ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915636 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

北アの奥地へ!新穂高から室堂(鷲羽岳〜水晶岳〜高天原温泉〜薬師岳〜五色ヶ原〜立山)縦走♪

日程 2016年07月10日(日) 〜 2016年07月12日(火)
メンバー kiyopon
天候3日とも午前中は快晴!
午後は雲が広がりました
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
○往路(7/10)
新穂高登山者用無料駐車場に駐車しました。
深夜到着で最上段はほぼ満車。下段は十分に空きがありました。

○復路(7/12)
室堂→美女平→立山→電鉄富山駅と移動(富山駅まで3630円)
富山駅から特急バス(富山地鉄)で新穂高へ移動(2060円)し車を回収しました。
バスの便は富山駅発15時05分と16時35分があるので、この2本に合わせて逆算して室堂に下山する必要があります。
なお、2本とも途中乗換が1回あります。
(詳細は下記URL)

(立山黒部アルペンルート時刻表)
http://www.alpen-route.com/access_new/

(特急バスー神岡・平湯温泉線)
http://www.chitetsu.co.jp/?page_id=758

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間0分
休憩
2時間11分
合計
14時間11分
S新穂高登山指導センター03:3004:29わさび平小屋04:3005:18秩父沢出合05:38イタドリが原05:55シシウドヶ原05:5806:32鏡池06:3506:36鏡平山荘07:22弓折乗越07:2507:43花見平08:0708:17くろゆりベンチ08:1808:41双六小屋08:5409:08双六岳巻道分岐10:20三俣峠10:42三俣山荘10:5211:43鷲羽岳11:5212:14ワリモ岳12:26ワリモ北分岐13:00水晶小屋13:1213:41水晶岳13:4714:18水晶小屋14:41ワリモ北分岐14:47岩苔乗越15:46水晶池分岐15:5016:18高天原山荘16:3516:55高天原温泉17:2017:41高天原山荘
2日目
山行
11時間53分
休憩
1時間34分
合計
13時間27分
高天原山荘03:3503:39高天原分岐04:17高天原峠04:2006:59薬師沢小屋07:1507:22カペッケが原07:51第三徒渉点08:23第二徒渉点08:28第一徒渉点08:3009:09太郎平小屋09:1909:32薬師峠09:4210:09薬師平10:42薬師岳山荘10:4611:08薬師岳避難小屋跡11:0911:20薬師岳11:4512:13北薬師岳12:1813:04間山13:31スゴ乗越小屋13:3713:58スゴ乗越15:29越中沢岳15:3516:38鳶山16:4417:02五色ヶ原山荘
3日目
山行
5時間37分
休憩
1時間5分
合計
6時間42分
五色ヶ原山荘04:1004:38ザラ峠04:4005:42獅子岳05:5006:20鬼岳東面06:46浄土山南峰06:4807:04一の越山荘07:1307:51雄山07:5508:07立山08:1208:15大汝休憩所08:4308:50富士ノ折立08:5110:08浄土橋10:1010:17雷鳥沢ヒュッテ10:1810:25雷鳥荘10:37みくりが池温泉10:3910:45みくりが池10:4610:52室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPS不調のため一日目は手書き。三日目はスタート後の五色ヶ原山荘〜ザラ峠間のログが欠損してしまっています。
ログ・歩行距離等に多少の誤差があると思います。
何でじゃ〜〜(T△T)

(標準コースタイム)
1日目:18時間40分 2日目:19時間05分 3日目:9時間15分
コース状況/
危険箇所等
☆全て一般ルートです。
☆今年は残雪が少なく、通してアイゼン等は必要ありません。

○新穂高〜双六〜三俣〜水晶
特別危険に感じるような個所はありません。
まだシーズン始まって間もないため、浮石に注意です。

○岩苔乗越〜高天原山荘
道は明瞭ですがぬかるみ多数。一部水没箇所がありますが通行には問題ありません。

前回訪れた時と同様に今回も水晶岳を直進し温泉沢ルートで降りる予定でいましたが、小屋で聞いたらまだ今シーズンの通行の情報が無いとのことで大事を取って迂回することにしました。

○高天原峠〜薬師沢小屋(大東新道)
まだ通行される方が少ないからか歩きにくい箇所多数。場所によっては滑落注意!
悪天続きのため草刈りが追い付いておらず、7/11時点でB沢周辺は藪になっていました。
また、黒部川奥の廊下は増水時は通行できません。
通行する際には最新の情報を得られることをおすすめします。

○薬師沢小屋〜太郎平小屋〜薬師岳
特別危険に感じるような箇所はありません。

○薬師岳〜スゴ乗越〜五色ヶ原
急傾斜のガレ場あり。浮石等に十分に注意が必要です。

○ザラ峠〜鬼岳〜竜王岳
例年遅くまで残る雪渓のトラバース箇所は丁寧にステップが切られています。
2か所雪渓を横切りますが、ともにアイゼン無しで問題ありません。

○一ノ越〜立山〜雷鳥沢〜室堂
特別危険に感じるような箇所はありません。
その他周辺情報○お泊り小屋
7/10 高天原山荘(夕食のみ8200円)
秘湯の高天原温泉(からまつの湯、混浴)は小屋から下り約20分ほどの沢沿いにあります。
夕食はカレー。この日の宿泊者は計5人でした。

7/11 五色ヶ原山荘(夕食+弁当9500円)
雲上の広大な湿原・池塘に囲まれた好立地。
この日の宿泊者は計3人でした。
http://www.goshikigahara.com/f_sanso.htm

○温泉
今回も新穂高の「ひがくの湯」で入浴しました。
通常700円ですが、登山者であることを伝えると100円引きになります。

○下山後夕食
「松花」(蕎麦・定食や)
松本市のお店です。帰り道によく寄ります。
(食べログ)http://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20016862/
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水は2L+α持参。各所で水分補給できるので常に1L以上確保しておくようにしました。

