また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 694780 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂から乗鞍 ジャンダルムの天使に会いたくて

日程 2015年08月06日(木) 〜 2015年08月09日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間22分
休憩
32分
合計
6時間54分
S新穂高温泉駅06:0906:26小鍋谷ゲート06:56穂高平小屋07:0207:40白出小屋07:4608:41重太郎橋08:5609:29白出大滝09:3413:03穂高岳山荘
2日目
山行
7時間38分
休憩
3時間4分
合計
10時間42分
穂高岳山荘03:5904:30穂高岳04:3905:21ジャンダルム05:5606:46天狗のコル07:1507:24天狗岩07:3008:00間ノ岳08:2909:27西穂高岳09:5610:24ピラミッドピーク10:2710:45西穂独標10:5011:18西穂丸山11:29西穂山荘11:5712:03丸山南分岐(田代橋方面)12:0512:06焼岳・上高地分岐12:0812:20きぬがさの池13:17中間の池13:1913:47割谷山13:5214:41焼岳小屋
3日目
山行
11時間1分
休憩
1時間26分
合計
12時間27分
焼岳小屋03:5804:00新中尾峠04:0504:05焼岳小屋04:14焼岳展望台04:20中尾峠04:2205:04焼岳(北峰)05:2305:39焼岳05:4006:24下堀沢出会06:28広場06:2906:401972mピーク06:4107:20新中の湯登山口07:3008:25安房峠08:3413:44硫黄岳14:10姫ヶ原14:1114:45硫黄岳登山口14:5115:23畳平バスターミナル15:5416:17摩利支天分岐16:25肩の小屋
4日目
山行
12時間55分
休憩
54分
合計
13時間49分
肩の小屋03:3004:00朝日岳04:08蚕玉岳04:14乗鞍岳04:5005:25皿石原07:12奥千町避難小屋07:2209:45丸黒山09:5317:19高山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白出沢〜奥穂岳山荘 雪渓より上部は登山道は一部不明瞭となります。
奥穂〜西穂 危険なところはたくさんです。特に浮石に注意。また、奥穂からは馬の背が怖いです。
平湯〜金山岩分岐 道は明瞭ですが、かなり草むしています。
乗鞍剣ヶ峰〜中洞権現 剣ヶ峰から降りる道がわかりません。自分は強引に岩を三転確保しながらおりました。尚、鞍部に着くと道は出てきます。また、途中の巨岩の通過のところはペンキ類等はあまりなく、岩々の上に積まれたミニケルンが目印です。
中洞権現〜奥千町避難小屋 ハイマツの激ヤブとなります。
奥千町避難小屋〜丸黒山 ここは笹払いされているかがポイント。今回は笹払いをして頂いたので歩きやすかったです。
過去天気図(気象庁) 2015年08月の天気図 [pdf]

写真

一日目、新穂高ロ−プウェイ駅に着きました
山々がくっきり見えます
2015年08月06日 05:53撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一日目、新穂高ロ−プウェイ駅に着きました
山々がくっきり見えます
1
林道ゲ−トです
2015年08月06日 06:20撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲ−トです
1
ここより林道ショ−トカット
2015年08月06日 06:30撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここより林道ショ−トカット
穂高平小屋に着きました
2015年08月06日 06:50撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平小屋に着きました
白出沢出合です
いよいよ登り
2015年08月06日 07:36撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢出合です
いよいよ登り
少し登ると木々の間から笠が見えました
2015年08月06日 08:17撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると木々の間から笠が見えました
白出岩切道のレリーフです
2015年08月06日 08:44撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出岩切道のレリーフです
重太郎橋
今日は問題ありません
2015年08月06日 08:46撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重太郎橋
今日は問題ありません
1
上から見た重太郎橋
2015年08月06日 08:54撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見た重太郎橋
1
鉱石沢です
2015年08月06日 09:15撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱石沢です
荷継沢です
ここでようやく半分
2015年08月06日 09:50撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷継沢です
ここでようやく半分
1
白出沢を歩き出します
2015年08月06日 09:52撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢を歩き出します
1
花に癒されます
2015年08月06日 10:15撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花に癒されます
このあたりまでは花を撮る余裕がありました(笑)
2015年08月06日 10:18撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりまでは花を撮る余裕がありました(笑)
白出沢のこの斜度
2015年08月06日 10:29撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢のこの斜度
1
雪渓が出てました
2015年08月06日 10:58撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が出てました
1
雪渓を超えましたが、まだまだのようです
2015年08月06日 11:09撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を超えましたが、まだまだのようです
1
振り返ります
こんな斜度があるんです
2015年08月06日 11:12撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ります
こんな斜度があるんです
1
こんなところ下ると膝がやられそう
2015年08月06日 12:22撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところ下ると膝がやられそう
