荘10:3410:41丸山南分岐(田代橋方面)10:4210:45焼岳・上高地分岐12:09西穂高岳登山口12:1012:23上高地アルプス山荘12:2312:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

台風は遠かったのですが、どんより雲の中上高地をスタートします
2019年08月16日 14:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風は遠かったのですが、どんより雲の中上高地をスタートします
いつもここで写真を撮っている気がする
2019年08月16日 15:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもここで写真を撮っている気がする
槍沢ロッジになんとか17時前に到着し生ビールで乾杯 横尾山荘の前で16時までに山小屋到着をと係りの方に注意されました 申し訳ありません
2019年08月16日 17:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジになんとか17時前に到着し生ビールで乾杯 横尾山荘の前で16時までに山小屋到着をと係りの方に注意されました 申し訳ありません
2
夕食をお代わりしすぎたせいかビールは1杯でおわり しかし、お風呂に入れるって有り難いですね
ということで、翌朝は3:30前に出発です 他にどなたもおらず熊が恐い
2019年08月17日 03:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食をお代わりしすぎたせいかビールは1杯でおわり しかし、お風呂に入れるって有り難いですね
ということで、翌朝は3:30前に出発です 他にどなたもおらず熊が恐い
心の目で見ろということでしょう
2019年08月17日 03:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心の目で見ろということでしょう
徐々に東の空が明るくなってきます 今日はいけるか?
2019年08月17日 04:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に東の空が明るくなってきます 今日はいけるか?
ここでしばし考えました
体力のためにはこのまま南岳を目指すべき
しかし、槍に登りたい&未踏の百高山を走破したいという邪念が勝り、槍ヶ岳方面に
2019年08月17日 04:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでしばし考えました
体力のためにはこのまま南岳を目指すべき
しかし、槍に登りたい&未踏の百高山を走破したいという邪念が勝り、槍ヶ岳方面に
突如現れるこの数字 100刻みで減っていきます 最後は50刻み?
1100と1200の間の歩数をカウントしたら520でした
はてな?
2019年08月17日 05:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如現れるこの数字 100刻みで減っていきます 最後は50刻み?
1100と1200の間の歩数をカウントしたら520でした
はてな?
1
ええ、分かっていました 途中から
槍ヶ岳山荘から望む槍ヶ岳(方向)
山荘でコーヒーをいただいて南岳を目指しました
この日は空いていたのでは…
2019年08月17日 06:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええ、分かっていました 途中から
槍ヶ岳山荘から望む槍ヶ岳(方向)
山荘でコーヒーをいただいて南岳を目指しました
この日は空いていたのでは…
ガスっている日のご褒美!
2019年08月17日 07:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっている日のご褒美!
中岳 標識が倒れていました
あれほど重要視していた大喰岳をスルーしたことには触れませぬ
2019年08月17日 08:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳 標識が倒れていました
あれほど重要視していた大喰岳をスルーしたことには触れませぬ
こちらはきちんと直立
なんかかっこいい
2019年08月17日 09:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはきちんと直立
なんかかっこいい
1
長い!ですが、やはりハシゴは安全だと思いました
2019年08月17日 10:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い!ですが、やはりハシゴは安全だと思いました
1
茶 ではなく北ホ
2019年08月17日 10:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶 ではなく北ホ
長谷川ピークに到着しました いよいよかと緊張していましたが、すれ違いの方と話して少しリラックス出来ました
2019年08月17日 10:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピークに到着しました いよいよかと緊張していましたが、すれ違いの方と話して少しリラックス出来ました
足場はありそうですが、雨降ったら来たくないですね
2019年08月17日 11:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場はありそうですが、雨降ったら来たくないですね
登っているときはそこまで恐怖を感じませんでしたが、写真を見返すと怖いですね
2019年08月17日 11:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っているときはそこまで恐怖を感じませんでしたが、写真を見返すと怖いですね
1
北穂高の手前でようやく晴れ間がのぞきました 長続きしませんでしたが
2019年08月17日 11:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高の手前でようやく晴れ間がのぞきました 長続きしませんでしたが
1
南峰のピークは踏めないんですね
2019年08月17日 12:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰のピークは踏めないんですね
最低コルから眼下に涸沢が望めます 味のある標識ですね
2019年08月17日 13:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低コルから眼下に涸沢が望めます 味のある標識ですね
1
2日目で1番の恐怖を感じながら、なんとか涸沢岳に到着しました
2019年08月17日 14:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目で1番の恐怖を感じながら、なんとか涸沢岳に到着しました
ようやく2日目のゴールの穂高岳山荘!良く歩きました
2019年08月17日 14:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく2日目のゴールの穂高岳山荘!良く歩きました
2
翌朝は4時に出発し、奥穂高岳に到着 奥穂高から月とジャンダルム
2019年08月18日 04:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は4時に出発し、奥穂高岳に到着 奥穂高から月とジャンダルム
1
さあ出発します 2年前はここでジャンに向かう方々をしばらく見送っていました
2019年08月18日 04:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ出発します 2年前はここでジャンに向かう方々をしばらく見送っていました
日も出てジャンダルムがはっきりと見えてきます
2019年08月18日 04:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日も出てジャンダルムがはっきりと見えてきます
2
無事にジャンダルムに到着 達成感と満足感でいっぱいですが、まだ道のりは長く気合いを入れ直して出発します
2019年08月18日 05:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事にジャンダルムに到着 達成感と満足感でいっぱいですが、まだ道のりは長く気合いを入れ直して出発します
2
惚れ惚れする岩の造形美ですね
2019年08月18日 06:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惚れ惚れする岩の造形美ですね
1
西穂高岳の山頂に到着です 西穂山荘方面の方も多く賑わっていました
2019年08月18日 08:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳の山頂に到着です 西穂山荘方面の方も多く賑わっていました
3
西穂独標 笠ヶ岳をバックに
北アルプスどこ登ろうかという時にはなかなか名前が挙がらない笠ヶ岳と霞沢岳ですが、穂高を登っていると登りたくなる山です
2019年08月18日 09:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂独標 笠ヶ岳をバックに
北アルプスどこ登ろうかという時にはなかなか名前が挙がらない笠ヶ岳と霞沢岳ですが、穂高を登っていると登りたくなる山です
2
丸山 独標からここまでの下りは疲れた足には応えます
2019年08月18日 10:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山 独標からここまでの下りは疲れた足には応えます
1
西穂山荘のテン場 時間が遅いためか空いていました 山荘はとても混んでいたとすれ違いの方に聞いてすごい状況を想像していました
2019年08月18日 10:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘のテン場 時間が遅いためか空いていました 山荘はとても混んでいたとすれ違いの方に聞いてすごい状況を想像していました
かなり気温も高くなってきました ヘルメットから帽子に変えたり足にテーピングをして上高地に向けて出発です
2019年08月18日 10:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり気温も高くなってきました ヘルメットから帽子に変えたり足にテーピングをして上高地に向けて出発です
焼岳も登りたい 冬かな
2019年08月18日 10:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳も登りたい 冬かな
楽しい山道です
2019年08月18日 10:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい山道です
持っていた水分が15分ほど前になくなるトラブルがありましたが登山口に到着 下山でも気温が高く思ったより消費しました 宝水汲んでおくべきでした 
2019年08月18日 12:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持っていた水分が15分ほど前になくなるトラブルがありましたが登山口に到着 下山でも気温が高く思ったより消費しました 宝水汲んでおくべきでした 
梓川は2日前と違いいつものきれいな流れになっていました
2019年08月18日 12:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川は2日前と違いいつものきれいな流れになっていました
バス停に到着 あらかじめ持っていたものより1本早いバスの整理券をゲットして、キャンプ場のお風呂へ
2019年08月18日 14:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停に到着 あらかじめ持っていたものより1本早いバスの整理券をゲットして、キャンプ場のお風呂へ

