また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記

日記

ブラックステージ macchan90 Standard

カテゴリー「登山」の日記リスト 全体に公開

2019年 10月 02日 14:54登山

称名

 "情報原人"の私は、9/27に公開された『称名滝フリーソロ』の映像を今朝になって観た。まず、映像が美しい。  三段目、あんな不確かそうな冷水バシャバシャのビショ濡れルートを、僅かな回数のリハーサルで越え、完登に持ち込んだ映像を観て、グッタリしてしまった。「Black out」のファーストアッセン
  16 
2019年 08月 11日 21:31登山

創造

 身動きの取れない酷暑の一人だけの日曜、片付け中の書架に手を掛けた。しかし、探していた林業書や志水哲也著「大いなる山大いなる谷」が出て来て片付けの手が止まってしまった。まぁ、よくあることで。  降りようとしてもう一冊、ヤマケイ新書の「体験的登山技術論」が目に入って「おうおうおぅ、こんなところにおわ
  13 
2019年 07月 01日 07:49登山

地図

 朝方、結構な雨で目を覚まされた。しかし、それを疲労が上回ってまた寝入ってしまって10時間睡眠でようよう起床した。今朝は宿酔ではない。  今日は、かつての海外遡行同人親方M氏と会う日であった。というのも、シン・沢屋交流会が開催された愛知県から大阪への帰途に、養老SAで落ち合うというものだった。同行
  15 
2018年 12月 18日 21:47登山

一村

 今月号岳人誌を読んで、一番驚いたのは石氏のAV感覚でも加藤文太郎でもなく、一村文隆氏の遭難死の報であった。それも速報とあってか紙面の下方僅かに伝えるのみであった。 ◆一村文隆(いちむらふみたか)1977年生まれ 2008年 カランカ北壁(6931m) 登頂;ピオレドール・アジア受賞 20
  42 
2018年 11月 10日 22:03登山

片付

 実家を片付けて姉に残りのすべてを託した。隣家購入の決済も済ませた。  全てが片付き、昨晩は孝ちゃんと安気に呑んだ。ここまでに凡そ一年、私はこの手の仕事が実に遅い。後は、仕事するのみ。  実は、決済当日午前にふとしたキッカケからあの剣沢大滝の下降が果たされたことを遅まきながら知った。勿論、フ
  18 
2018年 09月 21日 16:44登山

出自

 ここ最近、時間を見て自分のヤマレコ記録を補正している。  私のこれまでの記録には「写真」もなく「ルート」も載せないまま、ただ「日程・概要」「感想」のみの簡素なものだった。コレすらも、先輩yoneyama氏に紙ベースで保存してあった過去データを変換、掲載願った代物で、自慢にもならない。 http
  25 
2018年 09月 02日 21:40登山

延期

 週末に計画した山行が、流れた。  何ヶ月も前から楽しみにしていたのだったが、折悪しく秋雨前線の通過で延期とした。まぁ、こんなこともある。  折角確保してあった週末とあり、同行者との中間地点辺りで日曜のみ何とか天気が持ちそうな山域に計画を変更して土曜夜に集合し、山行前夜に飲んだ。共に登ってい
  13 
2018年 08月 07日 11:59登山

未見

 地図から見えてくる地形や付された滝名、支流の名称から沢そのものの形状を推測し、実際訪れて検証し山行を成す行為は何より心楽しい。私が沢登りを30年近くも継続している原初動機である。静寂、先の見えない世界。  この夏に遡った三本の沢である餓鬼岳東面「乳川谷」、五竜鹿島槍東面「大川沢」そして今回の
  17 
2018年 07月 29日 00:00登山

出た

 出た! またしても盗用物真似山行!(以前のは鷲羽行)  アイデアを参考にするは良い、だが人の山行を”底本”にしておきながら参考にしたとの一文もなく、謝意も謝辞すらもなく、さも自分の発案立案の如くに山行記録を書く。  日帰りで、より良いスタイルで、如何にもスマートに。  何時から登山は情報
  19 
2018年 07月 05日 18:42登山

風雨

 風雨の金華山に登ってみた。  これも月光登山に並んでやってみたかったことの一つでありまた、先々週お会いしたビビノ氏(仮名)が、定年退職後も山登りを続けており雨の日も傘差してでも出掛けるとの話をお聞きして、ならばいっそのことビウビウの時に実践してみたいと考えて、このタイミングを待っていた。
  16 
2018年 06月 24日 22:37登山

総会

 第十@回、海外遡行同人総会が開催された。  これまで「事務局」「世話役」として同人を主導してきた幹事MTGさんは今回をもって退き、同人としての集いは実質の最終回となった。   同人組織はこれをもって役目を終え、今後は組織としてではない集会の運営を若手へと譲った形で決着を見た。  その集会はW
  9 
2018年 05月 26日 20:12登山