1
ようやく山荘に着きました
2015年08月06日 13:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山荘に着きました
1
穂高岳山荘前の広場
2015年08月06日 13:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘前の広場
2
穂高岳山荘前の広場の展望
2015年08月06日 13:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘前の広場の展望
2
穂高岳山荘前の広場の展望
2015年08月06日 13:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘前の広場の展望
1
でなにはともあれビ−ル(笑)
2015年08月06日 13:26撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でなにはともあれビ−ル(笑)
2
二日目、夜明け前に歩き出します
2015年08月07日 04:25撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目、夜明け前に歩き出します
4
夜明け前のジャンダルム
2015年08月07日 04:25撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前のジャンダルム
4
奥穂高山頂です
これからいよいよ西穂へ
2015年08月07日 04:29撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高山頂です
これからいよいよ西穂へ
4
最初の難所
馬の背です
2015年08月07日 04:51撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の難所
馬の背です
4
馬の背全景です
2015年08月07日 04:53撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背全景です
2
いよいよジャンダルムが近づいてきました
2015年08月07日 04:53撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよジャンダルムが近づいてきました
4
槍が見えます
2015年08月07日 04:53撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍が見えます
3
おや、ライチョウですが…
2015年08月07日 05:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、ライチョウですが…
2
なんと、ライチョウ親子です
2015年08月07日 05:04撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、ライチョウ親子です
4
ジャンダルムに朝日があたります
ここのどこを登れというのか…
2015年08月07日 05:22撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムに朝日があたります
ここのどこを登れというのか…
2
ジャンダルムは信州側に沿って一旦西穂方向に巻いてから登ります
2015年08月07日 05:27撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムは信州側に沿って一旦西穂方向に巻いてから登ります
2
ジャンダルムに着きました
2015年08月07日 05:39撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムに着きました
5
これ、このジャンダルムの天使に会いたかったのです
2015年08月07日 05:39撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、このジャンダルムの天使に会いたかったのです
2
ジャンダルムの天使アップ
2015年08月07日 05:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムの天使アップ
4
ジャンダルムよりこれからの道のりを眺めます
西穂、焼岳そして乗鞍が見えます
2015年08月07日 05:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムよりこれからの道のりを眺めます
西穂、焼岳そして乗鞍が見えます
1
ジャンダルムからよりの笠ヶ岳
2015年08月07日 05:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムからよりの笠ヶ岳
1
こちらは雲の平及び薬師岳方面
2015年08月07日 05:41撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは雲の平及び薬師岳方面
1
焼岳と乗鞍のアップです
2015年08月07日 05:41撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳と乗鞍のアップです
1
これからの道をよく見ます
やっぱりギザギザだぁ
2015年08月07日 05:47撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからの道をよく見ます
やっぱりギザギザだぁ
3
天狗のコルに着きました
ここでようやく半分
2015年08月07日 06:46撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のコルに着きました
ここでようやく半分
2
天狗岩に到着
2015年08月07日 07:20撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩に到着
1
ジャンダルム方面を振り返ります
2015年08月07日 07:33撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム方面を振り返ります
2
逆層スラブです
ここは鎖があるので助かります
2015年08月07日 07:39撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆層スラブです
ここは鎖があるので助かります
2
間ノ岳
岩に書かれているだけなので気がつかない方が多いてせす
2015年08月07日 08:04撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳
岩に書かれているだけなので気がつかない方が多いてせす
1
それにしてもすごいところです
2015年08月07日 08:04撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもすごいところです
1
やっと着きました
西穂高岳
2015年08月07日 09:23撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着きました
西穂高岳
3
ネズミ?
