また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記

日記

ブラックステージ macchan90 Standard

カテゴリー「食」の日記リスト 全体に公開

2019年 04月 12日 09:51

煙茶

 黒々としていた伊吹山が再び白くなるような寒の戻りで、金華山で萌え出した木々がビックらこいているような今日この頃。  岐阜の高島屋で見つけた。  あの、「煙茶」を。  「煙茶」とは京都はお茶の有名店「一保堂茶舗」のお茶で、正式名称は「炒り番茶」であり、表題は私がそう呼ぶだけの呼称である。
  15   2 
2019年 03月 02日 06:01

玄米

 今朝は三日月の傍に土星が見えているという。あ、あれか。  ここ最近、玄米を炊いて食べる機会が多くあった。  以前は玄米と聞くと、一種曰く言い難いカテゴリー(原理主義?)が想起されて回避していたものだった。  きっかけは、古書で手に入れた季刊誌『考える人(ひとは山に向かう)』の中にあっ
  24 
2018年 01月 31日 06:33

パン

 パンの話part3。  ここ近日のパン熱に浮かされて、以前オッ家内に連れられたパン専門店を思い出して行ってみた。  というのも、ちょっと調べてみたらその紹介写真にブールもカンパーニュも写っていたから。  以前の記憶ではかなり値の張るパン屋で、この店にもウェスタンが居たのを覚えているところを見
  15   3 
2018年 01月 30日 22:00

パン

 パンツの話にはなく、パンの話part2。  昨日買ってきたPザンのパン(ヨーグルト酵母のバゲット・ペイザンヌというげな)が美味しくて、「アグルーカの行方」を読みながらアダチのコーヒーとのコンビネーションで図らずも一本完食してしまった。  前半の飢えた角幡荻田両氏や、痩せさらばえたフランシス
  9   2 
2018年 01月 30日 06:09

パン

 パンは好きという程のこともないが、偶に食べたくもなる。  安かったからと、ヤマ○キのパンを買って帰ると家内はあからさまに嫌な顔をする。原材料名の行数が凄いので。アレルギー持ちの児らなので。  何処のパンならええんや?  「そうね、P山(仮称)ならいいわ。」おいおい。  そのPに出掛
  22   4 
2017年 11月 30日 05:26

地下

 ここのところ、ロイヤル劇場での映画鑑賞後に高島屋に立ち寄る。  書籍はアマゾンに拠らず階上自由書房での購入を極力心掛ける。その後地下へ。  これをデパ地下というそうで、高級食材やグルメが居並ぶ界隈を、私の世界では無いと思いこんでこれまで47年生きてきたが、郊外型ショッピングモールに押されて
  8   2 
2017年 10月 29日 22:03

茸汁

 昨夕、突然の来客があった。   長男のゲーム友達二名、ではなく石氏の、である(それも実際直後にあった)。  山採りの辛酸なめ子、ではなくナメコを持ってきて下さった。  この週末は穴山行の計画と聞いていたのだが、台風22号接近のこの不順な天候で日程変更されたとのことで、ダブル石氏で広葉樹山
  5   2 
2017年 09月 14日 11:04

妖艶

 先週末土曜は、一仕事片付いたこともあって久方ぶりに家族で外食に出掛けた。  実家の近所に新装開店して以来、前から気に掛けていた中華料理店であったが、その看板の垢抜けなさと見掛ける度毎の客の入りの感じからそれまで期待はしていなかった。何でも看板は、店主が発注のためにラフスケッチで提出したものがその
  13   4 
2017年 07月 01日 08:24

唐墨

 海外遡行同人総会で「台湾の肝っ玉姉ちゃん」ジャスミンに台湾土産を貰った。  カラスミだった。  何年振りだろう。  以前頂いたのも台湾でのこと。蔡さんという日本語ペラペラの気のいいオジサンに、温泉に浸かりつつ「北国の春」を聴かされつ、食べさせてもらった。  現地にしてもお安いものではな
  10 
2017年 05月 25日 06:22

人参

 日本の人参って、プラスチック食べてるみたいに味気のない物が多い気がする。以前、台湾の沢登りで現地の遡行仲間が持参した人参の味の濃厚さに驚いたことがある。  キズあり人参が目の前に大量にある(箱写真は配り切ったあとの様子で、配分人参が家にもまだまだある)。  あなたならどうする?  捨
  19   8 
2017年 05月 22日 08:57

御茶

 美味しいお茶が無い無いと、騒ぎ立てても詮無いことで、ならばやはり自らの手で作り出してみる他あるまいて。  過日行った山間部での測量中に見つけたチャノキの場所を覚えておいて、昨日新芽を摘みに行った。  親方キヨッさに言わせれば「時期としてちょっと遅ぇくらいやが、売りモンやねえんやしやってみり
  14   4 
2017年 04月 28日 06:31

