ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937671 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂南稜から奥穂、北穂、大キレットを越え裏銀座で船窪までテン泊縦走63km(奥穂・北穂・槍・三俣蓮華・鷲羽・野口五郎・烏帽子・船窪)

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー nanfutsu
天候8月6日 快晴 8〜21℃
8月7日 快晴 7〜22℃
8月8日 快晴 7〜19℃
8月9日 晴時々曇り。夕方、一時霧雨 7〜18℃
8月10日 晴 7〜23℃
8月11日 快晴 7〜19℃
8月12日 快晴 11〜25℃
アクセス
利用交通機関
バス
行き:アルペン号(大阪16:30〜松本21:40)
帰り:アルペン号(松本22:40〜大阪07:40)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間24分
休憩
2時間48分
合計
7時間12分
S上高地バスターミナル06:2606:30無料トイレ06:3606:37河童橋06:3806:42日本山岳会上高地山岳研究所06:49岳沢湿原・岳沢登山口07:177番標識07:1808:53岳沢小屋09:0009:38南稜取り付き09:5410:56ルンゼ分岐12:1312:25モノリス13:2513:38トリコニーI峰
2日目
山行
7時間23分
休憩
1時間7分
合計
8時間30分
トリコニーI峰05:3105:43トリコニー鵺峰05:5308:11南稜の頭08:1408:29穂高岳08:3008:54穂高岳山荘09:1509:55涸沢岳10:1113:33北穂高岳(北峰)13:4914:01北穂高岳・天場
3日目
山行
9時間11分
休憩
54分
合計
10時間5分
北穂高岳・天場05:3005:55北穂高岳(北峰)06:1006:19北穂高小屋07:56長谷川ピーク08:0410:56南岳小屋11:1611:30南岳11:50天狗原分岐13:36中岳13:3814:34大喰岳14:45飛騨乗越14:4615:01槍ヶ岳山荘15:0915:35殺生ヒュッテ
4日目
山行
9時間0分
休憩
40分
合計
9時間40分
殺生ヒュッテ04:4705:37槍ヶ岳山荘06:0306:37千丈乗越10:43樅沢岳10:4411:03双六小屋11:1511:48双六岳巻道分岐13:41三俣峠13:4214:27三俣山荘
5日目
山行
9時間58分
休憩
45分
合計
10時間43分
三俣山荘05:1007:10鷲羽岳07:1107:48ワリモ岳07:4908:05ワリモ北分岐08:0709:15水晶小屋09:1810:02東沢乗越10:0311:34真砂岳分岐11:4012:30野口五郎岳12:50野口五郎小屋13:2115:53烏帽子ひょうたん池
6日目
山行
10時間9分
休憩
28分
合計
10時間37分
烏帽子ひょうたん池05:3305:48烏帽子小屋05:5106:15烏帽子岳山頂分岐06:1606:38烏帽子岳06:3906:50烏帽子岳山頂分岐07:27烏帽子田圃07:2808:32南沢岳08:3610:15不動岳13:08船窪第2ピーク13:0914:14船窪岳14:2214:33船窪乗越14:3915:35船窪乗越天場15:3615:54船窪小屋15:5616:05七倉岳16:10船窪乗越天場
7日目
山行
3時間59分
休憩
5分
合計
4時間4分
船窪乗越天場05:2005:34七倉岳05:49船窪小屋06:17天狗の庭06:54鼻突八丁(八合目)06:5507:27岩小屋07:2808:13唐沢ノゾキ08:1409:03七倉登山口09:05七倉山荘09:0709:22高瀬館09:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■奥穂南稜
・雪渓が無いと取り付きやすいが、ガレ沢歩きと取付地点付近のザレがつらい
・下の小滝までは岩クズが多く落石に注意
・3つのルンゼは好みで選択することになるが、今回辿った中央ルンゼから右草付きルンゼに降りるルートは面白いがハイマツ漕ぎの体力が要る。
・モノリスからトリコニーのクライミングも概ね正面突破できる。
・トリコニー以降はリッジに付かず離れずあたりが無難。懸垂下降ポイントはクライムダウンできる。

■奥穂〜北穂
・北進では涸沢岳からの激下りとなり南進に較べて困難。

■北穂〜槍(大キレット)
・北穂から長谷川ピーク過ぎあたりまで、急峻な鎖場やリッジが連続する。奥穂〜北穂同様、南進に較べて困難。
・最低のコルから南岳は急な登りで、その後もジワジワとしたアップダウンが槍まで続くため体力勝負となる。

■槍〜三俣(裏銀座前半)
・西鎌尾根に一部ザレた鎖場あり。

■三俣〜烏帽子(裏銀座後半)
・水晶小屋からしばらく崩壊気味のザレた縦走路が続く。

■烏帽子〜船窪・七倉
・崩壊地のアップダウンが連続する。ロープや梯子が設置されているとは言えローカルな設備のため慎重さが必要。
・所々、新しく道が付け替えられているところがあるので、古い崩壊地側に入り込まないように留意。
その他周辺情報■水場の状況
・上高地   ◎五千尺ホテル前湧水 無料
・岳沢小屋  ◎雪解け水 無料
・奥穂山荘  ◯雪解け水 200円/ℓ(テン泊時は込)
・北穂小屋  △天水   100円/0.5ℓ 浄化済
・南岳小屋  △天水   200円/ℓ 飲めるが煮沸推奨
・槍ヶ岳山荘 △天水   200円/ℓ 浄化済
・殺生ヒュッテ×天水   100円/0.5ℓ ポリ容器臭きつく煮沸要
・双六小屋  ◎雪解け水 無料
・巻道ルート ◎沢水豊富
・三俣山荘  ◎雪解け水 無料
・水晶小屋  ◯ミネラルウォーター 300円/0.5ℓ
・野口五郎小屋△天水   200円/ℓ 浄化済
・烏帽子小屋 △天水   100円/0.5ℓ 浄化済
・船窪小屋  ◎湧水   無料
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アルパインハーネス(320) 確保機・カラビナ・スリング(700) 8mm30mロープ(1 800) ザック(1786) テント(1420) パッド(650) シュラフ(570) シュラフカバー(180) レインウェア(395) バーナー(120) ガス小(180) ガス中(300) ナイフ(59) シェラカップ(65) 傘(160) ヘッドラップ(90) 予備ランプ(80) ヘルメット(250) 予備電池(300) エマージェンシーキット(90) 食料(3000) 着替え(700) バッテリー1(85) バッテリー2(150) スマホ(146) 予備スマホ(180) 水(3000) ヴィクトリノクス(59) その他(1000)

写真

ハッカ油20滴程度とエチルアルコールで虫除けスプレイを準備する。蚊・ブヨ・メマトイには効果的。アブにはまあまあだが舐められるだけなので特に問題無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッカ油20滴程度とエチルアルコールで虫除けスプレイを準備する。蚊・ブヨ・メマトイには効果的。アブにはまあまあだが舐められるだけなので特に問題無し。
24
七日分の食料も揃える。今回のポイントはペンネパスタと松茸ご飯。山で食べるのが楽しみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七日分の食料も揃える。今回のポイントはペンネパスタと松茸ご飯。山で食べるのが楽しみ。
51
登山計画書をパウチし出発。
ロープ、ガチャもの、水3ℓ等で21kg。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山計画書をパウチし出発。
ロープ、ガチャもの、水3ℓ等で21kg。
33
松本に前乗りする。オープンしたてのカプセルホテルで快適。安くて清潔、大浴場も広々。
大浴場の壁画は富士山じゃなく河童橋から見た穂高岳。
2016年08月05日 22:37撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本に前乗りする。オープンしたてのカプセルホテルで快適。安くて清潔、大浴場も広々。
大浴場の壁画は富士山じゃなく河童橋から見た穂高岳。
12
【初日 8月6日】
松電の始発で上高地に向かう。
2016年08月06日 04:35撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【初日 8月6日】
松電の始発で上高地に向かう。
8
1年ぶりの河童橋。完璧な快晴!。