写真

朝、暗いうちに登山届を出して新穂高を出発します。
本当は0時台に出たかったのですが、雨が止まず出発を遅らせることにしました。
2016年07月10日 03:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、暗いうちに登山届を出して新穂高を出発します。
本当は0時台に出たかったのですが、雨が止まず出発を遅らせることにしました。
4
左俣林道を進みます。
斜面ではヤマアジサイが見頃。
2016年07月10日 03:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣林道を進みます。
斜面ではヤマアジサイが見頃。
4
オオヤマレンゲ。暗闇に目立つ純白の大きな花。
今年は例年より開花が進んでいるようでした。
2016年07月10日 04:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲ。暗闇に目立つ純白の大きな花。
今年は例年より開花が進んでいるようでした。
13
わさび平小屋を過ぎてあたりは明るくなります。
ミソガワソウと朝から忙しく飛び回る蜂。
2016年07月10日 04:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋を過ぎてあたりは明るくなります。
ミソガワソウと朝から忙しく飛び回る蜂。
3
雨上がりのノアザミ。
2016年07月10日 04:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がりのノアザミ。
7
ウツボグサも細かな水滴が張り付きます。
2016年07月10日 04:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウツボグサも細かな水滴が張り付きます。
5
秩父沢を渡ります。
大して増水していないようだったのでこの先も一安心。
2016年07月10日 05:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父沢を渡ります。
大して増水していないようだったのでこの先も一安心。
6
登山道はミズキの花が満開。
2016年07月10日 05:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はミズキの花が満開。
4
ムラサキヤシオ。
咲き残りです。
2016年07月10日 05:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ。
咲き残りです。
3
雲を突き抜けて焼岳と乗鞍岳。
2016年07月10日 05:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲を突き抜けて焼岳と乗鞍岳。
7
オガラバナ。
穂状に花が咲きますがカエデの仲間です。
2016年07月10日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オガラバナ。
穂状に花が咲きますがカエデの仲間です。
3
シシウドヶ原でひと休み。
天気が良ければ展望に恵まれます。
2016年07月10日 05:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウドヶ原でひと休み。
天気が良ければ展望に恵まれます。
2
北穂〜涸沢岳〜奥穂〜ジャン〜天狗〜間ノ岳〜赤岩岳〜西穂と全部見えています。
2016年07月10日 05:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂〜涸沢岳〜奥穂〜ジャン〜天狗〜間ノ岳〜赤岩岳〜西穂と全部見えています。
5
水滴るアカモノの花。
2016年07月10日 06:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水滴るアカモノの花。
6
マイヅルソウとゴゼンタチバナ。
2016年07月10日 06:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウとゴゼンタチバナ。
2
オオバタケシマランにも水滴が付きます。
2016年07月10日 06:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバタケシマランにも水滴が付きます。
7
オオヒョウタンボクの花。咲きたて。
2016年07月10日 06:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヒョウタンボクの花。咲きたて。
4
ベニバナイチゴ。水滴にピントを合わせてみます。
2016年07月10日 06:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベニバナイチゴ。水滴にピントを合わせてみます。
2
オオレイジンソウ。咲き始めのようです。
2016年07月10日 06:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオレイジンソウ。咲き始めのようです。
3
オオバミゾホオズキ。
足元で群生し黄色い花を付けます。
2016年07月10日 06:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバミゾホオズキ。
足元で群生し黄色い花を付けます。
3
クロツリバナ。これも水滴が綺麗でした。
2016年07月10日 06:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロツリバナ。これも水滴が綺麗でした。
3
クルマユリ。色鮮やかなオレンジ色の花。
雨上がりだからでしょうか。花弁は反り返っていません。
2016年07月10日 06:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ。色鮮やかなオレンジ色の花。
雨上がりだからでしょうか。花弁は反り返っていません。
4
朝日を受けてきらきら光るミツバオウレン。
2016年07月10日 06:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を受けてきらきら光るミツバオウレン。
5
ミツバオウレンとイワカガミ。
咲きたてで瑞々しいです。
2016年07月10日 06:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレンとイワカガミ。
咲きたてで瑞々しいです。
2
鏡池に到着。
槍の穂先が水面に映ります。
2016年07月10日 06:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池に到着。
槍の穂先が水面に映ります。
12
鏡平山荘。いよいよ森林限界が近づきます。
2016年07月10日 06:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘。いよいよ森林限界が近づきます。
5
ツマトリソウとゴゼンタチバナ。
2016年07月10日 06:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウとゴゼンタチバナ。
1
斜面を登っていくと、弓折中段あたりからチングルマ。
お花の多い登山道をさらに登っていきます。
2016年07月10日 06:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を登っていくと、弓折中段あたりからチングルマ。
お花の多い登山道をさらに登っていきます。
6
オオバキスミレや
2016年07月10日 06:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバキスミレや
3
ショウジョウバカマ。
このあたりは雪解けが遅めです。
2016年07月10日 07:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
このあたりは雪解けが遅めです。
2
青空にシナノキンバイ。
2016年07月10日 07:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空にシナノキンバイ。
7
ミヤマキンポウゲもたくさん咲いています。
2016年07月10日 07:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲもたくさん咲いています。
7
咲き始めたコバイケイソウの花。
今年はどうも外れ年のようです。
2016年07月10日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き始めたコバイケイソウの花。
今年はどうも外れ年のようです。
6
タカネグンナイフウロ。
2016年07月10日 07:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネグンナイフウロ。
4
エゾシオガマ。
クリーム色の花を咲かせます。
2016年07月10日 07:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾシオガマ。
クリーム色の花を咲かせます。
3
ミヤマキンバイ。
2016年07月10日 07:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
3
槍ヶ岳とチングルマ。
2016年07月10日 07:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳とチングルマ。
8
弓折峠へ。
ハクサンイチゲやシナノキンバイのお花畑が広がります。
2016年07月10日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折峠へ。
ハクサンイチゲやシナノキンバイのお花畑が広がります。
2
青空に開く鮮やかな黄色。
2016年07月10日 07:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に開く鮮やかな黄色。
6
アラシグサ。小さな花。
2016年07月10日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アラシグサ。小さな花。
1
ハクサンチドリ。濃い紫色が所々に。
2016年07月10日 07:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。濃い紫色が所々に。
2
ダイモンジソウ。次々と咲き始めています。
2016年07月10日 07:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウ。次々と咲き始めています。
6
弓折峠からは展望の稜線歩き。
遠くには白山の姿も。
2016年07月10日 07:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折峠からは展望の稜線歩き。
遠くには白山の姿も。
3
雨粒光るニッコウキスゲ
2016年07月10日 07:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨粒光るニッコウキスゲ
5
ノウゴウイチゴ。
2016年07月10日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノウゴウイチゴ。
1
ハクサンイチゲと槍ヶ岳。
2016年07月10日 07:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲと槍ヶ岳。
11
稜線はお花畑です。
バックは抜戸岳。さらに左奥に見えているのは乗鞍岳。
2016年07月10日 07:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はお花畑です。
バックは抜戸岳。さらに左奥に見えているのは乗鞍岳。
5
ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、ハクサンチドリ。
白、黄、紫。鮮やかです。
2016年07月10日 07:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、ハクサンチドリ。
白、黄、紫。鮮やかです。
6
咲いているのはミヤマリンドウ。
濃青色の小さな花。1か月くらい早いでしょうか。
2016年07月10日 07:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲いているのはミヤマリンドウ。
濃青色の小さな花。1か月くらい早いでしょうか。
5
咲きたてのハクサンフウロ。
2016年07月10日 07:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲きたてのハクサンフウロ。
4
花見平へ。
ここは毎年素晴らしいお花畑が広がります。
2016年07月10日 07:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花見平へ。
ここは毎年素晴らしいお花畑が広がります。
13
シナノキンバイとハクサンイチゲの競演。
2016年07月10日 07:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイとハクサンイチゲの競演。