感想/記録

速度の遅い台風10号のため、金曜日早朝からの山行は諦め、午後からの山行に
当初は初日南岳小屋まで登って、2日目は穂高岳山荘にという予定でしたが、午後出発ということもあり初日は槍沢ロッジに宿泊
2日目は3:30に出発し、風がそれほど強くないため期待して槍ヶ岳山荘まで上がりましたが強風アンド霧
2日目の行程が長いため槍ヶ岳登頂は諦め南岳小屋をまずは目指しました
何も見えず加えて強風のため寒さを感じるほどでしたが、雷鳥登場で一旦リセット
しかし、寒さと空腹を満たす必要を南岳小屋で感じ、カップラーメンを補給
ここで持ちうる装備を全て着用し、大キレットへ出発しました
所々注意と気合が必要な箇所はありましたが、一歩間違えたらという恐怖感はあまり感じませんでした
おそらく、霧で何も周りが見渡せないこともその理由かと思いますが、よく整備されている印象を受けました
北穂高山荘で水分とエネルギー補給をし、2日目の目的地である穂高岳山荘を目指しました
この北穂高岳〜涸沢岳の方が大キレットより難易度が高く感じました
実は2年前に穂高岳山荘で同宿の方がここで滑落死亡事故を目撃されたと話しており、ずっとどこで落ちたのか考えていました
大キレットと繋げて歩くときには同じテンションで歩きたい所ですが体力も気力も落ちてきていました
2日目は夕食後早寝して3日目は2:30起床としましたが予定より30分遅れて結局4:00出発
奥穂高岳まではウォーミングアップのつもりで確実に登りました
丁度日の出の時間でしたがご来光は待たずに出発しました 大キレットや涸沢岳を歩いていたからか最初はあまり特別感を感じでいませんでしたが、馬ノ背は怖かったです 後続の方に足の置く位置を教えていただき何と前に進めました ありがとうございます
馬ノ背の後は急激に登り返して、最後は直登気味にジャンダルムに到着 しかし、下山時にもっと簡単なルートがあることに気がつき、自分の直登ルートを思い返して怖くなりました
しかし、本日の行程はまだ始まったばかりと気を引き締め前に進みます が、なかなかルートファインディングに難渋しこの日合計で5回程度間違えたルートを選択してしまいました こうやったら間違えない!というのはないですね 良くその場で見回すことですかね 越えて見てみないとわからないことも多かったですが…
降りては登りの連続なので中々追い込まれました やはり、天気が良く360度山々を見渡せたことで元気がでました 1日目2日目の天気を捨てた甲斐がありました
西穂高岳まで来ると大勢の方がいらっしゃり、山頂も登山道も賑わっていました
また、事実西穂高岳を越えると慎重さは求められますが、命の危険を感じることはほぼなくなりようやく楽しい登山になりました
西穂独標からの登り返しのない下りは本来大歓迎なのですが、ガレ場で両足親指の爪先が徐々に痛み出してきました
西穂山荘でテーピングをし、上高地に向けて下降しました この道は昨年6月にテントを背負って登りましたが、その時には上部に雪が残っていたためか全く別の道に感じました しかし、久々の樹林帯の道を楽しく降りることが出来ました
訪問者数:461人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