また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記

日記

ブラックステージ macchan90 Standard

カテゴリー「花」の日記リスト 全体に公開

2017年 05月 20日 13:31

海老

 昨年の今頃にもエビネのことは書いた。 https://www.yamareco.com/modules/diary/1946-detail-120191  仕事で杉植林地を歩いていたところ、エビネを発見した。  売り物の鉢植えでしか見たことのなかったエビネを、野生ランとして自生して花が咲
  11 
2017年 02月 03日 08:14

球根

 私が「求婚」したのは34の、、、、。  この冬、どういう風の吹きまわしか(オッ家内の仕業)我が家には三個のヒヤシンス「球根」の水耕栽培ポットが設置されて、それらはムクムクと、またムラムラと成長を続けている。  それらうち、ストーブ設置部屋に置かれる一つは特にムッシュムラムラ度が高くて早や紫
  12 
2016年 10月 21日 16:51

千振

 千振を採りに山へ。  昨秋、トレーニングがてら登った近郊低山の道すがらに、見覚えのあるような無いような花を付けた、あれかもしれないしこれかもしれない、でもよく判らない草あり、取り敢えず確認しとけ、と一群れ咲くそれら花の一株を引いて持ち帰った草があった。  やはりセンブリだった。  私
  7 
2016年 09月 28日 10:31

彼岸

 彼岸とは「仏道に精進して煩悩を脱し、涅槃に達した境地」とある。  12年前のこと、入籍即妊娠とあって我々夫婦は結婚直後から派手に動き回ることも無く、出産までの期間を穏やかに過ごしていた。(妊娠発覚前に新婚旅行の一環で長島スパーランドの絶叫マシーン乗りまくりに行こうと計画したが、まあ行かなくて
  8 
2016年 07月 08日 14:28

羽蝶

 羽蝶蘭が咲いた。  時を同じくして母の不調、それに引き摺られて父の体調不良とこれまでの緑内障による視野障害、またそれとは関係なく今度は姉の貧血不調入院と、重なるときはこんなもんだと驚きよりも関心してしまう。前日あんなにも元気そうだったというのに。  今は私と家内で廻せているが、看護する側は何を
  8 
2016年 06月 15日 15:45

榧蘭

 カヤラン【榧蘭】は、伐採仕事をしていると杉の枝にみょみょみょみょ〜ん、とへばり付いているのをまま見掛けるので、大した希少種とは思っていなかったが、かつての同僚バキバッキーによると岐阜県に於いても「準絶滅危惧種」に指定されており、県によっては絶滅危惧砧爐忙慊蠅気譴討い襪箸海蹐發△襦  葉が榧の葉
  10 
2016年 05月 27日 11:58

丁字

 初夏訪れた沢で、稀少蘭と共に2本の深山丁字桜(ミヤマチョウジザクラ)を見つけた。共生関係?  チョウジザクラの深山型で中央アルプスから南アルプスにかけて分布するとあるので間違いなかろう。割合珍しいはずだ。  それにしても開花期が深山だけあって遅い。ミツバツツジ然り。  この花を覚えたのは
  8 
2016年 05月 25日 15:34

布袋

 原生な森を歩いているだけでも十分に満足してはいた。  だが、この緑と白と茶と水の色だけでは単調に感じるのは贅沢に過ぎるとは判っていながらもう一つ「色」が欲しい。  それも品のある色が欲しかった。  ここにホテイランでもあったらなぁ。物語としても最高なのだが。  そんな贅沢な考えが頭をよ
  17 
2016年 05月 13日 08:29

綟摺

 ネジバナ(捩花)、別名モジズリ(綟摺)  書いておいて何だが未だ咲いてもいない、これから花期を迎える花である。  公園等の人間の生活圏で見掛けることのできる、ラン科では例外的に絶滅の恐れの無い花だそうだ。  そんな意味に於いて、雑草扱いを受けて刈払われてしまうことも多く、金銭的価値が無い
  16   2 
2016年 05月 12日 09:29

錫杖

 記念すべき日記101も、花繋がりでツチアケビ。  ラン科植物として、また腐生植物としては非常に草たけが高く、大きな真っ赤な果実がつくので大変人目を引く植物である。  日本固有種。別名ヤマシャクジョウ【山錫杖】。  腐生ラン類は非常に生育環境が限定されるものが多いが、ツチアケビは森林内であ
  10 
2016年 05月 11日 16:50

海老

 今年は玄関先の”バッキー”海老根の開花も早かった。  「あっ」と言う間に咲いて「イっ」てしまった感あり。  海老根;エビネ、である。単子葉植物ラン科エビネ属の多年草。地上性のランである。  古い球茎が何年も残り、地表近くに連なる形状にその名の由来があるとの事だが、この和名も如何にも日本ら
  8 
2016年 05月 11日 08:58

熊谷

 真美、ではなく花繋がりで熊谷草の話です。  皆の言うところの連休最終日、とある情報を得て遂に行ってきました簗谷山。郡上八幡の、更に奥に位置する標高1213.6mの山。  以前より展望の良い山として聞いてはいたものの、どの方面からも沢登りとして面白い登路は見出せず、さりとて積雪期にという
  7 
2016年 05月 10日 17:05

石斛

 今年は玄関前の五葉松に引っ付けてある石斛の開花も早い。  セッコク、である。単子葉植物ラン科の、崖や大木に着生する着生植物である。芳香有り。繁殖力は弱くはないので、今のところ絶滅危惧種ではない。  庭木やシノブ玉の鉢植えに引っ付けられているのを散歩中、稀に見掛けることもあるし拙宅の隣の
  11   2 
2016年 05月 10日 08:36

金華

 四月中旬オッカァに「今、金華山萌えとるよ」といわれて、ええっ?ちょっと早かぁねえかい?と思いつつも見に行けば、、、、  金華山の萌え萌えはこんなもんぢゃあねえんだぁよ、お母ちゃん。  未だ、第一段階。 「山笑う(やまわらう)」とは俳句における春の季語で、春の山の明るい感じをいうそうだが、
  5 
ページの先頭へ