4
奥には鷲羽岳が見えています。
2016年07月10日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥には鷲羽岳が見えています。
9
咲き始めのものが多く場所によっては見ごろ。
暫く時間を忘れて写真に収めました。
2016年07月10日 08:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き始めのものが多く場所によっては見ごろ。
暫く時間を忘れて写真に収めました。
4
青空とハクサンイチゲ。
2016年07月10日 08:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とハクサンイチゲ。
6
ここは楽園です♪
2016年07月10日 08:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは楽園です♪
7
少し進むとイワカガミとアオノツガザクラ。
2016年07月10日 08:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むとイワカガミとアオノツガザクラ。
3
歩いてきた稜線を振り返ります。
奥は抜戸岳。
2016年07月10日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返ります。
奥は抜戸岳。
7
右手の槍〜穂高の稜線を横目に見ながら。
2016年07月10日 08:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の槍〜穂高の稜線を横目に見ながら。
4
クロユリベンチあたりはミヤマクロユリが多く咲きます。
2016年07月10日 08:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロユリベンチあたりはミヤマクロユリが多く咲きます。
7
キヌガサソウの群生も。
2016年07月10日 08:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウの群生も。
8
遠くに双六小屋が見えてきました。
さらに奥には鷲羽岳が控えます。
2016年07月10日 08:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに双六小屋が見えてきました。
さらに奥には鷲羽岳が控えます。
9
青空と双六岳へのなだらかな斜面。
2016年07月10日 08:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と双六岳へのなだらかな斜面。
7
付け根には双六池。奥には抜戸岳〜笠ヶ岳が見えていました。
2016年07月10日 08:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
付け根には双六池。奥には抜戸岳〜笠ヶ岳が見えていました。
7
双六小屋に到着。
行動食を採って少し長めの休憩。
2016年07月10日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋に到着。
行動食を採って少し長めの休憩。
3
巻道ルートの分岐点までは急登。
ふと上を見上げると飛行機雲が印象的でした。
2016年07月10日 09:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道ルートの分岐点までは急登。
ふと上を見上げると飛行機雲が印象的でした。
10
展望とお花畑の巻道ルートを進みます。
写真右の鷲羽岳のさらに左奥には水晶岳も見えています。
2016年07月10日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望とお花畑の巻道ルートを進みます。
写真右の鷲羽岳のさらに左奥には水晶岳も見えています。
5
満開のアオノツガザクラがお出迎え。
2016年07月10日 09:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開のアオノツガザクラがお出迎え。
7
あたりはチングルマもたくさん。
2016年07月10日 09:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはチングルマもたくさん。
8
ハクサンイチゲと鷲羽岳。
2016年07月10日 09:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲと鷲羽岳。
4
ハクサンイチゲと鷲羽岳その2。
2016年07月10日 09:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲと鷲羽岳その2。
12
丸山、水晶岳、鷲羽岳と並びます。
2016年07月10日 09:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山、水晶岳、鷲羽岳と並びます。
6
丸山の斜面には雪が所々に残ります。
2016年07月10日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山の斜面には雪が所々に残ります。
4
雪渓から直に流れ落ちる沢水。
とても冷たくて気持ちのいい水です。
2016年07月10日 09:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓から直に流れ落ちる沢水。
とても冷たくて気持ちのいい水です。
6
再びお花畑。
ミヤマキンポウゲや
2016年07月10日 09:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びお花畑。
ミヤマキンポウゲや
4
ハクサンイチゲ。どこを見ても咲いています。
2016年07月10日 09:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。どこを見ても咲いています。
3
チングルマとイワカガミ。
左奥に槍ヶ岳を入れてみます。
2016年07月10日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマとイワカガミ。
左奥に槍ヶ岳を入れてみます。
8
チングルマとイワカガミ。
2016年07月10日 10:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマとイワカガミ。
4
手前のハクサンイチゲ。鷲羽岳が近くなります。
2016年07月10日 10:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前のハクサンイチゲ。鷲羽岳が近くなります。
7
三俣蓮華岳とハクサンイチゲ。
2016年07月10日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳とハクサンイチゲ。
7
まだ残雪たっぷりの丸山。
2016年07月10日 10:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ残雪たっぷりの丸山。
4
雪斜面とハクサンイチゲ。
2016年07月10日 10:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪斜面とハクサンイチゲ。
5
三俣峠を過ぎ、斜面を降りていくと正面に鷲羽岳。
両翼を大きく広げた鷲のように見えます。
2016年07月10日 10:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣峠を過ぎ、斜面を降りていくと正面に鷲羽岳。
両翼を大きく広げた鷲のように見えます。
6
三俣山荘に到着。天気が良いので一斉に布団干しです。
ひと休みして鷲羽岳への長い登りに入ります。
2016年07月10日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘に到着。天気が良いので一斉に布団干しです。
ひと休みして鷲羽岳への長い登りに入ります。
6
暫く登り振り返れば双六岳、丸山、三俣蓮華岳の展望。
2016年07月10日 11:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く登り振り返れば双六岳、丸山、三俣蓮華岳の展望。
5
右へ。黒部五郎岳に北ノ俣岳。
またすぐにでも歩きに行きたい稜線です。
2016年07月10日 11:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ。黒部五郎岳に北ノ俣岳。
またすぐにでも歩きに行きたい稜線です。
4
黒部五郎岳をアップで。
あちらのカールでも高山植物が見ごろになっているでしょうか。
2016年07月10日 11:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳をアップで。
あちらのカールでも高山植物が見ごろになっているでしょうか。
7
三俣蓮華岳の右奥に笠ヶ岳が姿を見せました。
2016年07月10日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳の右奥に笠ヶ岳が姿を見せました。
4
祖父岳の右には薬師岳。
2016年07月10日 11:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳の右には薬師岳。
3
眼下に鷲羽池と奥には槍〜表銀座の稜線が続きます。
2016年07月10日 11:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に鷲羽池と奥には槍〜表銀座の稜線が続きます。
13
登り切って鷲羽岳山頂!
方角によってはだいぶ雲が増えてきてしまいました。
2016年07月10日 11:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切って鷲羽岳山頂!
方角によってはだいぶ雲が増えてきてしまいました。
8
大展望の鷲羽岳。
まずは表銀座方面。大天井岳と右には常念岳。
2016年07月10日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望の鷲羽岳。
まずは表銀座方面。大天井岳と右には常念岳。
5
左へ。先日歩いた燕岳(中央)。右は燕山荘が見えます。
2016年07月10日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ。先日歩いた燕岳(中央)。右は燕山荘が見えます。
4
反対側は裏銀座方面。中央には大きくなだらかな野口五郎岳。
2016年07月10日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側は裏銀座方面。中央には大きくなだらかな野口五郎岳。
6
後立山方面。手前に針ノ木岳。奥には右から鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬三山と続きます。
2016年07月10日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山方面。手前に針ノ木岳。奥には右から鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬三山と続きます。
6
気持ちが良いので飛んでみる。
2016年07月10日 11:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちが良いので飛んでみる。
26
さて、本命の水晶岳を目指します。
2016年07月10日 11:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、本命の水晶岳を目指します。
7
ミヤマキンバイとワリモ岳への稜線。
2016年07月10日 11:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイとワリモ岳への稜線。
3
咲き始めのミヤマクワガタ。
2016年07月10日 12:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き始めのミヤマクワガタ。
4
イワオウギも。
2016年07月10日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオウギも。
3
稜線に咲くクモマスミレ。
2016年07月10日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に咲くクモマスミレ。
4
次々と咲き出すシコタンソウ。
2016年07月10日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々と咲き出すシコタンソウ。
8
振り返って鷲羽岳をバックに。
2016年07月10日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って鷲羽岳をバックに。
2
イワウメも満開。
2016年07月10日 12:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウメも満開。
6
ミヤマダイコンソウ。