小さくてかわいいです
2015年08月07日 09:24撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネズミ?
小さくてかわいいです
2
ここ西穂で食べたくて持ってきたご褒美の白桃ゼリー
2015年08月07日 09:27撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ西穂で食べたくて持ってきたご褒美の白桃ゼリー
1
奥穂方面を振り返ります
2015年08月07日 09:32撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂方面を振り返ります
2
槍も遠くになりました
2015年08月07日 09:37撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍も遠くになりました
笠ヶ岳はずっとそばにいてくれます
2015年08月07日 09:37撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳はずっとそばにいてくれます
西穂山荘へはかなり下るようです
2015年08月07日 09:38撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘へはかなり下るようです
ピラミッドピ−クです
2015年08月07日 10:19撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピ−クです
西穂の独標
ここから岩場はなくなります
2015年08月07日 10:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂の独標
ここから岩場はなくなります
3
霞沢岳も大きく見えます
2015年08月07日 11:12撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳も大きく見えます
丸山通過〜
2015年08月07日 11:13撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山通過〜
西穂山荘が近づいてきました
2015年08月07日 11:19撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘が近づいてきました
山荘は人でいっぱい
2015年08月07日 11:26撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘は人でいっぱい
ということでまたビ−ルでジャンダルム無事通過を一人で祝杯(笑)
2015年08月07日 11:26撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということでまたビ−ルでジャンダルム無事通過を一人で祝杯(笑)
さて、時間が予定より早かったので焼岳山荘に向かいます
2015年08月07日 12:01撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、時間が予定より早かったので焼岳山荘に向かいます
きぬがさの池です
2015年08月07日 12:14撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きぬがさの池です
1
樹林帯の間から槍見台の池が見えます
2015年08月07日 13:11撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の間から槍見台の池が見えます
1
焼岳小屋が見えてきました
2015年08月07日 14:34撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳小屋が見えてきました
三日目、穂高方面の空が白みだしました
2015年08月08日 04:21撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三日目、穂高方面の空が白みだしました
笠ヶ岳方面です
かなり明るくなってきました
2015年08月08日 04:52撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面です
かなり明るくなってきました
奥穂方面から日が出てきました
2015年08月08日 05:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂方面から日が出てきました
2
今日もいい天気になりそうです
2015年08月08日 05:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もいい天気になりそうです
焼岳南峰方面です
2015年08月08日 05:06撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳南峰方面です
焼岳北峰山頂に到着しました
2015年08月08日 05:10撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳北峰山頂に到着しました
2
焼岳の火口です
2015年08月08日 05:11撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳の火口です
1
笠ヶ岳は焼岳でもよく見えます
2015年08月08日 05:11撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳は焼岳でもよく見えます
焼岳北峰近くの噴気孔です
かなりの硫黄臭がします
2015年08月08日 05:20撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳北峰近くの噴気孔です