滑落

 4/19夕刻、白馬岳のアタックを終えて、往路で警戒すべきポイントとして覚えておいた地点で、その復路にカリコリ斜面が現れた。  アイゼン履いていさえすれば何でもない斜面だったが、アタックの際にそのアイゼンをザックに入れたままにして空身で出たために、ビブラムソールでの雪斜面下降となった。オマケに今回
  40 
2018年 05月 18日 09:07登山

左馬

 5/16、鈴鹿は菰野道の駅にて、所属する海外遡行同人の今後について、事務局のMさんとお話しする機会を持った。  大阪と岐阜の中間点?の鈴鹿で合流し、涼風に吹かれて木陰の花崗岩の机でこれまでやこれからを話し合った。  思えば「海外遡行同人」を興して十年程は参加メンバーも限られ、総会と称した飲
  13 
2018年 04月 17日 10:31登山

抑圧

 前回の続き。  濡れ、不眠に対するストレスの話だった。石徹白周遊中に頭を巡らせた。  半面、それらストレスを厭わない自分もいる。  ソレを押してでも行くことで得られるものがある、、、、はず。ソレを押さないことには得られないものが。  日帰り山行は荷も軽く、ビショ濡れようが何しようが
  19   2 
2018年 04月 11日 21:02登山

抑圧

 というのがストレスの和語に当たるようだ。  今日、不登校の息子が某クリニックにて問診を受けて、ストレスの原因と度合を聞かれたげな。  「父、9」!  問題大アリだが、これでも改善してのことという。反省。  私が今考えたいのは、雪山における宿泊ストレスについて、である。  二月に敢
  20   4 
2018年 03月 17日 06:19登山

二月

 雪山三連荘を終えて、今週末は次女の卒園式で山に”行かない”ため、心中ホッとしている。  二月に敢行した厳冬期鷲羽行は、計画しておきながらいざ山へとなると心に重いものを感じていたのが正直な思いで、何故そんな重い思いを携えたまま時間と金を掛けてまで寒い世界に行くのか、出掛けるまで自問する日々だっ
  23   2 
2018年 03月 04日 09:33登山

亀裂

 いよいよ我々夫婦間に、、、、ではなくて。    昨日行って帰ってきた三方崩山でのこと、山頂直下の雪庇で警戒していたにも係わらず、それは起こった。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1393285.html    一度目は警戒
  33 
2018年 02月 26日 04:59登山

一花

 今朝?は夜更かし息子の階段上り下りで二時に目が覚めてしまい、珍しく3時に起床した。  何故なのかは、考えるまでもなくすぐに判明した。  今日は、いや今日こそが祥月命日であり正にこれをパチる今3:40こそが母の亡くなった時間であった。一年の経過は斯くも早い。  それとは別に不謹慎ながら、大
  33   2 
2018年 02月 15日 10:21登山

畳屋

 目出帽を買いにモンベルに出掛けたその直前に、実は畳屋に寄った。畳を新しくするため、ではなく。  来週の登山に向けて、スキーのシールを改めようとの思いからなのだったが、これまで使用してきたシールの酷いこと酷いこと。一部、ナイロン消失。【左写真】  隣の部だったワンゲルの徹真さんに貰い受けた、
  11   2 
2018年 02月 14日 15:20登山

目出

 厳冬期奥山登頂に向けて、足りない装備を買いにベルモン各務原店へ出掛けた。三連休明けの火曜日に。  実際に持ってはいたのだったが、30年近くも前のモノであるし、今風な『目出帽』を買い求めた。   予め勉強していったので「メデボウ」ではなく「メダシボウを探しているのですが」と馬店員に尋ねたとこ
  20   2 
2018年 02月 13日 21:54登山

奥山

 奥山、、、、章ではない。  厳冬期の奥深い山へ足を向けるのは一体何時以来のことになるか。  2001年末から2002年元日に撮影補助のアルバイトで穂高周辺へ踏み入って以来となるか。いや、あれは登頂を目指していなかったので純然たる厳冬期冬山の範疇には入るまい。  となれば、1991年東大雪
  6   4 
2017年 12月 01日 05:53登山

深山

 今回の各務原アルプス縦走に思う。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1323700.html    奥山には奥山の、地元を離れた山にはそこにしか無い魅力がある。これは確かなことで、ガソリン焚いて長駆移動して「そこにしか無い山」を
  14   2 
2017年 11月 21日 15:24登山

未遂

 好天が約束された本日火曜、思い立って蓼科山と霧ヶ峰の「王手飛車取り」に出向いた。共に沢からは登り難い山であるし、この半端な時期に当ててみたかった。  前夜20時就寝で3時起床の予定が零時に目覚めてしまってまあいいかで1時半に出掛けたものの眠かった。外はギンギラギンの星空だった。  茅野から大門
  23 
2017年 11月 07日 05:32登山

