また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > tanigawaさんのHP > 日記
2012年06月07日 22:15山菜記全体に公開

今年も、青山椒で、ちりめん山椒を仕込む

 梅雨の入りが間近い時期は、青山椒(実山椒)が旬の時期に入ります。
 奥多摩では、いまが青山椒のはしりの時期。
 今年も、山の山椒の若い実をちょっといただいてきて、ちりめん山椒を作りました。

 山は、いま、卯の花が終わりにさしかかり、小アジサイや、タマアジサイの蕾がちらほら見られる時期に入ってきました。

 毎年、青山椒をいただいてきた木は、それぞれ急な斜面にあります。
 リハビリ中の私は、いつも以上に注意して体をしっかりビレイしながら、実の粒の育ちがいいものを、選んで収穫しました。
 まだしばらくは、不意の態勢立て直しが効かず、無理はできません。

 帰り際、沢の対岸にも良い山椒の雌の木が一本見つかり、ここは良い足場でしたので、楽に収穫できました。

 今年の奥多摩も、少し生長は遅れ気味。
 あと1週間ほどしたら、実が十分に育ってくると思います。

 家に帰って、実をていねいに下ごしらえ。
 実には細い枝(花枝)がついていて、2時間近くかけて丁寧に除きます。
 この青山椒は、ざっと塩ゆでして、冷水にさらします。

 ちりめんを、酒、醤油、砂糖少しで煮て、青山椒を和えて、鍋に出汁がなくなるまで、煮含めます。

 若い実を使ったので、できあがりは、やららかい山椒の芳香。奥歯で実とちりめんを噛みしめると、口の中に山の香りと海の味が広がりました。
 それにしても、季節の進むのは早いです。
訪問者数:908人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2007/5/15
投稿数: 5603
2012/6/8 4:22
 RE: 今年も、青山椒で、ちりめん山椒を仕込む
写真見るだけで口の中がしゅわ〜としてきました。
いつか真似したい趣味です。
登録日: 2007/7/19
投稿数: 3159
2012/6/8 6:44
 RE: 今年も、青山椒で、ちりめん山椒を仕込む
 yoneyamaさん、甲州にはいつ到着されるか、わかりませんが、あと10日後くらいには、大菩薩や奥秩父でも、標高1000mあたりで、青山椒が旬になると思います。
 ことしがタイミングが外れたら、来年でも。
 50本の山椒の木のうち、1本に実が付くくらいの、確率。良い雌の木は、辛抱強い探索が必要です。


ページの先頭へ