楤芽

 昨春庭に地植えしたエビネが今年はもう咲いた。早くね?  親方キヨッさによれば、今年の花は開花は遅いが開いたら展開が早いといい、その伝でいくとタラノキは芽吹きは例年に比して遅かったもののアッと言う間に開いてしまって気付いたら「呆けて」まったそうな。人間でもこういう人、居る。俺か?  過日頂い
  8 
2017年 04月 13日 06:52

古風

 母の四十九日法要の際の会食の場へ、家内と下見がてら食事に行った。  外車がズゥラリ居並ぶ駐車場で待ち合わせ、古風な雰囲気ある店舗へ。  ここは以前に家内がどこぞのママ友と食事を摂ったことのある場所だそうで、昼食を牛丼で済ます私のような人種には縁遠い類のお店である。家内はちゃんとソレらしい格好を
  16   6 
2017年 04月 01日 08:50

釣銭

 過日、チーズカレーを食べ終えて万券で支払いをした際、店員のモアイちゃん(愛称)は小銭から返し、札とレシートを渡すという順序で支払いを済ませてくれた。  むむむ、デキるヨ。このモアイちゃんは!  これまでの支払いの際、出納帳を付けている私はレシートを必ず受け取る習慣があるのだが、これまで
  27   4 
2017年 03月 31日 08:05

金八

 実家での看護食事作りの際、大いに世話になった岐阜は各務原市の名スーパーマーケット「スーパーサカイ」に何ヶ月振りかに出掛けた。  当夜は母娘,魯丱譟璽棔璽覬鸚で四日市へ。なので「今宵の晩餐は俺に任せとけ。」  「クリオネ」が入荷したり、その金魚鉢には「エサをあげて下さい」とあったり、自動ド
  7   2 
2017年 03月 07日 16:19

違反

 先週は母の逝去に伴い、献杯続きで日曜まで肝臓が休まらなかった。  2016年1月から始めてこれまで継続できてきた「週に二日は休肝日」ルールが、遂に破られた。  マイ・ルール違反!  これも母を想えば、致し方なし。  昨日月曜は流石に休肝した。  酒精抜けて睡眠の質も良く、朝もスッキリ
  29   6 
2017年 01月 10日 08:59

汁カ

 中部地方のカレー屋として有名な鎖店「珈竰家どこ一番や?(仮称)」へ遅めの昼食へ。  2時過ぎの入店で客は居らず私一人だったが、汗かいて食べてるうちに続々5組の客がご来店〜。  この来店者の入りの感じは俺ビリケン? というよりかはボーリングのピンなんですが。  そもそもチーズ掛けカレーを注
  13   6 
2016年 12月 29日 14:17

禿奪

 今を遡る二十年近く前のこと、6年掛けて大学を卒業して就職もせず隣の島崎教授の伝手で水産庁のマグロ延縄調査船に補助調査員として、今を時めく豊洲より乗船した。当時はスカイツリーのスの字も気配も無かった。  前日に下見しておいたくせに乗船日当日、バス乗り間違えて大いに汗った、いや焦ったことを今思い出し
  12   4 
2016年 12月 29日 11:30

蕎麦

 今年の年末は、例年楽しみにしてきた恒例の栃木年越は適わない。  結婚して妻の両親家族と付き合いが始まり、他所の地域の年越文化の違いを知った。  その両親の御金の稼ぎ方使い方が、我が両親の「少ない稼ぎの中でチマチマ遣り繰りする」とは正反対で、 「年越に使うべき必要枠があって、それに見合った
  10 
2016年 12月 28日 09:03

牡蠣

 一昨日は色々とあり過ぎた。それについてはここでは書かない。  学生時代の同居人に、オヤジがコスタリカ大使である浜野井(仮名)という男が居た。  私の感覚として、確かな舌を持っているという意味に於いて、育ちの良い家庭の子息に料理の上手な奴は多い。勿論例外もある。  浜野井もその内の一人
  13 
2016年 11月 16日 11:53

珈琲

 コーヒーに一時凝ったことがある。15年程前の事と記憶する。  自家焙煎こそしていないが、縦廻しのミルを購入し、ネルドリップやら、将又紅茶でよくあるフレンチプレス(ドトール;ボナポット)で淹れてみたりと、あれこれ試して楽しんだ。 (イシザキの野郎が実家から持ってきたという京都はイノダコーヒー店記
  17   4 
2016年 11月 15日 11:51

元気

 駅前商店街は言うに及ばず、ごく普通の近所のスーパーマーケットも一様に元気がない感じを見受ける。  私の知らない時間帯にはワンさとオジイオバア、ナビィと主婦連が行列して買い物してればいいのだが、私が漁る18時前頃にして実にアッサリしたもので、レジに並ぶは並ぶも3人待ち以上の事はない。  魚も
  9   2 
2016年 09月 01日 10:08