穴毛

 ここ暫く、先週水曜の『穴毛』体験について思いを巡らしている。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1299503.html  板取川奥でのドライブで紅葉を愛でながら。  増水後の長良川の清らかな水の流れを前にして。  台所で
  14   2 
2017年 08月 04日 07:17登山

日翳

荒い鼻息ついでにもう一丁。 私の在籍した中学校に「スコタを使え」が口癖の数学教師が居た。 スコタは「アタマ」の意と曰う。岐阜弁でもないと思う。 「アタマを使え」ボヤッとせずちゃんと意思を持って考えなさい、の意味と私なりに解釈した。  これまでの私の登山は、地形図を読み取ることから始ま
  13   6 
2017年 08月 03日 09:15登山

読図

 業務上でのこと。  皆伐計画の事業地を伝えようと現場作業員に対して、会社傍の現場だけれど箇条書きや口で言うだけでは充分に伝わらないだろうと、図示して伐採箇所を伝えた。  後に完了したと聞いて現場管理に赴けば、伐り残し範囲が随分とある。???  現場作業員に問えば「飛び地でまだ伐採地があったと
  28   5 
2017年 07月 26日 08:02登山

装備

 先週の山行でもそうだったが、山の装備は何でも持ち込みゃイイってわけでもない。    携帯電話?現地確認のためのGPS?コーヒードリッパー? まぁ、いいケド。  サバイバル登山ぢゃないので、時計とラテルネは持つ。ライターとノコも持っていっていいよね、HBさん?  必要最低限で、ギリギリの
  20   2 
2017年 07月 03日 16:08登山

槍ヶ

 槍ヶ岳に登ったことはない。  見上げたことはある、指呼の間にその穂先を望んだこともある。  登った体感を身の内に取り込んでいない、だからこの山が皆の言うようにいい山かどうかは判らない。  その体感をどのように得ようとするのか、それが一大事である。  今、時間をみて過去記録をヤマレコ上に
  24   6 
2017年 06月 30日 07:52登山

雨後

 今朝は気持ちよく雨が振り、合歓の木の花が散っていた。  雨が降ったら沢には行けない。ではなく、雨が降ったればこそ行ってみたい沢がある。  常態が涸れ沢若しくはチョロ沢で、降雨いや豪雨後に水流や滝が現れるそんな沢に、そんなタイミングでこそ登ってみたい。  勿論地図で見て顕著な沢型が現れ
  14   2 
2017年 06月 27日 07:06登山

総会

【総会△弔鼎】  休憩挟んで本総会の目玉報告である、 ァ屮ぁ璽ンシーキャニオニング」始まる。豊坪渓左俣の報告も別皿で盛られた。  大西君不参加のため、発表者「台湾の肝っ玉姉ちゃん」ジャスミンがやおら登壇する。初見で男と見誤った方も多かろうが、実際のところ女性です。  「イーカンシー」は台
  15 
2017年 06月 26日 11:54登山

総会

 週末、恒例の『海外遡行同人総会』に参加した。事前通知に拠れば参加は70名程とのこと。  前夜、頭痛を伴う37.5度の発熱で参加を危ぶんだものの翌朝治らないながらに身体は軽くなって何とか出立する。子供たちを頼んだぜ、お母ちゃん。 (何と、発表者の一人であった成瀬氏も私同様同時に発熱しており、
  14   5 
2017年 06月 12日 12:52登山

和洋

 角幡唯介文庫本「探検家の憂鬱」「探検家の日々本本」を読む機会あって、そこに服部文祥氏の解説を書いた件あり、その流れで「百年前の山を旅する」を読み返した。  私如きが云うのも何だが、この方は年々考察が深化している。その文章も無駄を削ぎ落とした実に読ませる作文である。岳人誌掲載時にも強く思った最終章
  9   2 
2017年 06月 07日 09:15登山

再登

 先週末、本年3度目と思われる入梅前の週末好天周期がやって来た。    その丁度一週前を思い出しつつ、この初夏の週末を過ごした。  「年寄りの冷や水」? 先週の白峰三山は些か負荷が高過ぎ未だダメージが残るようで、日曜は11時間も寝てしまったし、平日の測量中は充分な睡眠の後も眠くて仕方がなかった
  9   2 
2017年 05月 15日 12:06登山

13

 5.13だの5:13だのと表示されると「ギクリ」とするクライマーも多いかと思う。  ただ、5.9をリードした記憶しかない私にとってはピクリとも来ない表示である。  その表示有った13日土曜、山の先輩からお誘い有った日本山岳会東海支部で開催された『山を語る;米山悟氏、宮城公博氏講演会』に参加
  9 
2016年 11月 10日 08:59登山