かなりの硫黄臭がします
1
北峰の横から笠ヶ岳が覗いていました
2015年08月08日 05:47撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰の横から笠ヶ岳が覗いていました
中の湯へ降りる途中に焼岳を振り返ります
2015年08月08日 05:55撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯へ降りる途中に焼岳を振り返ります
1
中の湯途中の広場より焼岳を振り返ります
2015年08月08日 06:21撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯途中の広場より焼岳を振り返ります
新中の湯登山口です
2015年08月08日 07:16撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新中の湯登山口です
1
安房峠に向かって旧道を歩いている途中、猿がいっぱい
ちょっと怖いです
2015年08月08日 07:47撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安房峠に向かって旧道を歩いている途中、猿がいっぱい
ちょっと怖いです
1
旧道からの焼岳です
2015年08月08日 08:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道からの焼岳です
安房峠です
2015年08月08日 08:20撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安房峠です
2
ここから平湯温泉スキ−場上部にショ−トカットします
2015年08月08日 09:00撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから平湯温泉スキ−場上部にショ−トカットします
2
ここからです
2015年08月08日 09:00撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからです
1
ここに出てきました
平湯2舛良玄韻ありました
しばらくゲレンデを歩きます
2015年08月08日 09:26撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに出てきました
平湯2舛良玄韻ありました
しばらくゲレンデを歩きます
1
スキ−場上部です
2015年08月08日 09:39撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキ−場上部です
いよいよ登山道に入ります
2015年08月08日 09:55撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ登山道に入ります
1
金山岩との分岐地点です
2015年08月08日 12:22撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山岩との分岐地点です
乗鞍に向かってせっかく登って来たのにまた下ります(涙)
2015年08月08日 12:33撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍に向かってせっかく登って来たのにまた下ります(涙)
1
どんどん下ります
2015年08月08日 12:43撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下ります
一旦硫黄岳に登ってまた下ります(涙)
2015年08月08日 13:52撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦硫黄岳に登ってまた下ります(涙)
2
疲れた体をコマクサが癒してくれます
2015年08月08日 13:55撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れた体をコマクサが癒してくれます
1
こちらもコマクサです
2015年08月08日 14:12撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもコマクサです
歩いてきた道を振り返ります
2015年08月08日 14:30撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返ります
ウサギギクも励ましてくれます(笑)
2015年08月08日 14:35撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギクも励ましてくれます(笑)
これはミヤマキンバイでしょうか
2015年08月08日 14:37撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはミヤマキンバイでしょうか
平湯、十石山登山口到着
ここから乗鞍スカイラインを歩きます
2015年08月08日 14:41撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平湯、十石山登山口到着
ここから乗鞍スカイラインを歩きます
1
スカイラインです
2015年08月08日 14:48撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインです
1
乗鞍はあちらこちらでコマクサが咲いていました
2015年08月08日 15:00撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍はあちらこちらでコマクサが咲いていました
乗鞍の山々むです
2015年08月08日 15:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍の山々むです
