また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記

日記

ブラックステージ macchan90 Standard

カテゴリー「春樹」の日記リスト 全体に公開

2019年 02月 11日 23:08春樹

罹患

 連休、腰痛も手伝って特段どこに行くわけでなく、折良く発売あった「Jリーグ選手年鑑」を熟読し、娘らとチョコレートに塗れて過ごした。  また、私が個人的に注視していたジャズのピアニストが、何ということか癌に罹患していたことをこのタイミングで知った。乳癌というのは「大小」に関わらず罹るものなのだと初め
  14 
2018年 12月 14日 22:00春樹

意味

 「意味がなければスウィングはない」は、私にしては折に触れて良く読むハルキ村上本である。  著者初の音楽エッセイという。  むか〜しのとあるジャズ本にジャック・ウィルソンというシブ〜いピアニストに氏がサインをねだる話があったがかなり面白かった(先日読み返した)。残念だがその話は未掲載であるが。
  11 
2018年 01月 19日 17:13春樹

青豆

つ、遂に発見した。
  4   4 
2017年 10月 11日 15:58春樹

石黒

 「祝ノーベル文学賞受賞」 との表題で過日10/6に、カズオ・イシグロ氏の受賞を祝う一文を載せてみえたのが、心安く山に誘って頂くことのあるガオロ・イシ◯◯氏である。  これに倣って私も祝ってみたい。  私にとってのカズオ・イシグロは小説にはなく、2007年に発売されたステイシー・ケントSt
  8 
2017年 02月 24日 16:56春樹

雑文

 先週とある方から、私が登山を嗜好する理由を問われたことがあり(んなこと急に言われても)、そんな際に頭にポンと浮かんだのが最近文庫化された村上春樹氏の ★「雑文集」 だった。  この本は、本日発刊の村上本「棋士断腸ゴロシ」を入手してすぐさま読んでしまいたいっ、とまでは思わない程度のにわかフ
  4 
2016年 05月 30日 09:14春樹

猟盤

 村上春樹著『村上ラジオ』には、スウェーデンくんだりまで夫婦で出掛けて市内観光なぞろくすっぽせずにジャズのレコード漁りをするクダリがある。他にもジャズレコードに関する話は大変楽しく読ませる。  ジャズという音楽を愛好する群れの中には一部ではあるがレコード収集を、少々の偏執さを露わにして行う人達
  10   2 
2016年 05月 28日 08:51春樹

春樹

 私は小説家としての村上春樹氏の良い意味での読者では決してないけれど、殊ジャズについて書かせたら右に出る者は居ないのでは、と思うほどには氏を評価している(何を偉そうに)。  中学生時分にジャズメッセンジャーズの何度目かの来日公演(1963年、14歳)に出掛けているところを見ると、早熟もいいところだ
  12   2 
2016年 04月 22日 08:32春樹

順子

 長渕の歌ではない。  おぉ(にし)じゅんこ、ジュンコオオニシ、日本が誇るジャズピアニスト、大西順子である。  1967年京都生まれ、東京都立国立高等学校卒業(ということは、、、スギさんと?)後渡米し、ボストンのバークリー音楽院に学ぶ。  彼女のデビュー当時の事はよく覚えている。男勝りの剛
  10   1 
ページの先頭へ