2016年08月06日 06:38撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年ぶりの河童橋。完璧な快晴!。
25
まずは岳沢小屋を目指す。雪解け水を補給する。
2016年08月06日 08:57撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは岳沢小屋を目指す。雪解け水を補給する。
3
登山道を外れ滝沢を上がる。
トリコニーやルンゼ群が良く見渡せる。
2016年08月06日 09:10撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を外れ滝沢を上がる。
トリコニーやルンゼ群が良く見渡せる。
18
辿ったルートを描いてみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辿ったルートを描いてみた。
34
雪渓が無いと沢の巨大な岩群を超えて行かなければならず、早くも体力を消耗する。
2016年08月06日 09:28撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が無いと沢の巨大な岩群を超えて行かなければならず、早くも体力を消耗する。
13
南稜取り付きのシュルンドはこんな具合。
ここは数分後「ドッシャーン」ともの凄い地響きとともに崩壊した。
2016年08月06日 09:43撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜取り付きのシュルンドはこんな具合。
ここは数分後「ドッシャーン」ともの凄い地響きとともに崩壊した。
15
小滝群のルンゼに取り付くが出だしはザレザレの急斜面で足元が不安定だ。
2016年08月06日 09:43撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝群のルンゼに取り付くが出だしはザレザレの急斜面で足元が不安定だ。
7
30mほどザレ斜面を慎重に登ると乾いたルンゼになる。
2016年08月06日 09:51撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30mほどザレ斜面を慎重に登ると乾いたルンゼになる。
18
取付を見下ろす。
2016年08月06日 10:03撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付を見下ろす。
6
小滝群は巻かずに直登して行く。
2016年08月06日 10:03撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝群は巻かずに直登して行く。
8
何カ所か残置ハーケンが出てくるが、このスリング付きハーケンの下の滝はリーチが長くやや苦労した。
2016年08月06日 10:10撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何カ所か残置ハーケンが出てくるが、このスリング付きハーケンの下の滝はリーチが長くやや苦労した。
11
チムニー状の上の瀧を登る。ザックが邪魔でやや困難。
急角度で登るのでどんどん標高が上がる。
2016年08月06日 10:14撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チムニー状の上の瀧を登る。ザックが邪魔でやや困難。
急角度で登るのでどんどん標高が上がる。
13
標高2600m付近まで登ってきた。
岳沢のテン場が遥か下になってきた。
2016年08月06日 10:57撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2600m付近まで登ってきた。
岳沢のテン場が遥か下になってきた。
7
今回はとにかく真っ直ぐ登りたいので、中央ルンゼに入る。
少し湿り気のある岩を詰めて行く。
2016年08月06日 11:02撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はとにかく真っ直ぐ登りたいので、中央ルンゼに入る。
少し湿り気のある岩を詰めて行く。
18
ルンゼの脇にキイチゴがたくさん実っているのでつまみ食いをしながら登る。すっぱーい。
2016年08月06日 11:12撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼの脇にキイチゴがたくさん実っているのでつまみ食いをしながら登る。すっぱーい。
19
ルンゼを詰めると藪になってきた。僅かな踏み跡を辿って登る。
2016年08月06日 11:33撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼを詰めると藪になってきた。僅かな踏み跡を辿って登る。
7
踏み跡は迷走し、その内ハイマツ帯につかまる。
手を松ヤニだらけにしてハイマツ漕ぎをする。
2016年08月06日 11:39撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は迷走し、その内ハイマツ帯につかまる。
手を松ヤニだらけにしてハイマツ漕ぎをする。
10
トリコニーから延びるリッジの大岩の下に出たものの被っている岩で登れず、また、左巻きは強烈なハイマツ帯なので断念する。
2016年08月06日 12:17撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニーから延びるリッジの大岩の下に出たものの被っている岩で登れず、また、左巻きは強烈なハイマツ帯なので断念する。
5
眼下に右ルンゼから延びている草付きルンゼが見えたので、ハイマツをつかんで10mほどクライムダウンし草付ルンゼに降りる。
2016年08月06日 12:17撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に右ルンゼから延びている草付きルンゼが見えたので、ハイマツをつかんで10mほどクライムダウンし草付ルンゼに降りる。
13
急斜面の草付きルンゼを1時間ほど足掻くとやっと岩稜帯に出た。
2016年08月06日 13:18撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の草付きルンゼを1時間ほど足掻くとやっと岩稜帯に出た。
12
ほどなく藪は無くなり快適なクライミングが出来る。
2016年08月06日 13:26撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく藪は無くなり快適なクライミングが出来る。
11
モノリスの下の大岩まで登ってきた。
2016年08月06日 13:27撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノリスの下の大岩まで登ってきた。
14
下を見ると取り付きやテン場が真下にあるように見えるので相当な急角度だ。
2016年08月06日 13:36撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見ると取り付きやテン場が真下にあるように見えるので相当な急角度だ。
17
河童橋から7時間掛かってようやくモノリスの下に辿り着いた。ザックが重いと時間がかかるなあ。
2016年08月06日 13:38撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋から7時間掛かってようやくモノリスの下に辿り着いた。ザックが重いと時間がかかるなあ。
21
東側に目をやると、吊り尾根の屏風のような岩壁に圧倒される。
2016年08月06日 14:20撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側に目をやると、吊り尾根の屏風のような岩壁に圧倒される。
21
乗鞍方面を見ると雷雲がモクモクと育っている。
奥穂までの途中で雷雨に合うと逃げ場が無いので大事をとってモノリスの下の風の当たらない岩棚でビバークすることにする。
2016年08月06日 14:25撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍方面を見ると雷雲がモクモクと育っている。
奥穂までの途中で雷雨に合うと逃げ場が無いので大事をとってモノリスの下の風の当たらない岩棚でビバークすることにする。
29
そうと決まれば岳沢を見下ろしながらサンドウィッチで空腹を満たす。爽快。
2016年08月06日 14:40撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうと決まれば岳沢を見下ろしながらサンドウィッチで空腹を満たす。爽快。