11月

 今朝、先日の寒気を受けて冠雪した御嶽の雄姿を拝んで出社した。  11月というのは登山、特に沢登りを志向する人種にとって、何とも半端な月である。  高山では降雪を見て、半端な装備で遡上してきた私のような迂闊な人間を手酷く追い返したりもする。  濡れた身体で風雪に遭うその悲しさといったら比類
  16   4 
2016年 08月 27日 10:43登山

咽喉

 今頃、日本を代表する「咽喉」で粋なトライアルがなされているようだ。  最強の三者が集って、果せる哉アレは?  結果どうあれ、生きて帰ってくればいい。
  1   1 
2016年 08月 20日 10:44登山

表現

 4年に一度のオリンピックがじき閉幕する。  今回のオリンピックは、私に1984年のロスオリンピック以来の強い印象を植えそうだ。  こんなにテレビで観戦視聴したのも初めての事かも知れない。ダイジェストでだけれど。  殊、福原愛氏には個人・団体と、鼻腔をキュンキュンされられっ放しだった。もう
  29   2 
2016年 08月 19日 09:09登山

月夜

 夜間歩行の話の続き。 その  昨年、自宅から在住市の最高峰を往復するトライアルを数度行ったことがある。  秋の夕刻、満月の昇る夜に向けて歩き出して一時間で薄暮の山頂に到達、街灯りが綺麗だった。ヘッドランプを携行してはいるものの敢えてそれを使用せずに、月明かりのみで自宅まで辿り着く試行で、荒
  4   2 
2016年 08月 18日 11:28登山

夜間

 登山の範疇で、止むに止まれず日没後も歩かざるを得ない状況と言うのは過去にもあって、2005年秋に高瀬川西沢遡行から黒岳(水晶岳)への夏道ロングアタックの後に湯俣下山した際には暗闇の中をラテルネ(ヘッドランプ)の灯り頼りに登山道を降りてきた。なお同行のao氏は、同夕刻に湯俣川を夜間下降したので、チョ
  12 
2016年 05月 17日 09:21登山

流れ

 流れを意識、重視して生活の組み立てをしようと常日頃思っている。  登山も然り。  先週からそんな流れの中にある。  ヤマレコの5/7の日記として書いた「南博」に「拍手を送る」をして下さった「8080」さんが5/6の簗谷山の記録を挙げておられ、例年よりも早い開花に偶然にも気付き、ソレッ
  21   2 
2016年 03月 14日 11:37登山

凄絶

 風邪を引いて山を想うと、とてもぢゃないけど登る気がしない。登れる気がしない。近所の小山ですら、そう思う。  一体、山登りって何なんだ?  何でエラい目してまで身体に負荷を掛ける?  時間とカネ掛けてまで。  何でプラ靴が見つからない?  好きな音楽聴いて、河原で火ぃ焚いて肉焼いてビールで
  11   2 
2015年 12月 12日 19:18登山

uz

 ○↓にuz。これが図上に連続している。こ、これはもしや・・・・・。  山登りを始めて以来、過去の山行記録を読むのが好きだった。  大学山岳部・探検部の季報部報、社会人山岳会の会報、岳人誌のクロニクル、個人報等等、それこそアッサリ味からコッテリ系まで色々とあった。実践者が何を思って立案し、ど
  10   2 
2015年 10月 14日 11:09登山

唖然

岳人誌最新号届く。 P.94のアルパインリポートに驚愕す。 ハンノキ滝再登だけでもムムムの記録だというのに 遂に、称名滝右壁が登られた!  それも単独!! またしても大西良治氏。 剣沢大滝I滝新ルート、更にはD滝右壁初登(単独)だけでも充分に唖然茫然記録だったというのに。 称名滝単
  25 
2015年 09月 28日 16:59登山

競技

 陸上競技を観る機会を持った。  会場はいつものFC岐阜の試合を観戦する長良川競技場で。  服部文祥氏の中距離走の文章を読んでから一度観てみたかった。  【※かつての岳人誌連載;超・登山論キΑやたら面白い!】  きっと私なんぞの忙しさとは比べ物にならない位のハードライフの中で、捻出した
  9   2 
2015年 06月 22日 10:25登山

総会

 週末、第[email protected]回海外遡行同人総会が駒ヶ根にて開催された。  報告会には30数名が参加、いつもの顔ぶれと、初参加の若者そしてオジサン達。  海外からは辛うじて一名の参加をみる。  報告件数は4件、特別にネパール大地震に被災したランタンリ登山隊報告もなされた。  数年前までは時間が足りない程
  5   2 
ページの先頭へ