また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4745431 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

裏銀座縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年09月30日(金) ~ 2022年10月02日(日)
メンバー
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
30:04
距離
62.9 km
登り
4,632 m
下り
4,175 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間49分
休憩
2時間3分
合計
7時間52分
S七倉登山口04:2905:26高瀬ダム濁沢登山口05:2605:32高瀬ダム湯俣登山口05:3205:37高瀬ダム濁沢登山口05:3705:46高瀬ダム テント場05:4606:03ブナ立尾根取付06:0706:38権太落し06:4908:12三角点08:1709:25烏帽子小屋10:2610:40前烏帽子岳10:4010:48烏帽子岳山頂分岐10:4811:01烏帽子岳11:3611:45烏帽子岳山頂分岐11:4811:57前烏帽子岳11:5812:10烏帽子小屋12:1412:20烏帽子ひょうたん池
2日目
山行
10時間2分
休憩
1時間53分
合計
11時間55分
烏帽子ひょうたん池03:0505:26野口五郎小屋05:2805:42野口五郎岳05:5206:36真砂岳06:3706:41真砂岳分岐06:4107:39東沢乗越07:3908:15水晶小屋08:2708:54水晶岳09:0509:27水晶小屋09:4510:16ワリモ北分岐10:1610:33ワリモ岳10:3811:02鷲羽岳11:1611:56三俣山荘12:2312:58三俣峠13:0013:12三俣蓮華岳13:1613:38丸山13:3813:56中道分岐13:5614:23双六岳14:3114:53双六岳中道分岐14:5314:56双六岳巻道分岐14:5615:02双六小屋
3日目
山行
9時間48分
休憩
1時間3分
合計
10時間51分
双六小屋02:2903:07樅沢岳03:0703:41硫黄乗越03:4104:21左俣乗越04:2105:37千丈乗越05:3706:30槍ヶ岳山荘06:3707:02槍ヶ岳07:1107:25槍ヶ岳山荘07:2707:56播隆窟07:5607:59坊主岩屋下07:5908:30槍沢・天狗原分岐08:3008:52槍沢大曲り08:5209:09ババ平09:0909:28槍沢ロッヂ09:3209:51二ノ俣09:5109:56一ノ俣09:5610:03槍見河原10:0310:29横尾11:0611:44新村橋11:4411:55徳澤園11:5512:30徳本口12:3112:39明神館12:4013:10小梨平13:1013:16河童橋13:1613:21上高地バスターミナル13:2413:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報ひらゆの森(平湯温泉)
過去天気図(気象庁) 2022年09月の天気図 [pdf]