2016年07月10日 12:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ。
2
鷲羽岳が遠く離れていきます。
2016年07月10日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳が遠く離れていきます。
4
ワリモ岳を通過しワリモ北分岐へ。
この時点では水晶岳を直進し温泉沢ルートを降りる選択肢もあったので荷物はデポせずそのまま通過。
2016年07月10日 12:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳を通過しワリモ北分岐へ。
この時点では水晶岳を直進し温泉沢ルートを降りる選択肢もあったので荷物はデポせずそのまま通過。
1
懐深い水晶岳。この位置からは奥行きが感じられます。
2016年07月10日 12:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐深い水晶岳。この位置からは奥行きが感じられます。
5
岩の隙間からミヤマタネツケバナ。
2016年07月10日 12:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間からミヤマタネツケバナ。
5
イワヒゲも。
2016年07月10日 12:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒゲも。
3
このあたりもハクサンイチゲが多く咲きます。
水晶岳をバックに。
2016年07月10日 12:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりもハクサンイチゲが多く咲きます。
水晶岳をバックに。
2
雪解け遅く、キバナシャクナゲが満開でした。
2016年07月10日 12:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解け遅く、キバナシャクナゲが満開でした。
5
水晶小屋への登り斜面ではミヤマミミナグサ。
2016年07月10日 12:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋への登り斜面ではミヤマミミナグサ。
2
チョウノスケソウ。
2016年07月10日 12:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ。
9
黄色鮮やかなイワベンケイや
2016年07月10日 12:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色鮮やかなイワベンケイや
3
ミヤマオダマキも。
2016年07月10日 12:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマオダマキも。
4
タカネツメクサは咲き始め。
2016年07月10日 12:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネツメクサは咲き始め。
2
こちらはタカネシオガマ。
ミヤマシオガマほど葉は細かく切れ込みません。
2016年07月10日 12:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはタカネシオガマ。
ミヤマシオガマほど葉は細かく切れ込みません。
2
歩いてきた鷲羽岳、ワリモ岳の展望。
初めて歩いた時感動した記憶が蘇ります。
2016年07月10日 12:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた鷲羽岳、ワリモ岳の展望。
初めて歩いた時感動した記憶が蘇ります。
4
水晶小屋から遥か遠くに黒部湖の展望。
2016年07月10日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋から遥か遠くに黒部湖の展望。
5
その奥には立山、剱岳。よく見えています。
2016年07月10日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その奥には立山、剱岳。よく見えています。
8
水晶小屋と裏銀座縦走路。
荷物をデポして水晶岳を往復してきます。
2016年07月10日 13:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋と裏銀座縦走路。
荷物をデポして水晶岳を往復してきます。
6
正面に山頂を見据え、なだらかな稜線を進みます。
2016年07月10日 13:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に山頂を見据え、なだらかな稜線を進みます。
3
左手には雲ノ平方面。
日本最後の秘境。周りを谷に囲まれ、上から眺めても異質な地形をしているように思えます。
2016年07月10日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には雲ノ平方面。
日本最後の秘境。周りを谷に囲まれ、上から眺めても異質な地形をしているように思えます。
6
近づくとギザギザした山容の水晶岳。
斜面にはまだ雪が多く残ります。
2016年07月10日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づくとギザギザした山容の水晶岳。
斜面にはまだ雪が多く残ります。
5
登山道には花も。
タカネヤハズハハコ。
2016年07月10日 13:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道には花も。
タカネヤハズハハコ。
3
イワツメクサも。
2016年07月10日 13:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサも。
6
岩の隙間からはツガザクラが満開。
2016年07月10日 13:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間からはツガザクラが満開。
7
ホソバツメクサ。小さな星形の花。
2016年07月10日 13:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバツメクサ。小さな星形の花。
6
ウラジロキンバイ。葉は銀白色。
2016年07月10日 13:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロキンバイ。葉は銀白色。
4
名前の由来ともなっている水晶。
登山道上の岩に含まれています。
2016年07月10日 13:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の由来ともなっている水晶。
登山道上の岩に含まれています。
10
斜面を巻きながら進んでいくと山頂が見えてきました。
2016年07月10日 13:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を巻きながら進んでいくと山頂が見えてきました。
2
登り切って水晶岳山頂!思い入れの深い山の一つ。
2016年07月10日 13:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切って水晶岳山頂!思い入れの深い山の一つ。
5
今回で7回目?8回目?毎年のように登りに来ています。
2016年07月10日 13:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回で7回目?8回目?毎年のように登りに来ています。
22
水晶岳から赤牛岳方面。
2016年07月10日 13:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳から赤牛岳方面。
8
裏銀座縦走路と頭上に広がる雲。
2016年07月10日 13:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座縦走路と頭上に広がる雲。
3
左手には翌日登る薬師岳。
2016年07月10日 13:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には翌日登る薬師岳。
3
鷲羽岳と左奥には一旦雲に隠れた槍ヶ岳が再び姿を見せていました。
2016年07月10日 13:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳と左奥には一旦雲に隠れた槍ヶ岳が再び姿を見せていました。
7
復路も花を撮りながら。
すぐ足元に咲くチングルマが綺麗でした。
2016年07月10日 14:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路も花を撮りながら。
すぐ足元に咲くチングルマが綺麗でした。
5
ミネズオウの小さな花。
2016年07月10日 14:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネズオウの小さな花。
5
コメバツガザクラ。
2016年07月10日 14:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コメバツガザクラ。
2
再び水晶小屋へ戻ります。
高天原山荘に電話し少し遅れるかもしれない旨を伝えておきます。
2016年07月10日 14:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び水晶小屋へ戻ります。
高天原山荘に電話し少し遅れるかもしれない旨を伝えておきます。
5
ワリモ北分岐から岩苔乗越へと降ります。
正面にはなだらかな山容の祖父岳。
2016年07月10日 14:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐から岩苔乗越へと降ります。
正面にはなだらかな山容の祖父岳。
3
岩苔乗越から高天原へと岩苔小谷沿いに降りていきます。
2016年07月10日 14:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔乗越から高天原へと岩苔小谷沿いに降りていきます。
3
水場付近にはミヤマキンポウゲの群生。
2016年07月10日 14:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場付近にはミヤマキンポウゲの群生。
4
小さな薄紫色の花。ヒメクワガタです。
2016年07月10日 14:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな薄紫色の花。ヒメクワガタです。
7
すぐ傍にはヒメイワショウブも。
2016年07月10日 14:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ傍にはヒメイワショウブも。
3
高い雪壁を振り返ります。
2016年07月10日 14:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高い雪壁を振り返ります。
2
あたりはチングルマとアオノツガザクラが満開!
2016年07月10日 14:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはチングルマとアオノツガザクラが満開!
7
斜面を覆い尽くすように咲いていました。
2016年07月10日 14:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を覆い尽くすように咲いていました。
3
シナノキンバイとハクサンイチゲのお花畑も。
2016年07月10日 15:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイとハクサンイチゲのお花畑も。
5
途中には渡渉箇所もあり。
ぐんぐん下っていきます。
2016年07月10日 15:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中には渡渉箇所もあり。
ぐんぐん下っていきます。
3
樹林帯へ入ります。
倒木の上でアオダイショウがのんびりしていました。
近づいても逃げず思い思いに。
2016年07月10日 15:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯へ入ります。
倒木の上でアオダイショウがのんびりしていました。
近づいても逃げず思い思いに。
9
足元にはタニギキョウの小さな花も。
2016年07月10日 15:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元にはタニギキョウの小さな花も。
4
見上げる水晶岳。
2016年07月10日 15:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる水晶岳。
3
木道へ降りてきました。
水晶岳を遥か上方に望みます。
2016年07月10日 16:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道へ降りてきました。
水晶岳を遥か上方に望みます。
2
あたりはササや湿原が広がる平らな大地。
高天原山荘はもう少しです。
2016年07月10日 16:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはササや湿原が広がる平らな大地。
