また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記
2019年06月23日 07:59全体に公開

痛風

 先々週のNHKラジオ第一朝放送の「NHKマイあさラジオ 健康ライフ」テーマは痛風だった。痛風発症者である私は関心高く聞いた。
 今更特別新しい情報も無かったけれど、聞いて「あっ」と思う気付きがあったのでここに書いてみたい。
 
 本年二月に自宅にて右足首を酷く捻挫して早4ヶ月、未だにその部位の違和感が消えず残っている。
 痛風は尿酸結晶による関節炎であり、プリン体の代謝産物として出来る尿酸が体内に排出されずに溜まって結晶化すると結石となり、もしくは結節となると我がホームドクター、キョンキョンは説明呉れた。一時期、冬用の登山靴を履いた時に小指の付け根が当たるように感じたのはその尿酸結節だった。「酷くなると靴履けなくなって冬山行けなくなっちゃうワヨ」と忠告呉れた。む〜ん。
 同様の事を朝のラジオが改めて伝える中、ピーンときたのはその尿酸の結晶がもしや、怪我をした部位を狙うように付着するのでは?というmacchan学説である。捻挫は一時、私の癖ともいえる疾病だったのだが、こんなにも治らずに引きずることは以前にはなかったことである。痛風以降の捻挫が完治せず違和感を長く引きずる点は特徴的なことに思われる。
 また、一月前の作業中に右足膝内側を捻挫した部位も、中々治らず未だ痛みが取れないのもこの一環と考えると納得もいく。まあ、この程度では仕事休めず安静にしていないから(オマケにそんな最中に乗鞍の山にも行った)、ともいえるのだが。

 「痛風の尿酸結晶は、怪我した部位を狙い撃ちする」この新説を今度、京子ちゃん(お医者)にぶつけてみよう。きっと「そうやねん、そうやねん」言ってくれると思う。言わないか。
訪問者数:146人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