また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > macchan90さんのHP > 日記
2019年03月12日 21:55映画全体に公開

劇場

 岐阜は柳ケ瀬にあるロイヤル劇場という映画館は、凡そ二ヶ月ごとに上映プログラムを配布しており、それに即して最近の映画観賞について書きたい。
 なお、そのチラシ上には『ロイヤル劇場 昭和名作シネマ上映会』とあり、入場料金は500円である。また下段には5000円で11回観られるお得な回数券あり、とも。

 まず二週間が倍賞美津子特集!で、
2/9〜15 ;喜劇・女は度胸
2/16〜22 ;炎のごとく
 次の二週が今村昌平監督特集の
2/23〜3/1;楢山節考
3/2〜8 ;うなぎ
 そして今週から松坂慶子特集の
3/9〜15 ;五番町夕霧楼
3/16〜22 ;華の乱
 それに続く脈絡は不明だが「日活アクション映画特集」とあり
3/23〜29 ;拳銃無頼帖 不敵に笑う男
3/30〜4/5;東京流れ者
というプログラムである。う〜ん、渋い?

 峇邨燹女は度胸」については以前書いた。
https://www.yamareco.com/modules/diary/1946-detail-180116
◆岷蠅里瓦箸」は「突然」の付かない映画で期待されたが・・・・・・菅原文太をもってしても記憶に残らない何とも早やな作品であった。
「楢山節考」は先んじて一年程前にDVDで観ており、加えてその間唐沢岳に出掛けていたので劇場では観ていないが中々凄絶なお話であったと記憶する。ピオレドール、いやパルムドール受賞作@。
ぁ屬Δ覆」は、劇場で観るほどもなかろうと借りて観たのが3/8だったが、予想の通りにショーシャンクばりの性交シーンが現れて、横に居た二人の子供達は目をパチクリさせた。山岳部先輩で医師だった今村氏の蔵書を頂いて読んでいた最中に借りてきたのが偶然なら、3文字同じとあって監督とは親族ではないか? いやそれは判らない。◆岷蠅里瓦箸」に近藤勇役で登場の佐藤允が船大工として好演していた。柄本明も、本年一月に亡くなった市原悦子も怪演を見せた。にもい砲眛箪犬終わっているはずの倍賞美津子が登場して個人的に喜んだ。い任里修里桓膺佑っ様が日本昔話の声優、常田富士男であるのが良かったか。ウナギは何のメタファーか?
 今村作品としては「カンゾー先生」を20年前に観たことがあるが(麻生久美子が「時効警察」とは違って美しく保存されていた)、個人的には「にっぽん昆虫記」を観てみたい。
イ録緇緤戮梁緝什遏(内容は『五番町夕霧楼』と『金閣炎上』の合作)とあってかなり見応えある作品だった。吃音症の青年僧、櫟田正順を演じる奥田瑛二が好演し、当時28歳の松坂慶子が薄幸ながら艶々とした女性を演じており、何だかんだ言って私はこの女性が好きなのだろう。松坂氏を語る際にこの作品は外せないかもしれない。実際は中々普通でない気配があるが、深作欣二はいいとして配偶者はあの!ジャズギタリスト?のハル高内氏である。風吹ジュンはじめ夕霧楼の遊女たちも意外に夕子に好意的でありまた浜夕子いや、浜木綿子も温かな眼差しで夕子を見守る立場を保って気が削がれなかった。加藤嘉も同様、また住職佐分利信も焼失後の母に対しての態度には救いがあった。しかし長門裕之はまだいいとして、臨源寺玄悠演の織本順吉の野郎は許せんっ! 正順が激高するのはアッタリめーだ。場所が場所、事情が事情なら唐沢岳北西尾根上から叩き落してやりてー輩だった。
 冒頭登場の、夕子父である黄門様佐野浅夫氏は長女親友ノアちゃんパパそっくりさんなのだが、甲斐性無しの木樵役だそうでいやはや何とも。
【追記;翌日借りてあった三島由紀夫原作の映画化作「金閣寺(1976)」を観たが、こちらは建付けが些か、、、。三島の「金閣寺」作品は市川崑監督作品「炎上(1958)」が評判高いようだ。】
訪問者数:144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2016/1/24
投稿数: 763
2019/3/12 22:18
 RE: 劇場
先日、楢山節考を観に行きましたョ。スクリーンそのものより、幕間の音楽に唸ってしまいました。西田佐知子の「アカシヤの雨がやむとき」、バーブ佐竹の「女ごころの歌」と奥村ちよの「なんとかのジロー」でした。「アカシヤ・・・」はさっそく楽譜を取り寄せました。macchanぐらいの若手ではバーブ佐竹なんて知らないでしょうが。
登録日: 2008/6/30
投稿数: 831
2019/3/12 22:39
 RE: 劇場
おお、行かれましたか。私の記憶では、maasuke1 さんのお話あって昨年6月に楢山節考をDVDで観たはずです。バーブ氏は勿論知りませんでしたが「アカシヤの雨がやむとき」の西田佐知子の歌唱は切々と訴え掛けるものがありますね。
登録日: 2016/1/24
投稿数: 763
2019/3/12 22:58
 RE: 劇場
木下恵介版も観てちょ。こちらの方が、夢にまで出てくるような「恐怖」を感じますョ。
登録日: 2008/6/30
投稿数: 831
2019/3/12 23:05
 RE: 劇場
今村版の25年前の作品ですね、覚えておきまする。


ページの先頭へ