茶漬

 余分な、いや過分なお金を持った際に、自分の欲が一体どこへ向くのか?  母の病気で介護看病に金も掛かろう、通院時に会社の休みも取らせるし、と面倒を看るに過分なお金を本人から渡された。  環境整備の範疇で、何を買う?  実家用の料理道具を揃えた。  ゆくゆく御櫃も買おうと思っている。
  20 
2016年 08月 29日 13:53

カツ

 あの一時期、◆◆の■■が限定されて以来、悲しみに由来するストレスの矛先がどこに向いたか。  私の場合はズバリ「カツ丼」だった。  それまでの私にとりカツ丼とは、会心の山行を終え、空腹を抱えて飛び込んだ山麓の定食屋で注文する特別な食べ物だった。  それが今や、、、、。  仕事を終えて
  20   4 
2016年 08月 24日 14:57

タコ

 初登者が堀池清次氏で、大工英晃氏が自撮りフリーソロしたという伊豆は城ヶ崎のクラックルートの事ではなく、食用タコのこと。  蛸を寿司ネタとしては食べないけれど、酢ダコは自分でも意外なほどに好物で、暮れに栃木で供される酢だこ目当てに帰省するといっても過言ではない。  上の娘もこれには目が無く、
  4   4 
2016年 08月 03日 08:32

桃玉

 先月、美濃で噂の「桃玉(ももだま)」を母と娘等と食べに出掛けた。  お忍びで食べてきたという家内と息子情報で。  見掛けはおおっ、お味はふ〜ん、お値段ビックリ!  店の奥の調理場では、桃玉制作中のネエサマが、ナイフで桃の皮を「べろーん」と上手に剥いていた。  桃の"熟れ時"を見逃さないよう
  15   2 
2016年 07月 29日 11:38

木箆

 箆【へら】とは、薄く扁平になった道具の総称である。英語名、スパチュラ【spatula】。  では高隅山「大箆柄岳」の意味するところは? まあ、いい。  丸元淑生「キッチンバイブル」は、丸元理論に則った食環境を整えるための台所道具論本。  【話は逸れるが、P.152に工業デザイナーの秋岡芳
  5   2 
2016年 07月 18日 10:01

調理

 先月から介護の一環で両親の毎日の食事を作るようになった。  こんなに集中して料理するのは果たして何時以来の事だらうか? 2011年秋季に育休取って料理していた時期も確かにあったが、おさんどんに留まらず家事育児全般を取り仕切るとなると、料理への傾斜はそう強いものではなかった。  折角の機会だ
  5   2 
2016年 07月 16日 11:03

俎板

 先月から介護の一環で両親の毎日の食事を作るようになった。  退社後、食材購入して実家に向かう。  実家の台所のシンクは広く、使い勝手は中々悪くない。西日がモロ当たりで暑いのが玉に瑕、か。明るくて良いは良い。  三本ある包丁も良く切れる。流石は関の刃物である。  ただ、2枚ある俎板が戴け
  9   4 
2016年 06月 30日 13:20

呉汁

 札幌在住にして1997年の夏季に、イシザキという浮世離れした男と「四国九州沢登行脚」に出掛けた。イシマツ道中膝栗毛。  小樽(フェリー)敦賀(電車)大阪(フェリー)志布志と、九州上陸し、屋久島まで南下後、九州を東寄りに北上した。  楽しいことばかりの道中で、九州では随分な親切を受けた。
  11   5 
2016年 02月 13日 11:31

選別

 米粒を選る家内の姿あり。  「おっ、やっとんな。」  「ごめん、これはうちのじゃない。売り物の酵素玄米。」  「・・・・・」  美味しんぼにもありましたが(確か第1巻)、  真に心を込めるとは、こういうことを言うらしい。
  2 
2016年 01月 23日 09:51

拉麺

 金曜夜がゴミの日前夜なのでベストなのだが、退社して帰途スーパーマーキットに寄り、鶏ガラと骨付きモモ肉購入して帰宅する。  人数分の湯たんぽとっとと作った後に、ストーブの大鍋に湯を張り、塩したその鶏肉を放り込んで煮る。丸元先生に言わせれば、洗ってから一度煮たスープは全捨て後、水洗いの後に再度改めて
  9 
2015年 12月 16日 11:41

煮茶

 天明2年(1782年)に刊行された、100種類の豆腐料理の調理方法を解説した料理本に『豆腐百珍』がある。  その「妙品」の項、八十六「煮抜きとうふ」を実践したことがあるが、別種の面白い食べ物に変化する。  表題のこれは家内経由のアイデアで、ウチも通った各務原にあるハードボイルド保育園のママ
  5   2 
2015年 11月 07日 11:53

焙茶

 ほうじ茶を、毎日欠かさず飲む。  ほうじ茶を愛しているといってもいい。  ほうじ茶を愛飲するようになったキッカケは何だったか?  「大正野郎」(山田芳裕作品)の主人公・平徹が煙管とともに飲むシーンが印象的だったからか?(ちなみに平徹は洋モクを排斥し、煙管かゴールデンバットしか吸わない)
  9   2 
ページの先頭へ