また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > tanigawaさんのHP > 日記
2011年06月04日 21:39山菜記全体に公開

ヨブスマソウ(ほんな、ぼうな、うどぶき)、タイムリーでした

 上越のブナの森に出かけて、ヨブスマソウの群生地探しをしてきました。
 沢沿いに上がって、目星をつけていた一帯に数か所、見つかりました。

 写真2枚目は、その一つの湿地。
 山腹の土砂が枝沢で流され、沢沿いに堆積して、開けた緩斜面になっています。ハンゴンソウ、バイケイソウなどが繁茂する一角に、ヨブスマソウの群落が見つかりました。
 写真中央後方に私が写っていますが、そこからこの湿地の広さがとらえていただけると思います。

 写真1枚目は、典型的なヨブスマソウ。背丈40センチ。
 コウモリ(ヨブスマ)を思わせる形の葉を広げ、葉の柄が茎から出る部分で、茎を抱いているのが特徴です。
 本州のものは、北海道のものに比べると、やや小型。

 写真3枚目は、ヨブスマソウの類種の若い芽です。
 このタイプは、葉柄が茎を抱く部分が、本来のヨブスマソウにくらべて不完全です。
 ヨブスマソウでは、葉を抱く部分の全周に、緑色の葉が巡っていますが、こちらは茎状。生長すると、ヨブスマソウ同様になるのかもしれません。
 茎は、太く、ヨブスマソウ並み。
 茎にほのかなヌメリがあり、香りが強く、味はおいしい。

 どちらも、お浸しでいただきました。

 今日は、このほかにエゾイラクサの若い芽、ハリギリ、コシアブラ、タカノツメ(ウコギ科)などを摘み、春山の花見をしてきました。
 
訪問者数:1396人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2007/9/29
投稿数: 17633
2011/6/4 22:18
 RE: ヨブスマソウ(ほんな、ぼうな、うどぶき)、タイムリーでした
tanigawaさん、ヨブスマソウの群生地を探し当てるとは
鼻が効きますね

私も実は今日、3本だけ見つけました!
お花も山菜も1週間程遅れているようで
山はまだ早春でした。
3本は摘み取った時の香りだけ
楽しんで、知人にあげて来ました。
登録日: 2007/7/19
投稿数: 3160
2011/6/5 7:37
 RE: ヨブスマソウ(ほんな、ぼうな、うどぶき)、タイムリーでした
 sakusakuさん、見つけたんですか! 実は、私たちも、第一発見者はカミさんでした。
 おいしいから、香りに引き寄せられる? 目に飛び込んでくる! 他の植物も繁茂しているところで、よく見つけたと思いました。
 1本、見つかると、その一帯をセンサスできるので、全体の様子がわかってきました。

 sakusakuさんも、山菜の勘がしっかりはたらくようですね。

 ヨブスマソウは、沢や流水のあるかけあがり、中州、など、水気があり、日当たりもある程度ある場所に育つので、足固めをしっかりして、どんどん分け入っていくのが、こつですね。

 エゾイラクサ(アイコ)は、無尽蔵。若い芽をつみました。こちらは、八百屋さんで売ってもいいほど、甘みがある味わいで、山の野菜そのもの、でした。
 トゲトゲは、芽だと、薄い手袋でもなんともなし、でした。でも、生長したものもあり、気を抜くと怖いですね。
登録日: 2010/2/15
投稿数: 438
2011/6/5 8:00
 RE: ヨブスマソウ(ほんな、ぼうな、うどぶき)、タイムリーでした
tanigawa さん おはよう〜

この時期はうどぶきが採れるんですよね。
これも旬の味で美味しい
今年は食べてないな〜
今度山に行くときに探してみます。
登録日: 2007/7/19
投稿数: 3160
2011/6/5 16:02
 RE: ヨブスマソウ(ほんな、ぼうな、うどぶき)、タイムリーでした
 treeappleさん、どうもです。
 山と山菜に恵まれた地域で、うらやましいです。

 東京は、多雪地帯の山菜を味わおうとすると、一日がかりになります。その分、関東の早めの山菜シーズンを味わってから、上越方面が盛りになるので、種類を変えながら、長く楽しめるということもありますが。

 ウドブキの名称はけっこう広い範囲で使われているのですね。ヨブスマソウは、各地でいろいろな名前で呼ばれていますね。それだけ、愛着を持たれいるからでしょう。

 太いウドブキに出会えるといいですね。


ページの先頭へ