21
明神岳を見ながらくつろぐ。
明神の山頂に黄色いテントが見える。あちらでもビバーク決定したようだ。
2016年08月06日 15:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳を見ながらくつろぐ。
明神の山頂に黄色いテントが見える。あちらでもビバーク決定したようだ。
24
明神岳にアーベントロートが映える。
2016年08月06日 18:40撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳にアーベントロートが映える。
16
きれいな夕焼けを眺めながら就寝。
2016年08月06日 19:01撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな夕焼けを眺めながら就寝。
53
【二日目 8月7日】
早速、モノリス岩に取り付く。
2016年08月07日 05:22撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【二日目 8月7日】
早速、モノリス岩に取り付く。
9
どんどん直登していく。
2016年08月07日 05:28撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん直登していく。
7
焼岳や西穂に朝日が当たり出した。
2016年08月07日 05:28撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳や西穂に朝日が当たり出した。
13
トリコニー1峰のチムニーに入る。
2016年08月07日 05:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニー1峰のチムニーに入る。
12
確かに向こう側からこちら側に飛び移るのに勇気がいる。
2016年08月07日 05:34撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに向こう側からこちら側に飛び移るのに勇気がいる。
20
チムニーから左巻きで上部の残置スリングに出会う。
巻くのも登るのもそれなりの覚悟が要りそうなのでスリングをつかんで直登するがノッペリした岩でホールドもスタンスも取りづらく犬のケンケンみたいに足掻いて登る(笑)
2016年08月07日 05:40撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チムニーから左巻きで上部の残置スリングに出会う。
巻くのも登るのもそれなりの覚悟が要りそうなのでスリングをつかんで直登するがノッペリした岩でホールドもスタンスも取りづらく犬のケンケンみたいに足掻いて登る(笑)
14
もう、ひと岩を越す。
2016年08月07日 05:42撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、ひと岩を越す。
9
越えてきたトリコニー1峰のナイフリッジを振り返る。
高度感が心地よい。
2016年08月07日 05:51撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えてきたトリコニー1峰のナイフリッジを振り返る。
高度感が心地よい。
30
トリコニー2峰は右巻きで通過する。
ここまで来ると明神岳と同じ高さになってくる。
2016年08月07日 05:58撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニー2峰は右巻きで通過する。
ここまで来ると明神岳と同じ高さになってくる。
15
トリコニー3峰はスルー。
2016年08月07日 06:03撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニー3峰はスルー。
8
ここからは暫く急な岩稜帯を登っていく。
2016年08月07日 06:04撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは暫く急な岩稜帯を登っていく。
5
吊り尾根の影だったので、やっと陽がさした。
2016年08月07日 06:13撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り尾根の影だったので、やっと陽がさした。
6
トリコニーの岩峰群にも陽があたりだした。
2016年08月07日 06:21撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニーの岩峰群にも陽があたりだした。
18
ゴツゴツした岩のリッジを登って行く。
2016年08月07日 06:21撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴツゴツした岩のリッジを登って行く。
17
ナイフリッジ群も越えて行く。
滝沢側に回ってしまい、かなりシビアなクライミングになってしまった(汗)。
2016年08月07日 06:30撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ群も越えて行く。
滝沢側に回ってしまい、かなりシビアなクライミングになってしまった(汗)。
20
尾根に付かず離れず登って行く。
2016年08月07日 06:36撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に付かず離れず登って行く。
7
懸垂下降ポイントまでやってきた。
ロープを出すのが面倒なのでクライムダウンでやり過ごす。
2016年08月07日 07:28撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降ポイントまでやってきた。
ロープを出すのが面倒なのでクライムダウンでやり過ごす。
18
斜度もやや緩くなりガレ場を詰めて行く。
2016年08月07日 07:49撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度もやや緩くなりガレ場を詰めて行く。
7
ほどなく南稜の頭に辿り着いた。
2016年08月07日 08:14撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく南稜の頭に辿り着いた。
10
奥穂山頂までやってきた。縦走路がよ〜く見渡せる。
ほんといい天気。
2016年08月07日 08:33撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山頂までやってきた。縦走路がよ〜く見渡せる。
ほんといい天気。
32
奥穂山荘が見えてきた。
雪解け水を補給する。
2016年08月07日 08:53撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山荘が見えてきた。
雪解け水を補給する。
11
しばし休憩後、涸沢岳に向かう。
2016年08月07日 09:20撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし休憩後、涸沢岳に向かう。
5
涸沢岳からの下りは、いきなり垂直ルンゼの鎖場。
2016年08月07日 09:58撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳からの下りは、いきなり垂直ルンゼの鎖場。
16
最低コルから北穂。大キレットの先に槍が見渡せる。
2016年08月07日 10:02撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低コルから北穂。大キレットの先に槍が見渡せる。
21
若干斜度は緩むものの鎖場が続く。
2016年08月07日 10:11撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干斜度は緩むものの鎖場が続く。
6
長い鎖のトラバースで涸沢岳を下りD沢のコルに降り立つ。
2016年08月07日 10:34撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い鎖のトラバースで涸沢岳を下りD沢のコルに降り立つ。
9
谷に落っこちるように涸沢槍を下る。
2016年08月07日 10:39撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に落っこちるように涸沢槍を下る。
16
アルミ梯子を下る。