スカイラインさえなかったら、本当にいいところです
2015年08月08日 15:07撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインさえなかったら、本当にいいところです
1
畳平は観光客でいっぱいでした
2015年08月08日 15:19撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畳平は観光客でいっぱいでした
畳平のお花畑
2015年08月08日 15:49撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畳平のお花畑
山頂の権現池
2015年08月08日 16:04撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の権現池
1
肩の小屋近くの大雪渓
スキ―をしている方がいました
2015年08月08日 16:15撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋近くの大雪渓
スキ―をしている方がいました
1
乗鞍スカイラインです
2015年08月08日 16:15撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍スカイラインです
肩の小屋です
2015年08月08日 16:19撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋です
1
四日目、肩の小屋より剣ヶ峰に向かいました
2015年08月09日 04:16撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四日目、肩の小屋より剣ヶ峰に向かいました
1
夜が白み出しました
今日は高山方面に下山します
2015年08月09日 04:30撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が白み出しました
今日は高山方面に下山します
2
剣ヶ峰より岩々を強引に降りました
2015年08月09日 04:39撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰より岩々を強引に降りました
1
標識はありますが何処が道かわかりません
2015年08月09日 04:41撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識はありますが何処が道かわかりません
2
剣ヶ峰より鞍部に降りると道ははっきりします
2015年08月09日 04:43撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰より鞍部に降りると道ははっきりします
1
四日目もまたいい天気になりそうです
2015年08月09日 04:55撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四日目もまたいい天気になりそうです
2
千町尾根に向かって歩きます
2015年08月09日 04:55撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千町尾根に向かって歩きます
1
道に標識はすくなくて、こういうミニケルンが道標となります
2015年08月09日 05:05撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道に標識はすくなくて、こういうミニケルンが道標となります
1
雲海の中から御嶽山
2015年08月09日 05:06撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の中から御嶽山
2
ウサギギクが登山道いっぱいに咲き乱れていました
2015年08月09日 05:17撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギクが登山道いっぱいに咲き乱れていました
1
中洞権現に到着しました
2015年08月09日 05:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中洞権現に到着しました
1
道がわかりにくくなりました
どうやら、このハイマツの間を歩くようです
2015年08月09日 05:45撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がわかりにくくなりました
どうやら、このハイマツの間を歩くようです
2
どこが道なんでしょうか
ハイマツの激ヤブです
2015年08月09日 05:46撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこが道なんでしょうか
ハイマツの激ヤブです
1
石仏さんがところどころにいました
2015年08月09日 06:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏さんがところどころにいました
1
一応、道はあるようですが…
2015年08月09日 06:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、道はあるようですが…
1
ハイマツ、ハイマツ
2015年08月09日 06:33撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ、ハイマツ
1
どこまでいってもハイマツ
2015年08月09日 06:33撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでいってもハイマツ
1
やっとハイマツ帯から出て、千町の湿原が出てきました