高天原山荘はもう少しです。
3
青空とニッコウキスゲ。
2016年07月10日 16:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とニッコウキスゲ。
4
高天原山荘に到着。ここは2回目の訪問。
小屋番さんがまだ戻られていないということで受け付けは後回し。一旦荷物を置かせてもらい秘湯高天原温泉へ向かうことにします。
2016年07月10日 16:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原山荘に到着。ここは2回目の訪問。
小屋番さんがまだ戻られていないということで受け付けは後回し。一旦荷物を置かせてもらい秘湯高天原温泉へ向かうことにします。
7
20分ほど下ると沢沿いにある高天原温泉からまつの湯に到着です。
この日小屋でご一緒した夫婦がちょうど出られた後でタイミングよく入れました。
2016年07月10日 16:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分ほど下ると沢沿いにある高天原温泉からまつの湯に到着です。
この日小屋でご一緒した夫婦がちょうど出られた後でタイミングよく入れました。
15
一日の疲れも吹っ飛ぶくらい気持ちの良いお風呂。
身体が軽くなったような気がしますね。
2016年07月10日 16:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一日の疲れも吹っ飛ぶくらい気持ちの良いお風呂。
身体が軽くなったような気がしますね。
14
からまつの湯の対岸(登山道から手前側)には小さな露天もあります。
最後にこちらに入り、すぐ脇の沢で頭を洗い流しサッパリ。
2016年07月10日 17:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
からまつの湯の対岸(登山道から手前側)には小さな露天もあります。
最後にこちらに入り、すぐ脇の沢で頭を洗い流しサッパリ。
7
温泉のすぐ横を流れる温泉沢。
日本一遠い温泉、秘湯中の秘湯と言われるだけのこともあり、絶好のロケーションを誇ります。
2016年07月10日 17:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉のすぐ横を流れる温泉沢。
日本一遠い温泉、秘湯中の秘湯と言われるだけのこともあり、絶好のロケーションを誇ります。
5
帰りは登り坂。ムシトリスミレを見つけました。
日は既に傾き沈み始め、それほど汗をかかずに小屋へ戻ることができました。
2016年07月10日 17:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは登り坂。ムシトリスミレを見つけました。
日は既に傾き沈み始め、それほど汗をかかずに小屋へ戻ることができました。
5
再び高天原山荘へ。この日の宿泊は計5人。
受付を済ませ、夕食のカレー(辛かったです)にビールを飲めばもう19時前にはぐっすりです。
2016年07月10日 17:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び高天原山荘へ。この日の宿泊は計5人。
受付を済ませ、夕食のカレー(辛かったです)にビールを飲めばもう19時前にはぐっすりです。
5
二日目。
朝は3時起床。3時半に出発します。
湿原ではわたすげが暗闇に光ります。
2016年07月11日 03:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目。
朝は3時起床。3時半に出発します。
湿原ではわたすげが暗闇に光ります。
3
岩苔小谷を渡り高天原峠へ登りに入ります。
2016年07月11日 03:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔小谷を渡り高天原峠へ登りに入ります。
1
高天原峠。
前回来たときは雲ノ平へ登りました。
今回はここから谷へ向かって一気に下ります。
2016年07月11日 04:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原峠。
前回来たときは雲ノ平へ登りました。
今回はここから谷へ向かって一気に下ります。
1
木々の間から薬師岳。
空が焼けてきます。
2016年07月11日 04:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から薬師岳。
空が焼けてきます。
3
沢沿いにはオタカラコウ。
2016年07月11日 04:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いにはオタカラコウ。
2
急斜面を巻きながら徐々に下っていく大東新道。
途中、E〜A沢の5本の沢を渡ります。写真はD沢の渡渉ポイント。
2016年07月11日 04:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を巻きながら徐々に下っていく大東新道。
途中、E〜A沢の5本の沢を渡ります。写真はD沢の渡渉ポイント。
1
C沢の上部には滝が見えました。
2016年07月11日 05:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
C沢の上部には滝が見えました。
1
そういえば前日は濡れていて撮っていなかったモミジカラマツ。
あたりに群生していました。
2016年07月11日 05:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そういえば前日は濡れていて撮っていなかったモミジカラマツ。
あたりに群生していました。
4
B沢への下り道は藪漕ぎ。ここ数日中には草刈りが行われることと思われます。
ここまで草刈りに来られる小屋関係者の方々には感謝です。
2016年07月11日 05:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B沢への下り道は藪漕ぎ。ここ数日中には草刈りが行われることと思われます。
ここまで草刈りに来られる小屋関係者の方々には感謝です。
1
草が茂っていて方向が分かりづらいな〜と思っていたら可愛らしい丁寧な看板が立っていました。
2016年07月11日 05:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草が茂っていて方向が分かりづらいな〜と思っていたら可愛らしい丁寧な看板が立っていました。
6
黒部川奥の廊下へ向かってB沢沿いに下っていきます。
2016年07月11日 05:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川奥の廊下へ向かってB沢沿いに下っていきます。
1
B沢の渡渉ポイント。
手頃な岩が無く少し苦戦しました。
2016年07月11日 05:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B沢の渡渉ポイント。
手頃な岩が無く少し苦戦しました。
3
黒部川奥の廊下。流れが速い沢を遡っていきます。
2016年07月11日 05:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川奥の廊下。流れが速い沢を遡っていきます。
5
草地にはベニバナイチヤクソウ。
2016年07月11日 06:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草地にはベニバナイチヤクソウ。
4
6時半を過ぎ、後方から朝の強い日差しを受けるようになります。
2016年07月11日 06:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時半を過ぎ、後方から朝の強い日差しを受けるようになります。
3
轟音を立てて流れる沢のすぐ横を進みます。
2016年07月11日 06:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
轟音を立てて流れる沢のすぐ横を進みます。
2
天気が良ければ綺麗な場所です。
2016年07月11日 06:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良ければ綺麗な場所です。
6
あたりはフキユキノシタが群生。
2016年07月11日 06:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはフキユキノシタが群生。
6
ちょっとしたトラブルがあったので、薬師沢小屋が見えた時にはほっと一安心でした。
2016年07月11日 06:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとしたトラブルがあったので、薬師沢小屋が見えた時にはほっと一安心でした。
3
吊り橋を渡れば薬師沢小屋に到着です。
2016年07月11日 07:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡れば薬師沢小屋に到着です。
3
横幅は30cmくらいでしょうか(笑)
2016年07月11日 07:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横幅は30cmくらいでしょうか(笑)
2
薬師沢小屋でひと休みし、太郎平小屋へと向かいます。
登山道にはミヤマママコナ。
2016年07月11日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋でひと休みし、太郎平小屋へと向かいます。
登山道にはミヤマママコナ。
2
標高の低い場所ではチングルマはふさふさの果穂に。
2016年07月11日 07:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高の低い場所ではチングルマはふさふさの果穂に。
3
緩やかな登り坂、快適な木道歩きが続きます。
2016年07月11日 07:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登り坂、快適な木道歩きが続きます。
2
所々でニッコウキスゲの群生。
2016年07月11日 07:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々でニッコウキスゲの群生。
3
イワイチョウの花も。
2016年07月11日 08:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウの花も。
1
湿り気の多い場所から咲くのはリュウキンカでしょうか。
小ぶりでイレギュラーな感じでした。
2016年07月11日 08:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿り気の多い場所から咲くのはリュウキンカでしょうか。
小ぶりでイレギュラーな感じでした。
2
シロウマチドリ。あまり目立たない黄緑色の花。
2016年07月11日 08:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロウマチドリ。あまり目立たない黄緑色の花。
5
ヨツバシオガマ群生。
2016年07月11日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ群生。
3
再び森林限界の草原へ。
ニッコウキスゲと遠くに薬師岳。
2016年07月11日 08:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び森林限界の草原へ。
ニッコウキスゲと遠くに薬師岳。
4
タテヤマリンドウもたくさん咲いていました。
このあたりのタテヤマリンドウは白の強いものが多いです。
2016年07月11日 09:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウもたくさん咲いていました。
このあたりのタテヤマリンドウは白の強いものが多いです。
6
あたりはチングルマが満開!
2016年07月11日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはチングルマが満開!
6
チングルマ咲く斜面と薬師岳。
2016年07月11日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ咲く斜面と薬師岳。
12
風吹き抜ける木道歩き。太郎平小屋に到着しました。
2016年07月11日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹き抜ける木道歩き。太郎平小屋に到着しました。
7
池塘の奥に見えるのは鍬崎山かな。
2016年07月11日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘の奥に見えるのは鍬崎山かな。
7
薬師峠先の沢近くでウサギギク。
2016年07月11日 09:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師峠先の沢近くでウサギギク。
2
ひと休みしていたら文字盤がお気に召したご様子。