2016年08月07日 10:51撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルミ梯子を下る。
6
まん中がアルミ梯子。南進するハイカーが取り付いている。
2016年08月07日 10:58撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まん中がアルミ梯子。南進するハイカーが取り付いている。
10
最低のコルに降り立つ。
2016年08月07日 11:19撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低のコルに降り立つ。
17
奥壁バンドをトラバース気味に登る。
2016年08月07日 11:44撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥壁バンドをトラバース気味に登る。
13
滝谷C沢上部を登って行く。
2016年08月07日 12:16撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷C沢上部を登って行く。
8
その後、涸沢側に回り込んでスラブを登る。
2016年08月07日 12:24撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、涸沢側に回り込んでスラブを登る。
9
登り切ったところから南を振り返る。
奥穂・ちらっとジャン・涸沢岳が良く見渡せる。
2016年08月07日 12:26撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ったところから南を振り返る。
奥穂・ちらっとジャン・涸沢岳が良く見渡せる。
9
滝谷ドームの基部を回り込み稜線に上がると北穂北峰が見えてきた。
2016年08月07日 12:49撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷ドームの基部を回り込み稜線に上がると北穂北峰が見えてきた。
13
松濤岩の基部をトラバースし北穂到着。
2016年08月07日 13:34撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松濤岩の基部をトラバースし北穂到着。
16
大キレットから槍がバッチリ。
2016年08月07日 13:43撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットから槍がバッチリ。
31
北穂小屋でテントの受付を済ませ北穂北峰が見えるところに幕営する。
2016年08月07日 15:05撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂小屋でテントの受付を済ませ北穂北峰が見えるところに幕営する。
11
南側は前穂に奥穂がバッチリ。
一段下のテン場は砂地でフラットだが、私は雨対策で敢えて岩場に張る。
小石をパズルのようにしてフラットに均していくのも面白い。
2016年08月07日 15:06撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は前穂に奥穂がバッチリ。
一段下のテン場は砂地でフラットだが、私は雨対策で敢えて岩場に張る。
小石をパズルのようにしてフラットに均していくのも面白い。
41
夕食は1分パスタ。縦走中に、あらかじめペンネを水に浸しておいたので、沸騰したお湯で1分煮込んでソースを混ぜ合わせるだけでオッケイ。
前穂を眺めなら明太子パスタを食べる。
2016年08月07日 15:26撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は1分パスタ。縦走中に、あらかじめペンネを水に浸しておいたので、沸騰したお湯で1分煮込んでソースを混ぜ合わせるだけでオッケイ。
前穂を眺めなら明太子パスタを食べる。
25
【三日目 8月8日】
3,000mを越えると結構冷え込み気温は7℃。
寒いのでカップそばで暖まる。
2016年08月08日 04:32撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三日目 8月8日】
3,000mを越えると結構冷え込み気温は7℃。
寒いのでカップそばで暖まる。
13
きれいな陽の出とともに大キレットに向けスタート。
2016年08月08日 05:09撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな陽の出とともに大キレットに向けスタート。
24
今日もいい天気。
2016年08月08日 05:31撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もいい天気。
27
纏リスバッジも一緒。
2016年08月08日 05:32撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
纏リスバッジも一緒。
20
おやおや、朝日を浴びる雷鳥の親子じゃありませんか。
逃げないしカワイイ。
2016年08月08日 05:41撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おやおや、朝日を浴びる雷鳥の親子じゃありませんか。
逃げないしカワイイ。
37
さて、大キレットに突入する。
のっけから激下り150mほど標高を下げる。
2016年08月08日 06:11撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、大キレットに突入する。
のっけから激下り150mほど標高を下げる。
29
ガレの鎖場を下るが、先は奈落の底だ。
2016年08月08日 06:50撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレの鎖場を下るが、先は奈落の底だ。
11
飛騨泣きはステップが設置されているのでさほど問題は無い。
2016年08月08日 06:58撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨泣きはステップが設置されているのでさほど問題は無い。
12
高度感は爽快。あそこまで高度を下げる。
2016年08月08日 06:58撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感は爽快。あそこまで高度を下げる。
26
ここはクライムダウンできず鎖に頼った。
ややかぶり気味なのでザックが重いと困難。
2016年08月08日 07:01撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはクライムダウンできず鎖に頼った。
ややかぶり気味なのでザックが重いと困難。
10
振り返る。
2016年08月08日 07:04撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。
9
ヤバイところがしばらく続く。
2016年08月08日 07:11撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤバイところがしばらく続く。
12
A沢のコルで一息つく。
2016年08月08日 07:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A沢のコルで一息つく。
9
降りてきた北穂を振り返る。
北進はやや困難。
2016年08月08日 07:51撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた北穂を振り返る。
北進はやや困難。
9
ナイフリッジを辿り長谷ピーから北穂を仰ぐ。いい眺め。
2016年08月08日 08:09撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを辿り長谷ピーから北穂を仰ぐ。いい眺め。
12
最低のコルを少し過ぎたところから北穂や長谷ピーを振り返る。
2016年08月08日 09:24撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低のコルを少し過ぎたところから北穂や長谷ピーを振り返る。
17
今度は南岳への急登が始まる。
2016年08月08日 09:25撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は南岳への急登が始まる。
10
パンパンに膨らんだナッツと甘納豆でしばし休憩する。