2015年08月09日 07:00撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとハイマツ帯から出て、千町の湿原が出てきました
1
湿原を歩きます
2015年08月09日 07:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原を歩きます
湿原の花
2015年08月09日 07:04撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の花
1
奥千町避難小屋
丸黒山へは小屋の手前を右に進みます
2015年08月09日 07:06撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥千町避難小屋
丸黒山へは小屋の手前を右に進みます
1
湿原の向こうは御嶽山
2015年08月09日 07:09撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の向こうは御嶽山
1
ワタスゲと池塘
2015年08月09日 07:30撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲと池塘
ワタスゲです
2015年08月09日 07:30撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲです
1
こちらはニッコウキスゲ
2015年08月09日 07:30撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはニッコウキスゲ
こんな感じであちらこちらに石仏さんがいました
2015年08月09日 07:41撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じであちらこちらに石仏さんがいました
1
ワタスゲがいっぱいでした
2015年08月09日 07:44撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲがいっぱいでした
2
きれいな湿原がつぎつぎとあらわれます
2015年08月09日 07:45撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな湿原がつぎつぎとあらわれます
湿原の間を木道が縫うように進みます
2015年08月09日 07:47撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の間を木道が縫うように進みます
2
丸黒山三角点
2015年08月09日 09:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山三角点
1
丸黒山山頂
ここからはハイキングコ−スのようです
2015年08月09日 09:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山山頂
ここからはハイキングコ−スのようです
1
乗鞍がはるか彼方です
2015年08月09日 09:40撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍がはるか彼方です
遠くに奥穂が見えます
あそこから歩いてきたんだなぁ
2015年08月09日 09:41撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに奥穂が見えます
あそこから歩いてきたんだなぁ
1
丸黒山の小さな社
2015年08月09日 10:20撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山の小さな社
1
枯松平休憩所は家族で賑わっていました
2015年08月09日 10:35撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯松平休憩所は家族で賑わっていました
1
青年の家へ
2015年08月09日 11:29撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年の家へ
青年の家入り口
普通はここで終了です(笑)
2015年08月09日 12:05撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年の家入り口
普通はここで終了です(笑)
2
飛騨高山スキ−場入り口
2015年08月09日 12:32撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨高山スキ−場入り口
なんとパスがあるみたいですが…
2015年08月09日 14:14撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとパスがあるみたいですが…
1
もくもくと高山に向かって歩きます
道端の花ががんばれ〜と言ってません(笑)
2015年08月09日 16:15撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もくもくと高山に向かって歩きます
道端の花ががんばれ〜と言ってません(笑)
2
岩の割れ目から水が滝のように流れ出ていました
これがご神体のようです
2015年08月09日 16:18撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の割れ目から水が滝のように流れ出ていました
これがご神体のようです
1
高山の大雄寺
2015年08月09日 16:48撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山の大雄寺
1
高山の街並み
2015年08月09日 16:54撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山の街並み
2
有名な高山の朝市が開かれるところです
