また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記
2019年04月17日 20:11日々全体に公開

陛下

 「陛下ぁ〜!」はオペラ「森は生きている」に頻発する科白である。

 今週月曜午後に電話連絡で転職は決まったものの、辞令が下りるのは連休明けの五月七日になるという(入社期日は五月一日)。
 ヤレヤレ、仕事が遅えなぁ、と思ってはみたもののいやいや、元号改正明けの初日ではないかと思い直してこれはこれでイイかも、と思い直した。
 いや、これ以上の区切りの良さは無いかもしれない。何せ覚えがイイ。

 その余禄で勤務まで凡そ三週の猶予が出来て、受話器を置いてからはその三週間の有効な活用方法ばかりに気が行ってしまった。
 早速同志との連休後半の約束を取り付け、それよりも月が満ちてくる今週をどうしようか、御嶽〜乗鞍ラインを繋げようか、昨春の白馬岳から日本海へのラインも宿題として残したままだ(雪原で迎える満月何て素敵である)、いや九州もイイな、阿蘇山の沢登りに行ってみようか、その足で大山の南壁ルンゼ登下降も織り交ぜて〜、何てことを考えていたらその午後に阿蘇山噴火の報が入ってかなり驚いた。何故に?

 ただ三月以降、右足首と腰とに不安を残したままなので、二月にも計画した夏道歩きの熊野行を実践し、様子見をする計画に落ち着いた。昨年JR岐阜駅で見つけた「南紀・熊野古道フリーきっぷ」を活用してみたかったのだ。
 すると今朝のラジオは天皇皇后両陛下のお伊勢行きを報じる。えっ? 電車混んだりしないよね。
 私は行かなかったが、三月下旬に家内両親が京都に旅行した時に私の家族が京都駅でピックアップ合流しようとした際にも両陛下が京都駅へ到着し混雑に巻かれた不思議な重なりがあった。何故に?

 春だから、だらうか。春なのに?
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