2016年07月11日 10:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと休みしていたら文字盤がお気に召したご様子。
5
薬師平へ。
平原の奥には槍ヶ岳、三俣蓮華岳、丸山、双六岳。
2016年07月11日 10:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師平へ。
平原の奥には槍ヶ岳、三俣蓮華岳、丸山、双六岳。
6
登り斜面は至る所でお花畑!
薬師岳をバックにチングルマ。
2016年07月11日 10:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り斜面は至る所でお花畑!
薬師岳をバックにチングルマ。
2
チングルマ満開の斜面。
2016年07月11日 10:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ満開の斜面。
6
この日もシナノキンバイにハクサンイチゲのお花畑。
2016年07月11日 10:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日もシナノキンバイにハクサンイチゲのお花畑。
1
青空に向かって次々と花を咲かす。
2016年07月11日 10:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に向かって次々と花を咲かす。
5
コシジオウレン(ミツバノバイカオウレン)は咲き終わり。
そういえば6月に折立からの登り途中にもたくさん咲いていたっけ。
2016年07月11日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシジオウレン(ミツバノバイカオウレン)は咲き終わり。
そういえば6月に折立からの登り途中にもたくさん咲いていたっけ。
5
しつこいですがチングルマが綺麗だったのでもう1枚。
2016年07月11日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこいですがチングルマが綺麗だったのでもう1枚。
6
振り返れば黒部五郎岳、北ノ俣岳の展望。
左奥の三俣蓮華岳のさらに奥には槍ヶ岳。
2016年07月11日 10:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば黒部五郎岳、北ノ俣岳の展望。
左奥の三俣蓮華岳のさらに奥には槍ヶ岳。
2
折立への長い尾根道の向こう、有峰湖が見えていました。
2016年07月11日 10:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折立への長い尾根道の向こう、有峰湖が見えていました。
5
長い登りを終えると一旦傾斜が緩やかになり薬師岳山荘が見えてきます。
2016年07月11日 10:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い登りを終えると一旦傾斜が緩やかになり薬師岳山荘が見えてきます。
8
快晴の青空の下、登っていきます。
2016年07月11日 11:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の青空の下、登っていきます。
3
黒部五郎岳と笠ヶ岳。その間にはうっすら乗鞍岳。さらに右奥には御嶽山。
2016年07月11日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳と笠ヶ岳。その間にはうっすら乗鞍岳。さらに右奥には御嶽山。
4
槍ヶ岳〜穂高連峰の岩稜帯もよく見えています。
2016年07月11日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳〜穂高連峰の岩稜帯もよく見えています。
6
快晴の山頂へ!
2016年07月11日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の山頂へ!
3
薬師岳山頂に到着。
涼しい風が吹き、暫く休憩することにしました。
2016年07月11日 11:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂に到着。
涼しい風が吹き、暫く休憩することにしました。
5
山頂で自撮り。
この日は先日行者小屋で買ったカモシーTシャツ(笑)
2016年07月11日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で自撮り。
この日は先日行者小屋で買ったカモシーTシャツ(笑)
14
薬師岳から北薬師岳へ。
目の前には広大なカール。
2016年07月11日 11:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳から北薬師岳へ。
目の前には広大なカール。
7
25分ほど歩くと北薬師岳へ。
2016年07月11日 12:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
25分ほど歩くと北薬師岳へ。
3
北薬師岳から薬師岳の展望です。
2016年07月11日 12:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北薬師岳から薬師岳の展望です。
6
これから歩く稜線と後立山方面の展望。
西から雲が湧き上がってきました。
2016年07月11日 12:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線と後立山方面の展望。
西から雲が湧き上がってきました。
2
立山、剱岳はご機嫌斜め?
2016年07月11日 12:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、剱岳はご機嫌斜め?
4
このあたりもキバナシャクナゲが咲きます。
2016年07月11日 12:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりもキバナシャクナゲが咲きます。
4
途中一瞬だけ雪渓に乗る箇所があります。
2016年07月11日 12:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中一瞬だけ雪渓に乗る箇所があります。
1
今回初めてのライチョウ。
1児の母親でした。
2016年07月11日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回初めてのライチョウ。
1児の母親でした。
11
バックに稜線と。
烏帽子岳と南沢岳かな。
2016年07月11日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックに稜線と。
烏帽子岳と南沢岳かな。
18
青空にハクサンシャクナゲ
2016年07月11日 13:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空にハクサンシャクナゲ
5
途中斜面に咲いていたスミレ。
オオバキスミレとだいぶ雰囲気が違うのでこれはナエバキスミレだと思います。
2016年07月11日 13:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中斜面に咲いていたスミレ。
オオバキスミレとだいぶ雰囲気が違うのでこれはナエバキスミレだと思います。
3
スゴ乗越小屋に到着。
五色ヶ原までは標準CT6時間以上ありますが前進あるのみ!です。
2016年07月11日 13:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スゴ乗越小屋に到着。
五色ヶ原までは標準CT6時間以上ありますが前進あるのみ!です。
4
湿地ではミヤマツボスミレが咲いていました。
2016年07月11日 13:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿地ではミヤマツボスミレが咲いていました。
3
途中通過するスゴ沢ノ頭、越中沢岳はどちらも急登。
五色ヶ原までの終盤の山場となります。
2016年07月11日 14:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中通過するスゴ沢ノ頭、越中沢岳はどちらも急登。
五色ヶ原までの終盤の山場となります。
3
岩の隙間からコメツツジ。
2016年07月11日 14:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間からコメツツジ。
3
アカモノも満開。
急登にバテながらも癒されます。
2016年07月11日 15:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカモノも満開。
急登にバテながらも癒されます。
5
長い急登を終え、越中沢岳に到着。
ここで五色ヶ原山荘に電話し到着が少し遅くなることを連絡しておきました。
2016年07月11日 15:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い急登を終え、越中沢岳に到着。
ここで五色ヶ原山荘に電話し到着が少し遅くなることを連絡しておきました。
3
トウヤクリンドウ。もう咲いています。
2016年07月11日 16:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ。もう咲いています。
9
この日最後のピーク、鳶山に到着。
ここでカメラのバッテリーが終わってしまったので、これ以降は酷い携帯写真です。
2016年07月11日 16:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日最後のピーク、鳶山に到着。
ここでカメラのバッテリーが終わってしまったので、これ以降は酷い携帯写真です。
1
雲上の五色ヶ原が見えてきます。
2016年07月11日 16:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲上の五色ヶ原が見えてきます。
4
五色ヶ原山荘へと伸びる木道を下っていきます。
2016年07月11日 16:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色ヶ原山荘へと伸びる木道を下っていきます。
3
五色ヶ原山荘に到着。ここは今回初めて訪れました。
小屋番さんがとても温かな方で、色々融通を利かせてくださいました。
また再訪します!必ず!
2016年07月11日 17:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色ヶ原山荘に到着。ここは今回初めて訪れました。
小屋番さんがとても温かな方で、色々融通を利かせてくださいました。
また再訪します!必ず!
6
この日の宿泊者は計3人。
個室にただ一人ぐっすりと眠ることのできる幸せ。
2016年07月11日 17:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の宿泊者は計3人。
個室にただ一人ぐっすりと眠ることのできる幸せ。
8
夕飯はエビフライ定食。
ご飯とみそ汁はお代わりさせてもらいました。
2016年07月11日 17:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕飯はエビフライ定食。
ご飯とみそ汁はお代わりさせてもらいました。
11
日没後、外を見たら夕焼けが次第に消えていくところでした。
翌日も晴れることを確信して床に入りました。
2016年07月11日 19:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没後、外を見たら夕焼けが次第に消えていくところでした。
翌日も晴れることを確信して床に入りました。
4
三日目。
ここまで予定通り順調に歩けたのでスタートは遅め。
あたりが明るくなってヘッデンが不要になる頃に出発します。
2016年07月12日 04:11撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目。
ここまで予定通り順調に歩けたのでスタートは遅め。
あたりが明るくなってヘッデンが不要になる頃に出発します。
6
黎明の五色ヶ原。
2016年07月12日 04:14撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黎明の五色ヶ原。
8
空が焼けていました。
2016年07月12日 04:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が焼けていました。
10
一旦ザラ峠まで高度を下げ、獅子岳へと登り返します。
2016年07月12日 04:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦ザラ峠まで高度を下げ、獅子岳へと登り返します。
2
広大な五色ヶ原の奥に、流れるような雲の間から薬師岳が姿を見せてくれました。
2016年07月12日 05:19撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広大な五色ヶ原の奥に、流れるような雲の間から薬師岳が姿を見せてくれました。
14
斜面から日が差し込みます。
2016年07月12日 05:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面から日が差し込みます。
