また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記
2019年06月04日 05:05林業全体に公開

熊剥

 昨日間伐に入った奥山で、ギョッとするほど生々しい杉の皮剥き被害木を発見した。剥いた皮が細かくなく、樹木に引っ付いたままであることや、門歯の食み跡がこそぐように規則正しく垂直方向にみられることからこれは、、、、、鹿ではなく熊によるものである。
 この生々しさは一週前とか数日前とかのものではなく正に昨晩、といった感じである。現場にいてどこか近くから覗かれているのではなかろうか、といった雰囲気で「やぁ、ゴクロウサン」と右手を上げて森から出てきてもおかしくはない想像に囚われた。十分程静かに待ってみたが現れなかったので作業を再開した。これだけチェーンソーで喧しくすると流石の熊も寄っては来まい。
 数日間引き続き作業をするために「帳場」に置いてきたヨキ(斧)や矢(楔)、チェーンソーに燃料が一晩で動いていないか(触られた形跡がないか)今日確認しに行くのが今からの楽しみである。鹿なんかは蛍光色のものに関心があるらしく標識杭を咥えて抜いてしまう事例もあるので(親方情報)。
 今流行りの動画撮影でならきっといい画が撮れそうだ。先月号岳人誌に掲載あった伊藤銀二氏のアムール虎の様な画を(先月号はあの一枚の写真に買わされてしまった程だった)。
 今これを書く朝4:44、夜間徘徊する熊同様に不登校児でゲーム依存症の息子が寝付けずに階上階下をウロウロするものだから3時に起こされてしまったのである。寝不足で身体フラフラなのに。おまけに昨日また同じ部位を痛めてしまって歩行が辛く、今日まともに働けるかしらん。なお、今の私の作業は熊剥きの杉の被害木の伐倒であり、四尺ほどの木を伐っている。
 昨日はカメラを持っていなかったので今日、撮影してきてその写真を掲載するつもりだ。ヒグマには北海道で何度も(八度?)遭遇しているけれど、ツキノワグマは未見である。危険の及ばぬ範囲で遭って、いや会ってみたい。

 この前の日記が「獲物」であることと関連もあろうか。ああ、今からでももう山に出掛けてしまいたいっ!
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