また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記

日記

ブラックステージ macchan90 Standard

カテゴリー「祈」の日記リスト 全体に公開

2017年 11月 15日 03:59

最期

 一昨日オッ家内と、親父が半年と少し暮らした老人ホームへ、荷物の引き取りに出かけた。所謂退去である。  椅子だの机だの大型テレビだのポータブルトイレだの髭剃りだのあったものの、1.5往復で済んだ。  退去に当って、父の最期を看てくれた山にも登れる看護師・佐藤ショーミー氏にその父の「今際の際」
  41 
2017年 11月 14日 14:52

供物 

【前回続き】  ここ最近、他所様の仏壇を拝む機会に恵まれ、というよりは意志的に見せてもらう機会を作って拝んでいる。  仏壇にはその家の、これまですべてが表れている。   任里宅の仏壇は、これまで見てきたものの中で最高位のモノだった。念仏書き水晶玉も有り!   嚢聖匯个舛磴鸞陲蓮⊃読磴
  10 
2017年 11月 11日 06:39

骨仏

 昨日の還骨法要での、骨壺に収まり切らなかった残る骨の行方が気になるところ。  通常は、有料で特別な処理をする性質のものなのだろうが何せモノがモノ、遺骨である。下手は打てまい。  そこへいくとお世話になった善穣寺さんは、このお寺独特のものだと思うが「御骨仏様(オコツボトケサマ)」がお堂に鎮座して
  10 
2017年 10月 27日 10:47

積石

 昨日もやった積石のことを。  林業仕事でもそうだったが、現場に有るモノで何とかする、物事に対処するというのはある意味"王道"である。  無いものばかりを論って、出来ない自分を擁護するというのはこれまでの私である。    野外で道標を示したい際に、赤布やピンクテープを持たない人が利用する
  13 
2017年 10月 20日 06:43

加護

【強運、のつづき】  北海道から戻って美濃の蕨生に6年4ヶ月、各務原の県営住宅に4年4ヶ月住んだ後に2010年8月、今住む中古住宅に移った。その購入の段での話を以下に。 【中古住宅で思い出したが、服部文祥著「アーバンサバイバル」の巻頭には横濱での中古住宅購入の過程が値段付きでアリアリと書き付けて
  19   2 
2017年 10月 14日 09:07

礼参

 現在、退社に当たってお礼参りをしている。  金八先生の、ではなくお世話になった神社への「お礼参り」である。以前も何か書いたな。 https://www.yamareco.com/modules/diary/1946-detail-139561  家内が、私が退社するにあたってしなければならな
  13 
2017年 05月 17日 15:09

仏壇

【「台座」つづき】 https://www.yamareco.com/modules/diary/1946-detail-142690  昨日午前は休みを取った。仏壇搬入をお願いしてあったのだ。  当初は退社後の夕刻に納入を考えていた所「仏壇納入に夜は良くない、午前がヨロシ」担当の@仏壇店
  11   2 
2017年 05月 10日 09:33

台座

 昨晩は休館日、いや休肝日で加えて今朝は雨で湿っていると言うのにやけに喘息症状が出やがる。  PM2.5か? いや、今はAM9.5。  宿題朝やる派の娘が寒がったので、えいやっと火を焚いた。5/10は新記録かも知れない。  昨日は、雨降る前に測量業務へ。  独りでできなくもない業務では有
  9   2 
2017年 05月 06日 17:24

仏壇

【前回『仏壇』のつづき】 https://www.yamareco.com/modules/diary/1946-detail-142078  纏まらない話を纏めよう。  終わらない歌を歌おう。  親族の宗派がゴンチャラ(美山語)。  岐阜というこの地に暮らすこと、お世話になる寺が
  7 
2017年 05月 02日 15:23