2016年08月08日 09:38撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンパンに膨らんだナッツと甘納豆でしばし休憩する。
14
梯子や鎖場を登っていく。
2016年08月08日 10:01撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子や鎖場を登っていく。
7
標高差で300m以上登り詰める。
2016年08月08日 10:07撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高差で300m以上登り詰める。
10
振り返るとコルが遥か下となり北穂とほぼ同じ高さとなった。
2016年08月08日 10:53撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとコルが遥か下となり北穂とほぼ同じ高さとなった。
8
程なく南岳に到着。
水(雨水)を補給し北進を続ける。
2016年08月08日 10:54撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく南岳に到着。
水(雨水)を補給し北進を続ける。
7
乾いた砂礫の斜面を登る。
2016年08月08日 11:33撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾いた砂礫の斜面を登る。
10
すぐに南岳。
2016年08月08日 11:34撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに南岳。
8
手の届きそうなところに槍があるのに、ここからだと3時間はかかる。
2016年08月08日 12:32撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手の届きそうなところに槍があるのに、ここからだと3時間はかかる。
16
今回の行動食は芋ケンピにしてみた。
なかなかイケル。甘くて水もそんなに要らない。
2016年08月08日 12:39撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の行動食は芋ケンピにしてみた。
なかなかイケル。甘くて水もそんなに要らない。
12
岩礫帯を登る。階段状になってると堪える。
2016年08月08日 13:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩礫帯を登る。階段状になってると堪える。
4
雪渓でイワヒバリが遊んでるので降りてみた。
2016年08月08日 13:51撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓でイワヒバリが遊んでるので降りてみた。
6
ついでに手ぬぐいを雪に浸し頭に巻いてクールダウンする。
2016年08月08日 13:54撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに手ぬぐいを雪に浸し頭に巻いてクールダウンする。
16
もう一息。最後の登りがきつそうだ。
2016年08月08日 14:38撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一息。最後の登りがきつそうだ。
21
槍ヶ岳山荘まできたがテン場が一杯とのことで、殺生ヒュッテのテン場まで250mほど下る。
2016年08月08日 15:05撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘まできたがテン場が一杯とのことで、殺生ヒュッテのテン場まで250mほど下る。
8
槍様直下のガレ場に幕営する。
2016年08月08日 16:17撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍様直下のガレ場に幕営する。
22
アルファ米の五目ごはんはあまり美味しくないな。
みそ汁でとりあえず流し込む。
2016年08月08日 16:39撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルファ米の五目ごはんはあまり美味しくないな。
みそ汁でとりあえず流し込む。
9
マットとポリゴンネストの相性も良く快適。
#3と較べると明け方などはやや寒いが、結露を気にしなくていいので気が楽だ。
2016年08月09日 02:30撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マットとポリゴンネストの相性も良く快適。
#3と較べると明け方などはやや寒いが、結露を気にしなくていいので気が楽だ。
21
【四日目 8月9日】
今朝は風が強く寒い。
鴨出汁そばで暖まる。
2016年08月09日 02:34撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【四日目 8月9日】
今朝は風が強く寒い。
鴨出汁そばで暖まる。
11
夜明けまでキャンドルを灯して暖をとる。
2016年08月09日 02:47撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けまでキャンドルを灯して暖をとる。
7
陽の出とともに出発。
2016年08月09日 05:28撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽の出とともに出発。
6
西鎌尾根を下って裏銀座を行く。
2016年08月09日 06:25撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鎌尾根を下って裏銀座を行く。
16
鎖場のアンカーがグラグラで外れかかっている。
2016年08月09日 07:05撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場のアンカーがグラグラで外れかかっている。
7
下界は雲海に飲み込まれている。
2016年08月09日 07:13撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は雲海に飲み込まれている。
16
左俣乗越を過ぎた左俣岳の斜面。きれいなお花畑になっている。
南進してきたトレッカーも「ココが一番きれい」と。
2016年08月09日 08:09撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣乗越を過ぎた左俣岳の斜面。きれいなお花畑になっている。
南進してきたトレッカーも「ココが一番きれい」と。
12
ジャコウソウもカワイイ。香りもいい。
2016年08月09日 08:15撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャコウソウもカワイイ。香りもいい。
15
チングルマは全て綿毛になっていた。
今年は季節が少し先回りしているのか。
2016年08月09日 09:37撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマは全て綿毛になっていた。
今年は季節が少し先回りしているのか。
11
ウスユキソウの群落が可憐だ。
2016年08月09日 10:03撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウの群落が可憐だ。
14
ウサギ菊が凛として咲いている。
2016年08月09日 10:15撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギ菊が凛として咲いている。
8
樅沢岳まで降りてきた。
2016年08月09日 10:43撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅沢岳まで降りてきた。
4
双六小屋で雪解け水を補給する。
水源が豊かな小屋はイイな。
2016年08月09日 10:58撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋で雪解け水を補給する。
水源が豊かな小屋はイイな。
8
双六小屋からは鷲羽が真正面に見える。
手前のコルには三俣山荘も見えている。
2016年08月09日 11:02撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋からは鷲羽が真正面に見える。
手前のコルには三俣山荘も見えている。
16
双六への登りがきつい。
2016年08月09日 11:30撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六への登りがきつい。