2015年08月09日 17:00撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な高山の朝市が開かれるところです
1
高山駅到着
4日間の山行が終了しました
2015年08月09日 17:11撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山駅到着
4日間の山行が終了しました
2

感想/記録

ジャンダルムに行ってきました。
最初は、上高地と焼岳、そして乗鞍をつなげるつもりだったのですが、奥穂と西穂の間のジャンダルムが歩きたくなり年齢的に今しかないと思って遂に敢行。
結局、奥穂からジャンダムムを通過して焼岳、乗鞍を結ぶ天気に恵まれた四日間の充実した山行となりました。

また、今回は荷物はジャンダルム通過の目的ですべて小屋利用の軽量化としました。
尚、最終日の高山駅までの車道歩きは赤線つなぎの為のお遊びです(笑)。

詳細記録をやっと書きました。
四日間で長文なので読み飛ばしてください(自己記録なんで)

最初は上高地から焼岳を超えて乗鞍岳、そして高山に向かう計画だった。
だが、ふと気がついたジャンダルム。やがてこの山行のメインになってました(笑)。

初日は穂高岳山荘まで。最初は岳沢経由を考えたが、あのM的な登りがやはり嫌で歩いた事のない白出沢経由とする。唯、こちらのコースもなかなかの急登らしい。
新穂高温泉にバスで朝着き、林道を歩き出す。しばらく歩くと林道をショートカットする道に入り山道歩き。再び林道に戻ったところが穂高平小屋だった。ここから再び林道歩きとなり、やがて白出沢の出合に着いた。
ここから、いわゆるホントの登山道だ。気合いを入れて歩き出す。しばらくは緩やかな登りが続いて歩きやすい。やがて、白出岩道のレリーフが出て来て、何じゃこれはと思っていると重太郎橋が現れた。確かにこの橋は大雨の時はこれは通過出来ないかもしれない。今日は全然問題なく楽に通過。重太郎橋の先が白出岩道だった。岩をへつった道で落ちたらアウト。このあたりから登りもだんだんきつくなって来る。鉱石沢、荷継沢で休憩しながらゆっくり登る。荷継沢からいよいよ白出沢直登ルート。最初だけは傾斜も厳しくないが、すぐにきつくなる。雪渓が見え出す手前で休憩している人に後4時間だねと言われる。小屋がある鞍部は見えだしているが傾斜が半端なくきつい。そして雪渓を越えてから、傾斜はますます厳しく斜度も30度は絶対越えていると感じられた。しかし、4時間まではかからず雪渓のところから約2時間で穂高岳山荘に到着した。
この日は約四半世紀振りの小屋の食事で、かなり期待したが、期待が膨らみ過ぎたようで(笑)、それなりだった。

二日目、夜明け前に出発。今日はジャンダルムを越えて、できれば焼岳小屋まで行きたい。初っ端の奥穂のきつい登り。奥穂に近づくとなんとジャンから明かりが!こんな暗い中で西穂方面に歩くなんて信じらない。
奥穂で丁度夜が白みだした。ご来光は待たすに先を急ぐ。
いよいよ、西穂への道を歩き出す。西穂より直ぐにナイフリッジの馬の背が出てきた。途中で立ち往生。どうにも印の方向の足掛かりには足が届かない。思案の結果、なんとか足掛かりを見つけて馬の背を下り切る。下ってから振り返るとやはりあそこで立ち往生している。
それにしても浮き石が多い。ちょっと石にふれただけで、すごい音を立てながら信州側に落石をしてしまった。より慎重に歩く。ジャンが次第に近づいたあたりでなんと雷鳥の親子を発見。子供の雷鳥が可愛い。
ジャンは説明のとおり、信州側は巻き、西穂側から登る。ところが道がわからなくなる。直ぐそこに頂上が見えるので適当に直登したが、一歩間違えると落石を引き起こしかねない場所だった。
ようやくジャンの頂上に到着。憧れの山だ。天使に会えて感激する。
展望を楽しんだ後、やや飛騨側に回り込む正しい道でジャンを降りる。
ここから、天狗のコルまではどんどん下る。下りきった天狗のコルの前には天狗岩が聳え立つ。今度はほぼ垂直の岩を鎖があると言いながら登らされ天狗岩に到着。
そしてまた下らされ、間天のコルへ。再び登りで間ノ岳。此処は標識はなく岩に直接書かれいるのでわかりにくい。
間ノ岳を後に再び降り、西穂の手前の小ピークの手前で再び道を見失う。少しウロウロしたが、とにかく稜線へという形で移動する事で白ペンキを発見。ホッとする。最後は西穂の登りだ。手が疲れて来ているのでのがわかる。三点確保の連続だから無理もない。やっとの事で西穂によじ登った。
西穂到着。やり遂げた充実感と安堵感でいっぱい。
此処からは実線の登山道だ。普通の登山者もいて違和感を感じると共にジャンを越えて来た事に賞賛して欲しいという複雑な気持ち(笑)。
大切に持って来た白桃ゼリーを食べながら、改めてジャンを振り返る。
大休止後、西穂山荘に向かう。独標まではガレ場が多い。それを過ぎると普通の登山道。
西穂山荘は家族連れでいっぱい。此処にお昼前に到着したので余裕を持って焼岳小屋に向かえる。改めて、ジャンダルム通過を一人でビールでお祝い(笑)。ゆっくり再び休憩後、焼岳小屋に向かう。焼岳小屋までの道は樹林帯の中を進む平坦な道だが最後の割谷山の登りが疲れた身体にキツい。後少し頑張りと自分に言い聞かせ、焼岳小屋に到着。
焼岳小屋は昔ながらの小さな小屋だった。案外泊まる人も多く、どこから来たのと聞かれるとジャンダルムを越えてとちょっと照れながら答える。みんな、目を丸くするのは、ちょっと嬉しい。唯、明日は何処にという質問はちょっと困った。
焼岳小屋は小さな小屋だったが、食事も美味しく満足して就寝。

三日目、誰よりも早く小屋を出る。今日も長丁場だ。小屋から焼岳を越えて中新尾口までは当たり前のコースだが、その後、安房峠を越えて乗鞍岳肩まで行こうと考えている。焼岳への途中で日が出てきた。今日もいい天気だ。焼岳に近づくとにつれて硫黄の匂いがする。少し緊張する。焼岳北峰の登山道の横で噴気口から湯気が上がって見て更にビックリ!焼岳は正に火山の山だった。北峰到着後、北峰と南峰との鞍部に向かう。ここから新中の湯への道がある。