1
急登を終えると今回何度目でしょうか。
再びお花畑が広がりました。
2016年07月12日 05:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を終えると今回何度目でしょうか。
再びお花畑が広がりました。
3
青空に向かってチングルマも。
2016年07月12日 05:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に向かってチングルマも。
3
獅子岳山頂。
足が重くひと休み。
2016年07月12日 05:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子岳山頂。
足が重くひと休み。
1
獅子岳からは歩いてきた峰々を一望!
2016年07月12日 05:43撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子岳からは歩いてきた峰々を一望!
6
少しアップで。
左から笠ヶ岳、黒部五郎岳、薬師岳が並びます。
2016年07月12日 05:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しアップで。
左から笠ヶ岳、黒部五郎岳、薬師岳が並びます。
4
これから歩く鬼岳、竜王岳と右奥には立山!
2016年07月12日 05:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く鬼岳、竜王岳と右奥には立山!
4
鬼岳の斜面は例年遅くまで雪渓が残ります。
今年は雪が少ないとは言えこの景色。
2016年07月12日 06:10撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼岳の斜面は例年遅くまで雪渓が残ります。
今年は雪が少ないとは言えこの景色。
2
雪渓のトラバース箇所は計2か所。
どちらも丁寧に足場が切ってありアイゼン不要。
全く問題なく渡れました。
2016年07月12日 06:14撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓のトラバース箇所は計2か所。
どちらも丁寧に足場が切ってありアイゼン不要。
全く問題なく渡れました。
4
鬼岳の斜面を巻き、龍王岳への長い登りに入ります。
2016年07月12日 06:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼岳の斜面を巻き、龍王岳への長い登りに入ります。
4
浄土山方面への分岐点には富山大学の研究施設有り。
建物は閉まっていました。
2016年07月12日 06:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山方面への分岐点には富山大学の研究施設有り。
建物は閉まっていました。
1
龍王岳を振り返ります。
2016年07月12日 06:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王岳を振り返ります。
3
別山の稜線の奥では剱岳が頭を出していました。
2016年07月12日 06:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山の稜線の奥では剱岳が頭を出していました。
4
一ノ越まで下り、その後立山へ登り返す内容です。
2016年07月12日 06:51撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越まで下り、その後立山へ登り返す内容です。
2
下り切って一ノ越山荘へ到着。ひと休み。
2016年07月12日 07:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り切って一ノ越山荘へ到着。ひと休み。
1
立山の登りに入ります。一ノ越山荘を遥か下に望みます。
奥は竜王岳です。
2016年07月12日 07:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山の登りに入ります。一ノ越山荘を遥か下に望みます。
奥は竜王岳です。
2
標高が上がり登り斜面にも日が差し込んでくるようになります。
ダイヤモンドっぽく撮ってみました。
2016年07月12日 07:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がり登り斜面にも日が差し込んでくるようになります。
ダイヤモンドっぽく撮ってみました。
1
眼下には室堂方面の広大な景色。
遠くには奥大日岳や大日岳も見えています。
2016年07月12日 07:25撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には室堂方面の広大な景色。
遠くには奥大日岳や大日岳も見えています。
2
ここまで歩いてきた南側の風景。
2016年07月12日 07:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで歩いてきた南側の風景。
4
雄山神社に到着。
すぐ傍には一等三角点が立っています。
2016年07月12日 07:51撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山神社に到着。
すぐ傍には一等三角点が立っています。
4
雄山山頂へは登拝料が必要です。今回は(も?)見送っちゃいました。
2016年07月12日 07:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山山頂へは登拝料が必要です。今回は(も?)見送っちゃいました。
7
風はやや強く吹き流しが気持ち良さそうに泳いでいます。
2016年07月12日 07:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風はやや強く吹き流しが気持ち良さそうに泳いでいます。
2
雄山から大汝山へ。
別山の奥には剱岳の展望がありました。
2016年07月12日 07:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山から大汝山へ。
別山の奥には剱岳の展望がありました。
4
雄山を振り返ります。
東側は早くも雲が湧き上がります。
2016年07月12日 08:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山を振り返ります。
東側は早くも雲が湧き上がります。
1
行程最終日にして最高峰!
大汝山山頂に到着です。
2016年07月12日 08:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行程最終日にして最高峰!
大汝山山頂に到着です。
8
大汝山〜富士ノ折立の間から顔を覗かせる剱岳。
2016年07月12日 08:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山〜富士ノ折立の間から顔を覗かせる剱岳。
5
湧き上がる雲の遥か向こうに白馬岳、旭岳が確認できました。
2016年07月12日 08:10撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き上がる雲の遥か向こうに白馬岳、旭岳が確認できました。
3
大汝山直下には大汝休憩所があります。
映画「春を背負って」の舞台となった場所です。
2016年07月12日 08:14撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山直下には大汝休憩所があります。
映画「春を背負って」の舞台となった場所です。
3
五色ヶ原山荘で頼んだお弁当を食べて長休憩にしました。
2016年07月12日 08:18撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色ヶ原山荘で頼んだお弁当を食べて長休憩にしました。
5
少し進むと富士ノ折立。
山頂までは行けるようでしたが今回はパス。
2016年07月12日 08:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと富士ノ折立。
山頂までは行けるようでしたが今回はパス。
3
正面に真砂岳と広大な内蔵助カール。
2016年07月12日 09:00撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に真砂岳と広大な内蔵助カール。
3
だいぶ降りてきました。
2016年07月12日 09:11撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ降りてきました。
1
さらに大走りルートで一気に下っていきます。
2016年07月12日 09:16撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに大走りルートで一気に下っていきます。
2
チングルマと別山。
2016年07月12日 09:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマと別山。
11
あっという間に降りてきて雷鳥沢が近づいてきます。
2016年07月12日 09:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に降りてきて雷鳥沢が近づいてきます。
2
チングルマ咲き乱れる。
2016年07月12日 10:03撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ咲き乱れる。
5
雷鳥沢のテント場から登り返し、再びすっかり見下ろすような高さに。
2016年07月12日 10:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢のテント場から登り返し、再びすっかり見下ろすような高さに。
2
地獄谷。周りの景色とは一風変わった異質な光景。
2016年07月12日 10:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷。周りの景色とは一風変わった異質な光景。
2
最後にみくりが池。
真砂岳、立山をバックに。
2016年07月12日 10:43撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にみくりが池。
真砂岳、立山をバックに。
9
澄んだブルーのみくりが池。
左は昨年泊まったみくりが池温泉。奥では剱岳が姿を見せています。
2016年07月12日 10:45撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
澄んだブルーのみくりが池。
左は昨年泊まったみくりが池温泉。奥では剱岳が姿を見せています。
9
室堂バスターミナルへ。
名水百選の玉殿湧水で帰りの分まで水をたっぷりと補給しました。
2016年07月12日 10:48撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂バスターミナルへ。
名水百選の玉殿湧水で帰りの分まで水をたっぷりと補給しました。
2
観光客もそこそこ多く賑わっていた室堂周辺。
この日も最後まで大きな天気の崩れはなく無事に登山を終えました。
2016年07月12日 10:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光客もそこそこ多く賑わっていた室堂周辺。
この日も最後まで大きな天気の崩れはなく無事に登山を終えました。
2
バス待ち時間に立山そばとます寿司をいただきました。
塩分が体に染み渡るようでした。
2016年07月12日 11:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス待ち時間に立山そばとます寿司をいただきました。
塩分が体に染み渡るようでした。
9
バス、ケーブルカー、電車を乗り継ぎ富山駅へ。
新穂高への特急バスの待ち時間に、北陸新幹線開業とともにオープンした「とやマルシェ」でお買い物。富山の特産物が揃っています。
2016年07月12日 15:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス、ケーブルカー、電車を乗り継ぎ富山駅へ。
新穂高への特急バスの待ち時間に、北陸新幹線開業とともにオープンした「とやマルシェ」でお買い物。富山の特産物が揃っています。
2
予定通りの時間に新穂高へと戻ってくることができました。
2016年07月12日 17:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通りの時間に新穂高へと戻ってくることができました。
1
帰りに新穂高温泉「ひがくの湯」に立ち寄りました。
2016年07月12日 17:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに新穂高温泉「ひがくの湯」に立ち寄りました。
2
さらに移動して松本の「松花」で登山の〆に茶色系。
山賊焼き定食を食べて帰途につきました。
2016年07月12日 19:51撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに移動して松本の「松花」で登山の〆に茶色系。
山賊焼き定食を食べて帰途につきました。
12