4
双六の登りで一緒になった青年と巻き道ルートの水場でクールダウン。
冷たくて気持いい。
2016年08月09日 12:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六の登りで一緒になった青年と巻き道ルートの水場でクールダウン。
冷たくて気持いい。
5
カールの曲線が美しい。
2016年08月09日 13:06撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カールの曲線が美しい。
5
三俣山荘が見えてきた。
テン場は個室系もあり静かな雰囲気だ。
2016年08月09日 14:10撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘が見えてきた。
テン場は個室系もあり静かな雰囲気だ。
4
山荘からは一番遠いが雪渓の残る沢側に幕営する。
チョロチョロと流れる沢音が心地いい。
2016年08月09日 15:09撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘からは一番遠いが雪渓の残る沢側に幕営する。
チョロチョロと流れる沢音が心地いい。
16
南西側には槍の穂先が雲の上に突き抜けているのが見える。
2016年08月09日 17:48撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西側には槍の穂先が雲の上に突き抜けているのが見える。
13
特に目出たい訳では無いが、赤飯とラベルの無い闇缶詰で夕食とする。
この赤飯は本物と遜色なく旨い。
2016年08月09日 18:16撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特に目出たい訳では無いが、赤飯とラベルの無い闇缶詰で夕食とする。
この赤飯は本物と遜色なく旨い。
13
テントからはガスに煙りながらアーベントロートに染まる鷲羽がキレイに見える。
2016年08月09日 18:25撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントからはガスに煙りながらアーベントロートに染まる鷲羽がキレイに見える。
37
少し霧雨があり寒いのでキャンドルで暖まる。
2016年08月09日 19:27撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し霧雨があり寒いのでキャンドルで暖まる。
17
【五日目 8月10日】
マルタイ山の棒ラーメンを投入したが、水が500mlも要るので私にはやや過剰だった。ま、でも色々ビタミンやミネラルが強化されていて元気が出そうだ。
2016年08月10日 03:11撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【五日目 8月10日】
マルタイ山の棒ラーメンを投入したが、水が500mlも要るので私にはやや過剰だった。ま、でも色々ビタミンやミネラルが強化されていて元気が出そうだ。
11
三俣蓮華がモルゲンロートに染まって美しい。
2016年08月10日 05:16撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華がモルゲンロートに染まって美しい。
10
さて、朝一に鷲羽の急登に取り付く。
2016年08月10日 05:16撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、朝一に鷲羽の急登に取り付く。
11
高度を上げ振り返ると黒部五郎や三俣蓮華の大きな山塊が朝日を浴びている。
2016年08月10日 06:15撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げ振り返ると黒部五郎や三俣蓮華の大きな山塊が朝日を浴びている。
12
やっと陽が差してきた。
2016年08月10日 06:40撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと陽が差してきた。
5
2時間弱で鷲羽岳に到着。
2016年08月10日 07:02撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間弱で鷲羽岳に到着。
16
眼下にはサファイヤブルーの鷲羽池。赤岳の先には槍穂連峰が見事。
2016年08月10日 06:54撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下にはサファイヤブルーの鷲羽池。赤岳の先には槍穂連峰が見事。
24
黒部五郎のカールが美しい。
その先には雲海に浮かぶ白山。
2016年08月10日 06:59撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎のカールが美しい。
その先には雲海に浮かぶ白山。
16
南は双六・笠・焼など
2016年08月10日 06:59撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南は双六・笠・焼など
11
北は水晶・裏銀座・後立山がスカッと遠望できる。
2016年08月10日 07:00撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北は水晶・裏銀座・後立山がスカッと遠望できる。
13
北西には薬師の大きな山塊。
2016年08月10日 07:00撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西には薬師の大きな山塊。
15
ワリモを経由し水晶小屋に向かう。
2016年08月10日 07:53撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモを経由し水晶小屋に向かう。
8
水晶小屋手前から振り返ると、歩いてきた縦走路がきれいに見渡せる。
2016年08月10日 09:03撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋手前から振り返ると、歩いてきた縦走路がきれいに見渡せる。
23
水晶小屋で水を補給する。通過者に天水はわけてもらえないのでミネラルウォーターの計り売りで1ℓ購入する。
2016年08月10日 09:19撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋で水を補給する。通過者に天水はわけてもらえないのでミネラルウォーターの計り売りで1ℓ購入する。
11
さて、次は野口五郎を目指す。
崩壊気味の赤いザレ場を一旦下る。
2016年08月10日 09:16撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、次は野口五郎を目指す。
崩壊気味の赤いザレ場を一旦下る。
12
滑らないように慎重に行く。でも景色が壮観なのでついついよそ見をしてしまう。
2016年08月10日 09:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らないように慎重に行く。でも景色が壮観なのでついついよそ見をしてしまう。
9
東沢乗越のそばに小さなお地蔵さんが祀られている。「六根清浄」と彫られてあり、修行と旅の安全を見守ってくれてるようだ。
2016年08月10日 10:04撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越のそばに小さなお地蔵さんが祀られている。「六根清浄」と彫られてあり、修行と旅の安全を見守ってくれてるようだ。
11
途中、やや細いガレのリッジがあるが槍穂がきれいに見渡せる。
2016年08月10日 11:12撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、やや細いガレのリッジがあるが槍穂がきれいに見渡せる。
9
野口五郎への縦走路はトラバース気味に付けられ一見楽そうだが、これがクセ者でジワジワと身体を痛めつけられる登りとなっている。
2016年08月10日 11:56撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎への縦走路はトラバース気味に付けられ一見楽そうだが、これがクセ者でジワジワと身体を痛めつけられる登りとなっている。
14
野口五郎小屋が見えてきた。
天水を補給する。
2016年08月10日 12:40撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋が見えてきた。