写真

七倉山荘。内装もキレイ。
2022年09月29日 16:22撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山荘。内装もキレイ。
二人部屋を一人使用。もともと広々とした造り。
2022年09月29日 16:04撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二人部屋を一人使用。もともと広々とした造り。
1
夕食。鮎の味噌焼きも出てきて大満足。
2022年09月29日 16:25撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食。鮎の味噌焼きも出てきて大満足。
1
小屋のすぐ脇にテント場。10張りくらい。
2022年09月29日 16:22撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のすぐ脇にテント場。10張りくらい。
タクシー、徒歩のみ通行可。
2022年09月29日 16:23撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシー、徒歩のみ通行可。
トンネル内の看板。もとはクラシックルートらしい。
2022年09月30日 04:42撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル内の看板。もとはクラシックルートらしい。
高瀬ダムのつづら折れ坂
2022年09月30日 05:30撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムのつづら折れ坂
高瀬ダム
2022年09月30日 05:31撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダム
地図ではここにトイレマークがあるが、実際はない。
山荘で済ませてくる人がほとんどだろうが。
2022年09月30日 05:32撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図ではここにトイレマークがあるが、実際はない。
山荘で済ませてくる人がほとんどだろうが。
濁沢キャンプ場は使用不可
2022年09月30日 05:45撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁沢キャンプ場は使用不可
小屋までは樹林帯
2022年09月30日 05:58撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋までは樹林帯
烏帽子小屋。電波入らず。
2022年09月30日 09:24撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋。電波入らず。
稜線は電波あり
2022年09月30日 10:21撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は電波あり
烏帽子岳の山頂
2022年09月30日 10:54撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の山頂
山頂付近の岩場
ステップが切られており簡単
2022年09月30日 11:07撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近の岩場
ステップが切られており簡単
山頂は狭い
2022年09月30日 11:09撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は狭い
野口五郎小屋
以前はテント場があったが強風のため閉鎖されたとか
2022年10月01日 05:25撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋
以前はテント場があったが強風のため閉鎖されたとか
烏帽子岳方面
2022年10月01日 05:48撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳方面
西鎌尾根方面
2022年10月01日 05:49撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根方面
モルゲン野口
2022年10月01日 05:50撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲン野口
水晶小屋は小屋閉め作業中
2022年10月01日 09:44撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋は小屋閉め作業中
飲料の提供はしていたので助かった
2022年10月01日 08:26撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲料の提供はしていたので助かった
1
水晶岳方面
2022年10月01日 08:28撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳方面
北アの深部。ここに来たかった。
2022年10月01日 08:54撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アの深部。ここに来たかった。
手が届かないところにある標柱
2022年10月01日 10:34撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手が届かないところにある標柱
鷲羽岳への登り。2日目の核心部。
2022年10月01日 10:47撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳への登り。2日目の核心部。
三俣山荘への下りも急峻
2022年10月01日 11:04撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘への下りも急峻
鷲羽池
エメラルドグリーンに光っていた
2022年10月01日 11:17撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池
エメラルドグリーンに光っていた
三俣山荘
ツアー客でごった返していた
2022年10月01日 11:55撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘
ツアー客でごった返していた
美味そうだけど高い。インスタント麺で我慢。
2022年10月01日 12:01撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美味そうだけど高い。インスタント麺で我慢。
1
三俣蓮華岳。日本海側からガスが広がり始めた。
2022年10月01日 13:13撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳。日本海側からガスが広がり始めた。
ガスか出始めると雷鳥が!
2022年10月01日 13:36撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスか出始めると雷鳥が!
4羽の群れを2回も目撃
2022年10月01日 14:18撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4羽の群れを2回も目撃
ガスガス
さっさと降りる
2022年10月01日 14:24撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガス
さっさと降りる
かなり降ったところに双六小屋
テント場は混雑してた
2022年10月01日 15:37撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり降ったところに双六小屋
テント場は混雑してた
この日も早出
周りの稜線には早出組のヘッドライトが瞬いていた
2022年10月02日 03:05撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日も早出
周りの稜線には早出組のヘッドライトが瞬いていた
西鎌尾根の鎖場
どれも大した斜度ではないがザレ場が多いので慎重に
2022年10月02日 05:01撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根の鎖場
どれも大した斜度ではないがザレ場が多いので慎重に
2回目の登頂なので記念撮影はパス
2022年10月02日 07:07撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の登頂なので記念撮影はパス
1
槍の影
2022年10月02日 07:04撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の影
穂高連峰
2022年10月02日 07:04撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰
槍沢の紅葉も始まっている
2022年10月02日 08:34撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢の紅葉も始まっている

感想/記録

残りの夏休み。仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳と悩んで天気予報が良い裏銀座を選んだ。
信濃大町から七倉山荘までタクシーで移動。通常運賃は7000円超だが、前日17時までに予約した山荘泊なら1900円に割引される。テント泊でも適用されるが、こちらは2日前までに予約する必要あり。
私は前日に行き先を決めたため割引されず、費用は大差ないのでやむなく山荘泊とした。
七倉山荘は温泉あり、設備はとても綺麗、食事もテラスでのバーベキューが大変美味で結果的に宿泊してよかった。
七倉山荘から高瀬ダムはタクシーで2400円程度。宿泊者と当日組を合わせて大体乗り合いできるそう。
私はなんとなく山の神隧道を歩いてみたくなり、一人だけ4時半発。およそ一時間半で登山口に到着した。ダムのつづら折れ登りがそこそこ辛いので体力に余裕無ければオススメしない。あと真っ暗なトンネルを通るので苦手な人も。
ブナ立て尾根は涼しいせいかそれほどキツくなかった。
2日目は、双六小屋までの12時間行動。午前2時起床。冷え込みがきつく、テントが凍りついていた。
山行のメインである水晶岳、鷲羽岳を超え、ガスり始めた三俣蓮華、双六岳で雷鳥と出会う。
双六小屋のテント場は混雑していて、小屋から最も遠い端っこに設営。生ビール1000円→800円のセールをしていたが、自販機で缶ビール3本を購入して、夕食を取りつつガブ飲み。
3日目は、槍ヶ岳を超えて上高地へ下山。行動時間12時間だが、下りで少し巻ける予定。午前2時半に出発。
西鎌尾根は特段の難所はないが、槍への登りが長くキツい。
槍の頂上は案の定渋滞していたが、30分以上巻いていたので登頂した。
水晶小屋、野口五郎小屋が営業を終え、水の補給が心配だったが、幸い水晶小屋が小屋閉め作業中ながらジュース類と天水の提供をしていたので水不足にはならなかった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:197人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