感想/記録

7/10〜12と2泊3日で北アルプス縦走をしてきました。
単独で2泊3日行程というのは過去に一度も経験が無く不安はありましたが、結果的には概ね予定通り歩き切ることができました。
2日目に五色ヶ原まで進めたことで3日目の行程に余裕が持てました。

天候には通して恵まれ、3日とも好天!午前中は快晴!!
今年は残雪が少なく、稜線の高山植物は既に真っ盛り!!
次にこんな登山ができるのはいつになるだろう?そんなふうに思えるような素晴らしい内容でした。
課題は多くありますが、充実した中身の濃い3日間になりました。
筋肉痛と足裏のマメ、日焼けのヒリヒリに悩まされながら、登山の余韻に浸りつつ帰途につきました(T△T)

3日間で撮った写真は1000枚以上。
調子に乗ってアップする写真もずいぶん多くなってしまいました。
最後まで見てくださった方、いらっしゃいましたら大変長々と失礼しましたm(__)m
訪問者数:3724人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/3
投稿数: 12
2016/7/14 11:12
 はじめまして
すばらしい縦走、楽しませていただきました。このルート、行ってみたいと思っていましたが、2泊3日で行けるんですねぇ。健脚、感服いたしました。天気にも恵まれてうらやましい限りです。お疲れ様でした。
登録日: 2014/1/13
投稿数: 1098
2016/7/14 23:20
 完全復活!
またまたロングトレイル、おつかれさまでした!
ここ最近のレコも見ていると、これは完全に復活ですね!

それにしても北ア北西部を2泊3日でドカンと堪能してきましたね〜。
しかも全部青空!
高天原温泉はいつかいつかと思っていたけど、
kiyoponさんは2回目だったとは。気持ちよさそうな足の指だ
で、さらには水晶岳に7回目!? 貪欲だね〜

盛りだくさんの北ア、いいなぁ、いいなぁ、いいなぁと思いながら
私も狙います☆ kiyoponさんほどは歩かないけどね
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/7/15 18:35
 Re: はじめまして
kyapitomaruさん、こんばんは
初めまして!コメントありがとうございます

2泊3日行程でちょっとオーバーペース気味で歩いたので、下山後は満身創痍ボロボロ状態でした(笑)
天気が悪かったら高天原温泉だけ浸かってピストン下山、になっていたと思います(^^;
まだ梅雨明け前なので天候の難しい中、晴れてよかったです
百名山中心でよく歩かれてるんですね
悪天の中、まだ時期はじめのキレット縦走、凄いなと思いました
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/7/15 19:01
 Re: 完全復活!
wildwindさん、こんばんは
いつもコメントありがとうございます

今年初の宿泊ロング山行でした
それでもまだまだ本調子とはいかない感じです
足の筋肉が落ちすぎてて、歩いた後の筋肉痛が惨すぎました(^^;
例年ならこの時期はもう体が山慣れしていて殆ど筋肉痛になることはないんですけどね。。
おまけに、上では省きましたが二日目午前中に渡渉中にダイナミック転倒して(いつぞやのwwさんを上回る内容です!w)靴を水没させてしまいました
時折乾かしながら歩きましたが、足の裏がふやけてマメだらけでした

高天原温泉、4年ぶりで前回と変わってるところもありましたが良いところですよ〜是非是非狙ってください☆
水晶岳は特に好きな山の一つなので、毎年のように縦走ルートに取り入れて歩いています。
今回は薬師〜立山の稜線を一度歩いてみたかったので、こんなルートになりました
登録日: 2011/7/21
投稿数: 1004
2016/7/17 20:24
 お〜素晴らしい〜☆
kiyopon さん こんばんわ

見事といわんばかりの縦走ですね
こんなに早くは歩けませんが、いいルート取りで参考になります
快晴で、お花真っ盛りで、小屋も人が少なくて、もういう事なしではありませんか〜happy02
しかもカモシーTシャツで〜shine
飛ぶのもバッチリで〜
いつもいいとこ先取りで、参考になります〜
水晶岳、山奥なのにたくさん登られているのですね〜
お疲れ様です〜
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/7/19 13:21
 Re: お〜素晴らしい〜☆
makibitoさん、こんにちは
いつもコメントありがとうございます

今年は高天原温泉に再訪したいな〜と前々から考えていました
日程が合ったので立山までロング縦走する計画を立てました
例年ならまだ場所によってはガッツリ雪がある時期ですが、今年は雪が少ないのでこの時期でも至る所でお花真っ盛りでしたよ

カモシーTシャツは歩いていて早速外国人女性の方に声かけられました (笑)
水晶岳は特に好きな山の一つです 北アルプスの奥深く雄大な景色を存分に楽しめる良い場所だと思います
登録日: 2012/1/31
投稿数: 808
2016/8/17 16:34
 超遅コメ失礼
超遅コメ失礼します。
新穂高温泉からスタートして1日目高天原!
2日目五色ヶ原!
早立ちではありますが、びっくり!
高天原は普通2日目に到達するところです。
2日目の五色ヶ原もびっくり!
今年海の日に太郎平から2日目五色ヶ原の計画にビビッていた私からは考えられない行程です。
凄い!
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/8/20 4:58
 Re: 超遅コメ失礼
hakkutuさん、こんばんは。
こちらも超遅返信になってしまいすみません

富山側からの入山(飛越は除いて)は時間に制限があって難しいですよね。
折立は有峰林道が開くのが朝ですし、深夜発なら前日入りしないとならないし・・。
その点、新穂高からだと深夜発も容易ですし、歩き始めが暫く林道なのもまた良いです。
行程は長いですが朝の涼しい時間帯に高度を上げることで日中には快適稜線歩きを楽しめます。
でもまぁ、もっとじっくり時間をかけて歩くのも大切だと思いますし、小屋泊でギリギリまで荷物を軽くして歩くスタイルも全く問題がないとは言えませんけどね・・・。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