ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977128 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

完全周回 新穂高温泉から槍ヶ岳・大キレット・北穂高・奥穂高・ジャンダルム・西穂高・ボッカ道

日程 2016年10月07日(金) [日帰り]
メンバー satobon
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

水は流れてなかったように思う、暗くてよく分かりません。
2016年10月07日 00:56撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は流れてなかったように思う、暗くてよく分かりません。
いくつか沢を横切り、飛騨沢を星空を仰ぎながら登り、やっと乗越。
2016年10月07日 04:02撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつか沢を横切り、飛騨沢を星空を仰ぎながら登り、やっと乗越。
真っ暗で誰もいませんが、登っておきます。
2016年10月07日 04:29撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗で誰もいませんが、登っておきます。
大喰岳越え、中岳です、九月とは逆に南下します。
2016年10月07日 05:32撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳越え、中岳です、九月とは逆に南下します。
どこまで行けるだろう?
2016年10月07日 05:32撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまで行けるだろう?
今日も快晴です。
2016年10月07日 05:53撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も快晴です。
天狗平手前から振り返って槍ヶ岳。
2016年10月07日 05:53撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平手前から振り返って槍ヶ岳。
いい感じの雲海。
2016年10月07日 05:53撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの雲海。
ここからストック仕舞い、ヘルメットかぶります。
2016年10月07日 06:21撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからストック仕舞い、ヘルメットかぶります。
南岳小屋と奥穂方面。
2016年10月07日 06:21撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋と奥穂方面。
大キレットに向かいます。
2016年10月07日 06:45撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットに向かいます。
1
前回分からなかったけど、今回は確認。
2016年10月07日 07:25撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回分からなかったけど、今回は確認。
まだまだ気が抜けません。
2016年10月07日 07:26撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ気が抜けません。
実際はもっと高度感あります。
2016年10月07日 07:29撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実際はもっと高度感あります。
赤いのは私のトマトです。
ここから、北穂を見上げると急登にうんざりします。
2016年10月07日 07:37撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いのは私のトマトです。
ここから、北穂を見上げると急登にうんざりします。
越えてきた大キレットをバックに。
2016年10月07日 07:49撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えてきた大キレットをバックに。
疲れました、またトマト二つ食べます。
もちろん他にもパンなど、ちょこちょこ歩きながら食べてます。
2016年10月07日 08:24撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れました、またトマト二つ食べます。
もちろん他にもパンなど、ちょこちょこ歩きながら食べてます。
まだ半分来てません。
ぼけっとしてて少し先の、北穂分岐から涸沢小屋方面に下ってしまい、
10分間ロス。
2016年10月07日 08:26撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ半分来てません。
ぼけっとしてて少し先の、北穂分岐から涸沢小屋方面に下ってしまい、
10分間ロス。
1
相変わらずガレガレです。
何人いるでしょう?
2016年10月07日 09:26撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずガレガレです。
何人いるでしょう?
1
涸沢岳の登りが一番堪えました。
2016年10月07日 10:02撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳の登りが一番堪えました。
1
奥穂山荘、ここでしばし進路を考えました。
2016年10月07日 10:14撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山荘、ここでしばし進路を考えました。
やはり人気の奥穂高、賑わってました。
2016年10月07日 11:00撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり人気の奥穂高、賑わってました。
馬の背、左右切れ落ちてます。
2016年10月07日 11:10撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背、左右切れ落ちてます。
これも馬の背、一人登ってます。
2016年10月07日 11:11撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも馬の背、一人登ってます。
ジャンダルム、やはり奥穂側からがカッコいい。
2016年10月07日 11:14撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム、やはり奥穂側からがカッコいい。
1
ジャンダルム、山頂に二人見えます。
2016年10月07日 11:14撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム、山頂に二人見えます。
2
ジャンダルム、奥穂から40分。
2016年10月07日 11:40撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム、奥穂から40分。
2
上高地が眼下に。
2016年10月07日 11:51撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地が眼下に。
天狗のコルから鎖でほぼ垂直に登っていきます。
2016年10月07日 12:29撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルから鎖でほぼ垂直に登っていきます。
前穂のギザギザだと思う。
2016年10月07日 12:47撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂のギザギザだと思う。
逆層スラブ、よく乾いてたので問題なし。
2016年10月07日 12:55撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆層スラブ、よく乾いてたので問題なし。
登っては下り、鎖も多数。
2016年10月07日 13:52撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っては下り、鎖も多数。
何度も騙されやっと西穂到着。
2016年10月07日 13:57撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も騙されやっと西穂到着。
2
4峰って書いてあった。
2016年10月07日 14:17撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4峰って書いてあった。
どんどん標高下げていきます。
2016年10月07日 14:29撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん標高下げていきます。
10って書いてあった。結構こんなピークも多い。
2016年10月07日 14:40撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10って書いてあった。結構こんなピークも多い。
ここから、登山者多数。
2016年10月07日 14:43撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、登山者多数。
丸山手前から、振り返り西穂方面を。
2016年10月07日 14:57撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山手前から、振り返り西穂方面を。
西穂小屋、止まらずに進みます。
2016年10月07日 15:20撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂小屋、止まらずに進みます。
何とかゴール、長かったです。
ほとんど無人です。
2016年10月07日 17:41撮影 by uTough-8010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とかゴール、長かったです。
ほとんど無人です。
撮影機材:

感想/記録

九月の大キレット・槍ヶ岳日帰りと昨年の奥穂から西穂日帰りそれぞれ行ったが、
世の中には、その二つとも日帰りで行く人がネット見ると何人もいるようです。
私も出来るかどうか挑戦する事に。
行きも帰りもヘッデンは嫌なので深夜12時新穂高温泉指導センター出発。
槍平小屋を通過し飛騨沢で満天の星空、手が届きそうな星々に本日の好天を確信します。ほどなく槍ヶ岳、まだご来光は早いし真っ暗で誰も穂先に登ってないようですが、取り敢えず登っておきます。手がかじかむ寒さで、写真一枚撮ってすぐ下山。
先の長さを考えると、ここがやっとスタートラインのようなものなので、気を引き締めて南下します。大キレットも長谷川ピークも前回と違い逆向きでまた新鮮で面白かったです。ただ、北穂高と涸沢岳の登りが体が重く予想以上に時間がかかり、
今回一番疲れたポイントでした。
奥穂山荘でしばし今後の進路を考えます。予定どうり縦走するか、白出沢へエスケープするか?でもここでやめれば絶対悔いが残るので、天気も崩れる心配ないし縦走続行する事に。不思議と後半の方が体が軽く、ジャンダルムも前回おじさんに教えてもらったように、残置ハーケンに足をかけて無事乗り越えられました。
時間も遅かったので10人くらいすれ違ったくらいで、絶景を楽しみながら自分のペースで進めました。何度も、やっと西穂高だと思っても違うピークで、なかなか着かなかったが、ようやく5,6人がくつろぐ西穂高にたどり着きました。
槍ヶ岳から来た、と答えると驚くというか、あきれてました(-_-;)
後はほとんど下るだけなので、気合を入れて進みます。
西穂山荘からロープウエイ方面に進み途中でボッカ道へ右折。
笹をかき分け、かき分けボッカ道を明るいうちに下れ一安心。
暗くなりましたが、何とかライト点けずに無事帰ってきました。
天気にも恵まれ、絶景の中、完全周回を時間はかかりましたが、自分にも出来、満足いく山行でした。
訪問者数:336人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