仏壇

 小川山の奥まったところに仏壇岩という気を惹く名称のクラックの岩場があって、登りに行ったことがある。  モアイクラックとアモイクラックを登ったと記憶するが、結婚前の記憶なので定かでない。ペンギンクラック?  いや、違う。仏壇の話だった。  昨夕、仕事帰りに仏壇店へ寄った。  買う気お
  11   8 
2017年 04月 20日 09:04

腰鞄

 モンベル社製のウエストバックがまた出てきた。  (モンベル;フランス語で【mont=山】【bell=美しい】?)  都合、四つあったことになる。  ぁ敘髻杰靴燭暴个討たモノの中からは、2015.11.8に行われたFC岐阜VSファジアーノ岡山戦の半券と、ピンクの手帳が出てきた。  母の
  15 
2017年 03月 08日 11:31

名残

 昨日、降雪をみた。  今朝方も降雪あって、百々ヶ峰から連なる対面の山が白くなっている。  岐阜といっても美濃地方に於いては近年の温暖化傾向によって3月降雪が無い年も増えてきたので、珍しい程ではないにせよ「ホホゥ」位には思える。    昨日は吹雪かれた。  どうしても昨日日中に採取せねばな
  14   3 
2017年 02月 25日 08:21

拳遊

(拳遊,弔鼎) https://www.yamareco.com/modules/diary/1946-detail-137831  配属決して浮かぬ気持ちで挨拶に伺った『漁業機械学講座』、歓迎ムードで雰囲気は良かった。ノリも程よくドンチャンとやった覚えもある。  が、機械学何て私にとっ
  3   2 
2017年 02月 23日 16:50

拳遊

 丁度1994年の今時期と記憶する。  山登りに現(うつつ)を抜かした結果、大学生活で2度の留年を重ねた。その上で大学最終年度、卒業の年(6年目4年生)を迎えるに当たっての講座配属への動きが23年前の今時分にあった。  私の属した大学校は「水産系」枠で募集があり受験した。  1年と半の教養
  5   2 
2017年 02月 23日 09:03

金玉

 会社でダスキンの清掃道具レンタルサービスを受けている。  効率第一主義の隣の大隅ちゃんは「あれ、別に要らないんだから契約なんかしなくてもいいのに」と申すも『人はパンのみにて生くる者に非ず』のよ。  日本人がこれまで堅持してきた美観に寄り添い、そのサービスとドーナッツ販売に邁進するダスキンさんに
  7   6 
2017年 01月 09日 15:58

双葉

 今年は、昨秋に義姉の逝去があって年賀欠礼の葉書を出したが、それでも幾葉かの賀状が届いた。  私自身、不謹慎とは解かっていながらも温かな気持ちに、またハッとさせるものがあったので以下に。 _饉匐Α浩は辰砲覆辰討い襦峅崗自動車(仮称)」からのソレは、見慣れた一〇名の社員の顔写真が図柄の羽織袴
  10 
2016年 12月 23日 17:03

空海

 看護疲れが溜まり溜まった後にカタルシスを得る方法そのぁ  心砕いてアレコレ作り、良かれと思って減塩薄味出汁効かせの料理拵えて供すれど美味いも不味いもなくボソボソと囲む食卓で挙句、姉の買ってきた塩醤油濃厚化学調味料キックの惣菜には「コレ美味いわ」のコメントで、味の素シンドローム氏にそう言われ
  8   2 
2016年 11月 29日 11:49

因果

 先週11/23、NHKで将棋棋士村山聖の番組が放映されていた。生憎料理中でチラ観で終わったが、どうやら映画も上映中との事で関連番組だったか。  この太った将棋棋士のことは、随分前に家内のお薦め本として読んで知った。  その単行本「聖の青春」、実は家内の数少ない、といっても私に比べりゃ多いも多い
  16   3 
2016年 11月 02日 10:31

自在

 不登校児の小6の息子は、昨日出発の修学旅行に結局、行かなかった。  行けなかった。  私の両親は、旅行や外出することに不得手だったようで(無関心?)、新境地で見聞を得ようだの出会いを求めようだの登山で悟りを得ようだの考えたことも無いような風情で、気の効いた旅行先に連れて行ってもらった記
  31   4 
2016年 10月 12日 08:26

