また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > yoneyamaさんのHP > 日記

日記

シルバーステージ yoneyama Premiumチーム安全登山有料会員

最近の日記リスト 全体に公開

2021年 09月 28日 06:45山岳部

追悼文を読みすぎている

何度も人の追悼文を書いてきました。もちろん山の遭難死が多い。山岳部OB会報の編集を担当しているので、人の追悼文を読む機会も多いです。創立100年近く、特に今は山岳部員最大期の世代が80代なので、追悼は年に二度の毎号載ります。 若い年で死んだ友人の追悼文、年配者同士の追悼文と様々ですが、追悼文を読む
  92   3 
2021年 09月 20日 06:53読書 書評

【読書備忘】木曽の杣うた

登山愛好家として、信濃歴史愛好家として、16世紀末、木曽谷ローカルフィクションがたまらなく面白い。木曽御嶽山を中腹登山口からではなく木曽川本流から歩き、木曽駒ヶ岳をロープウェイじゃなく木曽川本流から登ったことのある人なら、この山域の山深さがわかるでしょう。 武田、織田、豊臣、徳川に変わる目まぐ
  32   2 
2021年 09月 19日 13:18名古屋のまち

公設市場のアジフライと赤葡萄酒

名古屋の新居でほぼ二ヶ月。週末の楽しみは、近所の公設市場の惣菜屋で買う、100圓のアジフライです。「公設市場」という20世紀中期の響きも最高ですが、アジフライという食品にも何故か最近惹かれます。きっかけは定食屋でアツアツのやつを食べたせいかも。 青果、鮮魚、精肉、豆腐納豆エリアの奥に、おじさんおば
  32 
2021年 09月 12日 21:53炊事やたべもの

メンチカツをつくる

メンチカツが好きで、日曜日の余興に作ってみた。揚げ物は油が大変だから普段はやりませんが。 揚げ物は、中身→小麦粉→溶き卵→パン粉、と浴びせるものと思っていたけど、最近は小麦粉のどろどろ水溶液を通してすぐパン粉をまぶす方法もあるようです。しかしきょうはスタートして
  39 
2021年 09月 07日 03:09家族と娯楽

昼寝と読書。馴染みない町

週末は暑くも寒くもなくなり、 ただ疫病だけが広がり 遠くや近くの山登りにでかけようという意欲も湧かず、 読書と昼寝を繰り返す。 天気がいいのに山に行かなくては、という負い目もない。 畳の上に寝転がって本を読み、眠くなったらウトウトして、 腹が減ったら飯の支度をする。 ただし、うっか
  59   2 
2021年 08月 29日 04:42読書 書評

ドイツの本、連読

コロナだし、猛暑だし、オリンピックだし、ヒマだし、で、読書がはかどっています。 娘が渡航したのもきっかけで、数十年ぶりにドイツ関連の歴史地理風物を読んでいます。どれも面白い。 やはり、日本との比較の視点になりますが、連邦制と中央集権、歴史上の分断と継続、自国の犯罪的過去への態度、移民対応と閉
  33 
2021年 08月 28日 15:14

山とお金

少し前、登山はお金がかかるという、山登りを初めて数年の女性が話していて 違和感を持ちました。 お金のかかり方と感じ方は人それぞれではありますが、山登りを始めた時代にもよるのだろうか。特にかかるのは山小屋の宿泊代やテント代という話でした。 確かに、山小屋に泊まって一週間も縦走したらお金も
  84   3 
ページの先頭へ