新中の湯への道は最初はカール状の地形をどんどん下る。道が平坦になった当たりに広場があり、ここからの焼岳の景色は天下一品。焼岳にも大満足して樹林帯の中を新中の湯へ向かった。
新中の湯からはしばらく安房峠の旧道歩き。結構、車が多く嫌になる。それに途中で猿の集団がいて怖かった。
安房峠を越えてからは平湯に下るが平湯までは降りたくない。ヤマレコの記事によると途中で平湯スキー場上部につながる林道があるようだ。頼みの綱のガーミンには載ってない。地図とにらめっこしながら、歩くとそれらしき林道があり、その林道を歩いて行くと平湯2キロの標識があるスキー場上部に出た。しばらくの炎天下のスキー場歩きを耐えると登山道入口に着いた。
登山道は道ははっきりしているが、歩く人はあまりいない感じ。歩きにくく、既に日も高く日陰でも涼しくない。十石山分岐に着いた時は既にヘロヘロだった。
後は稜線歩きと思っていたが、硫黄岳へは一旦下る、そしてまたその先でまた下る。疲れた体には辛い道だ。ゆっくりと進むしかない。硫黄岳の先のコマクサに励まされながら、乗鞍稜線を走るスカイラインに出た。
此処まで来ればもう大丈夫。車道を畳平まで歩き、畳平の食堂でビールをごくごく(笑)。
後は肩の小屋まで歩いて、今夜の宿に着く。
肩の小屋は普通の山小屋的な感じだが、個室タイプで布団の大きさが普通なのとコンセントがあるのがありがたかった。

四日目、今日も天気は良い。暗い中を皆さんゴソゴソしている。剣が峰のご来光が目的だろう。自分もゴソゴソ。ご来光ではなく高山までの長丁場だから(笑)。
剣が峰までは皆と一緒。剣が峰に着くと同室だった人に別れて告げて千町ヶ原に向かう。
降り口が良くわからない。下の鞍部には道は見えている。結局、降りやすそうな所をほぼ強引に下りきった。降り立った所に標識はあるがやはり剣が峰からの道はわからない
とりあえず、千町ヶ原への道ははっきりしているので歩く。大日岳を横切るところで二回程、巨石がゴロゴロしているところを通過する。印があまりなくて分かりにくい。でも中洞権現迄は快適な道だった。でも此処から一変する。道は遠目にははっきりしているが、歩くとハイマツが覆い被さっていて歩きにくい。半分ハイマツ漕ぎみたいな道でため息つきながら歩く。

途中でコレはまずいかもと思い、ズボンのポケットに入っている物をしまい直そうと思って手を入れたが既にメガネがハイマツに奪われていた(T_T)。地図を見ても良くわからないし、ガーミンも良く見えない(T_T)。手探り登山になってしまった。
気を取り直して歩き出し、やがて千町ヶ原の避難小屋につく。避難小屋から丸黒山に向かう道は分かりにくいが幸い避難小屋にいた方々がいて教えてもらえた。此処からは湿原が続いて綺麗。やっぱり来て良かった。また、道も笹払いして頂いていて非常に歩き易い。緩やかな下りがずっと続くが、最後の登りの丸黒山があらわれた。ひぃこら言いながら登る。やっと、登った丸黒山は乗鞍岳の大展望台だった。
四日間、無事に歩けた事に深く感謝しながら、感慨深く山を眺める。
後は下るだけと思ったが、青少年の家の手前で尾根を幾つか乗り越えさせられて、ヘロヘロ加速(笑)。
やがて、林道にでて青少年の家らしきところに着いたが、どうも現在位置がわからない。地図を見て、メガネがないから良く見えない(T_T)。
仕方なく高山方面は下りだろうと舗装道路を下り出す。
約30分程歩いて飛騨高山スキー場の入口に出た。これで現在位置がわかったが此処から、高山までは後20キロ。
赤線繋ぎは厄介な趣味である。ため息まじりに炎天下の中を歩き出す。
約1時半程歩くとなんとバス停がある。バスは30分後。非常に乗りたいが此処で乗ると次に此処から出発する必要がある。涙まじりに歩き続ける。高山近くなるとようやく食堂が出てくる。ほぼ休憩無しで歩いているので休みたいが、此処で止まると足がもう動かないほど悲鳴をあげている。
魅力的な飛騨牛とビールのお店を泣く泣く通り過ぎ、夕暮れ迫る頃、観光客に賑わう高山の街に着き、四日間の山旅は終わった。
訪問者数:922人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/18
投稿数: 448
2015/11/8 14:07
 羨ましい~!
momohiroさん 遅れたコメントで申し訳ありません。K-azmと申します。ジャンダルム拝見させていただきました。 羨ましい~! でも怖そ~ よくぞご無事でって感じですね。 私も他で岩陵帯の練習などを十分に積んだ後に是非チャレンジしてみます。体力のあるうちにとありましたが、それはごもっともな話ですよね。ある意味こればかりは…(笑)
貴重なレコありがとうございました。
登録日: 2011/10/11
投稿数: 354
2015/11/9 23:51
 Re: 羨ましい~!
k-azmさん、コメントありがとうございます。
ジャンダルムは天気がいい時にしっかり3点確保すれば全然大丈夫だと思います。
一番怖いのは浮石なので本当の意味での3点確保の体重移動が重要かなと思います。
それと、人の前後にくっつき過ぎると落石の迷惑を被ったり、落石のご迷惑をおかけしたりするので、その点も注意かなとは思います。
k-azmさんは高所恐怖症ではないようなので、大丈夫だと思いますよ。
登録日: 2013/2/18
投稿数: 448
2015/11/10 0:37
 Re[2]: 羨ましい~!
momohiroさん 返信とご教授までありがとうございます。K-azmです。
嬉しいようなお言葉を頂きましたが私も身の丈はわきまえている積もりです。まずは、谷川岳の西黒尾根、蝶ヶ岳~常念岳、奥穂高、槍ヶ岳、西穂高、唐松~五竜岳、槍ヶ岳~北穂高(大キレット)、白馬岳~唐松(不帰ノ嶮)、劔岳、そして最後にジャンダルム! このような岩陵帯計画を練っていますがいつになることやら(笑) まぁゆっくり楽しんでいきたいと考えています。 でも本当の意味で一番の試練は自分の布団でないと寝れないことをどう克服するかです(笑) 外泊は最大の苦手です…
この度はいろいろとありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