天水を補給する。
8
荒涼とした縦走路で烏帽子に向かう。
2016年08月10日 13:31撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒涼とした縦走路で烏帽子に向かう。
8
野口五郎が3,000m近くあるので針ノ木や蓮華が低く見えてしまう。
2016年08月10日 13:31撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎が3,000m近くあるので針ノ木や蓮華が低く見えてしまう。
12
延々と続く縦走路を振り返る。
2016年08月10日 14:13撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々と続く縦走路を振り返る。
9
三ッ岳手前のお花畑ルートにクマがいた。
100mほど離れているので大丈夫だと思うが、自然保護委員が監視と注意をしていた。
2016年08月10日 14:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ岳手前のお花畑ルートにクマがいた。
100mほど離れているので大丈夫だと思うが、自然保護委員が監視と注意をしていた。
17
烏帽子・船窪・蓮華・針ノ木が見渡せるところに来た。
2016年08月10日 14:45撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子・船窪・蓮華・針ノ木が見渡せるところに来た。
9
この辺りから、日本海ポチャ組と一緒に行動するようになる。
前方は8日間で上高地〜親不知を駆け抜ける予定のスピードハイカー、手前は110ℓ32kgのザックでのんびり責める学生ハイカー。どちらも強者だ。
2016年08月10日 14:56撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから、日本海ポチャ組と一緒に行動するようになる。
前方は8日間で上高地〜親不知を駆け抜ける予定のスピードハイカー、手前は110ℓ32kgのザックでのんびり責める学生ハイカー。どちらも強者だ。
35
段々、ツルタテがよく見えるようになる。
2016年08月10日 15:00撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々、ツルタテがよく見えるようになる。
10
うひゃ、コマクサに遇えた。
カワイイ。
2016年08月10日 15:06撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うひゃ、コマクサに遇えた。
カワイイ。
27
多くは終わりかけているが見頃の株も残っている。
クルクルっと可憐。
2016年08月10日 15:07撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くは終わりかけているが見頃の株も残っている。
クルクルっと可憐。
13
烏帽子から後立山連峰まで見通せる。
2016年08月10日 15:25撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子から後立山連峰まで見通せる。
14
烏帽子のテン場が見えてきた。
2016年08月10日 15:44撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子のテン場が見えてきた。
6
一番下の池のほとりに幕営する。
2016年08月11日 05:18撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番下の池のほとりに幕営する。
17
日本海ポチャ組と夕食を共にする。
スピードハイカーはジェットボイルで軽量スピードクッキング。重量学生ハイカーは大きなアルミ鍋で米を炊いている。
それぞれ特徴があって面白い。
2016年08月10日 17:42撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海ポチャ組と夕食を共にする。
スピードハイカーはジェットボイルで軽量スピードクッキング。重量学生ハイカーは大きなアルミ鍋で米を炊いている。
それぞれ特徴があって面白い。
23
日本海側に沈む夕陽を見て就寝。
2016年08月10日 18:46撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海側に沈む夕陽を見て就寝。
19
【六日目 8月11日】
朝から1分ペンネのペペロンチーノ。
ピリリと辛く旨い。
2016年08月11日 04:13撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【六日目 8月11日】
朝から1分ペンネのペペロンチーノ。
ピリリと辛く旨い。
26
御来光を見て出発する。
2016年08月11日 05:09撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光を見て出発する。
24
ニセ烏帽子を登りきりしばらくすると、烏帽子のピークが近づいてきた。
2016年08月11日 06:18撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセ烏帽子を登りきりしばらくすると、烏帽子のピークが近づいてきた。
19
硬そうな大きな岩塊だ。
2016年08月11日 06:23撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硬そうな大きな岩塊だ。
9
烏帽子ピークから高瀬ダムが見下ろせる。餓鬼や唐沢も下に見える。
2016年08月11日 06:38撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子ピークから高瀬ダムが見下ろせる。餓鬼や唐沢も下に見える。
11
北側は烏帽子田圃。
2016年08月11日 06:41撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は烏帽子田圃。
9
ピーク下の砂礫帯にはやや大きなコマクサの株があった。
2016年08月11日 06:47撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク下の砂礫帯にはやや大きなコマクサの株があった。
10
登山道脇には天然のブルーベリーが実っているので摘みながら歩く。手や口の周りが紫に染まり食ったのがバレバレ(笑)
2016年08月11日 07:10撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇には天然のブルーベリーが実っているので摘みながら歩く。手や口の周りが紫に染まり食ったのがバレバレ(笑)
13
同じ紫でもこちらはトリカブトなので食っちゃダメ。
でも群生しているときれいな花だ。
2016年08月11日 07:10撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ紫でもこちらはトリカブトなので食っちゃダメ。
でも群生しているときれいな花だ。
9
暫く進むと烏帽子田圃に出る。悪路が続く縦走路の中では珍しく瑞々しいきれいなところだ。
2016年08月11日 07:17撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く進むと烏帽子田圃に出る。悪路が続く縦走路の中では珍しく瑞々しいきれいなところだ。
12
南沢付近から振り返る。
2016年08月11日 08:12撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢付近から振り返る。
9
このあたりから船窪まで崩壊地沿いの縦走路を歩くことになる。
2016年08月11日 08:46撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから船窪まで崩壊地沿いの縦走路を歩くことになる。
6
覗き込むと吸い込まれそうになる。
2016年08月11日 09:06撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覗き込むと吸い込まれそうになる。
15
コマクサの群生地の向こうに烏帽子が見える。
2016年08月11日 10:13撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの群生地の向こうに烏帽子が見える。
10
不動岳を過ぎる崩壊地は更に酷くなる。