援団

 何故にあれ程までに古く薄汚いモノが好きなのだろう?  第三子が生まれる前の事なので5年以上前の事になるが、妻の受ける某講習(全5回位)が京都で開催された際に、折角の事なので家族もろとも車で出掛けたことが2度3度あったと記憶する。岐阜からは、近くもないけど遠くもない、それが京都。  御存じの
  7   2 
2016年 10月 06日 09:15

禁煙

 禁煙始めが2012年2月11日なので、4年半が経過した。  喫煙始めが定かでないが、大学探検部で覚えた習癖なので1989年秋ごろと記憶する。  となると、22年以上吸い続けたことになる。22年!  自身の身体は頑健でもなく、小柄でその肉体を上下左右の移動だけに特化した能力でこれまで登山行
  25   10 
2016年 04月 18日 14:20

祭壇

 日曜、早起きした下の娘と二人で近所を散歩する。川へ。  先日焚火した後片付けしようと出向いてみれば、丁度その場所にテントが張ってあった。  車を河原にまで乗り入れて横付けし、土曜の夜に火を焚いてテント泊した模様。  現代人にとっての、理想的なアウトドアなのかもしれない。  邪魔をしても
  6 
2016年 04月 12日 08:48

淡墨

 図らずも、またしても天然記念物見物へ出掛けた。  この時期とあらばこれしかない。  『淡墨桜』  葉桜の時期に一度、義姉を連れて家族で行ったことがあったが、桜開花のこの時期は初めての訪問でこれまた家内のたっての望みだった。  別に生き急ぐつもりもないけれど、何事も勢いのあるうちに”感じ
  21 
2016年 02月 29日 16:01

閏日

 今日は4年に一度の閏日だ。  我が家のトイレに垂れる「13の月の暦」カレンダーの本日の欄は「空」になっている。  そして左端には『0.0. hunab ku』の文字と銀河の?蝶らしき図柄が。  hunabu kuとはマヤ神話において至高の創造神、とある。  今朝「今日は特別な日なんだか
  8   4 
2016年 02月 17日 18:29

再訪

 先月中頃、母のたっての望みで父の弟に当たる叔父の墓参に出掛けた。平成2年に心臓病で49歳で亡くなっている。存命ならば+26歳。  折角訪れた愛知県なので、その足で(スミマセン、オジサン)借家住まいで住所を転々とした父方の祖父母がかつて暮らした住所を当てて、再訪してみた。  下調べして思う。
  12   2 
2016年 02月 09日 11:12

運気

 お雛様は人からお古をもらうものではないという説もあるように、財布はお古を使うものではないとの声がどこかから聞こえてきそうなものだが、私は独自の解釈で貰ったり中古で購入した財布を使用している。  何せ、使用癖が付いていてポケットへの馴染みがいい。  ただ、古財布にはそれぞれ所有され時を経て獲得し
  11   2 
2015年 06月 22日 15:32

石球

 林業事業体である弊社社屋の南向いに赤い鳥居の神社がある。  その名も「山神神社」。私が参らで誰が行く?  神社自体はかなりの急傾斜地につけられた石段を上り詰めた奥に祭壇がある取り立てて珍しさも何も無い場所である。二拝二拍手一拝で、下山する。  第一の鳥居を出ようとすると、その手前目の高さにガ
  9   2 
2015年 06月 18日 10:57

祈り

就寝前、(和)便所に行くと家内が(半ケツ見せて)座り込んでいるのが見えた。 「何や、呑み過ぎで吐いとるんか?」 「祈ってるの」 「はぁ? 便所の入口でか?」 「見ればわかるでしょ、ソウジよ、掃除してるの。  ここ最近の私にとって、トイレ掃除は祈りなの。」  どうやら『トイレの神様』みたい
  12   2 
ページの先頭へ