2016年08月11日 10:18撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳を過ぎる崩壊地は更に酷くなる。
7
崩壊地のキワのアップダウンを進んで行く。
2016年08月11日 10:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地のキワのアップダウンを進んで行く。
10
緊張する場面が続く。
2016年08月11日 10:37撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緊張する場面が続く。
9
クリフバーでちょっと休憩しエナジーチャージをする。
2016年08月11日 10:51撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリフバーでちょっと休憩しエナジーチャージをする。
7
ズリッといったら終わりだ。
2016年08月11日 11:58撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズリッといったら終わりだ。
7
ココはロープ以外に掴む選択肢が無いのでちょっとヤバイ。
2016年08月11日 13:15撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココはロープ以外に掴む選択肢が無いのでちょっとヤバイ。
7
一歩ずつ慎重に登る。
2016年08月11日 13:49撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一歩ずつ慎重に登る。
9
オヨヨ、蟻の戸渡じゃね。ロープを掴んでゆっくり進む。
2016年08月11日 14:07撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヨヨ、蟻の戸渡じゃね。ロープを掴んでゆっくり進む。
20
ようやく船窪岳。5時間ほど緊張しっぱなしの縦走路だった。
2016年08月11日 14:13撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく船窪岳。5時間ほど緊張しっぱなしの縦走路だった。
9
一旦、船窪乗越まで高度を下げ、その後正面の七倉まで登り返す。
2016年08月11日 14:13撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、船窪乗越まで高度を下げ、その後正面の七倉まで登り返す。
9
船窪小屋が見えてきた。
テントの受付を済ませる。
2016年08月11日 15:59撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋が見えてきた。
テントの受付を済ませる。
11
「山の日」なので小屋もテントも混んでる。
2016年08月11日 17:33撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山の日」なので小屋もテントも混んでる。
9
テン場下の危険な水場に行くだけで大仕事となるが、キンキンに冷たく美味い湧き水が確保できる。
この水を飲むためにココに幕営したようなものだ。
2016年08月11日 16:36撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場下の危険な水場に行くだけで大仕事となるが、キンキンに冷たく美味い湧き水が確保できる。
この水を飲むためにココに幕営したようなものだ。
21
天然の湧き水で松茸ごはんを作る。
いい香りで旨かった。
2016年08月11日 17:50撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然の湧き水で松茸ごはんを作る。
いい香りで旨かった。
15
テントから沈む夕陽を眺める。
2016年08月11日 18:29撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントから沈む夕陽を眺める。
6
クライミットをポリゴンネストの中に入れた方が暖かくて安定する。
2016年08月11日 19:18撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライミットをポリゴンネストの中に入れた方が暖かくて安定する。
13
【七日目 8月12日】
今日は最終日なので残り物で適当に朝を済ます。
でもやっぱりカレー系は疲れているときには美味しい。
2016年08月12日 03:08撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【七日目 8月12日】
今日は最終日なので残り物で適当に朝を済ます。
でもやっぱりカレー系は疲れているときには美味しい。
12
手前の不動岳や奥の薬師岳がモルゲンロートに染まりだした。
2016年08月12日 05:10撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の不動岳や奥の薬師岳がモルゲンロートに染まりだした。
8
船窪小屋と遠くに槍がクッキリ。
今日もいい天気。
2016年08月12日 05:46撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋と遠くに槍がクッキリ。
今日もいい天気。
18
凄い雲海。八ヶ岳や妙高が頭を出している。
2016年08月12日 05:48撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄い雲海。八ヶ岳や妙高が頭を出している。
17
さて、船窪新道を下山する。
2016年08月12日 06:04撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、船窪新道を下山する。
7
しばらくは天空の下山道だ。
2016年08月12日 06:14撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは天空の下山道だ。
12
標高を150mほど落とすと天狗の庭。
2016年08月12日 06:19撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を150mほど落とすと天狗の庭。
10
樹林帯に入ると急斜面が続く。至る所に梯子が架けられている。
2016年08月12日 06:53撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると急斜面が続く。至る所に梯子が架けられている。
5
胸付じゃなく鼻付八丁だそうだ。
2016年08月12日 06:56撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸付じゃなく鼻付八丁だそうだ。
5
4合目あたりで休憩していると、お揃いのARC'TERYXを背負った母娘と一緒になり好物のトマトを頂く。
2016年08月12日 07:43撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4合目あたりで休憩していると、お揃いのARC'TERYXを背負った母娘と一緒になり好物のトマトを頂く。
22
ついでにプルーンも頂き、一週間ぶりの新鮮な野菜果物だったので一気食いした。果汁が疲れた身体に染み渡り生き返った心地がした。
2016年08月12日 07:43撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでにプルーンも頂き、一週間ぶりの新鮮な野菜果物だったので一気食いした。果汁が疲れた身体に染み渡り生き返った心地がした。
27
栂や松、シャクナゲの樹林帯をひたすら下る。
2016年08月12日 08:05撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂や松、シャクナゲの樹林帯をひたすら下る。
3
高度を1400m下げ七倉ダムに降り立つ。
2016年08月12日 09:04撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を1400m下げ七倉ダムに降り立つ。
6
時間はたっぷりあるので信濃大町まで10数キロを歩く。
トンネルを歩いていると通りがかりの車に拾われる。
2016年08月12日 09:14撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間はたっぷりあるので信濃大町まで10数キロを歩く。
トンネルを歩いていると通りがかりの車に拾われる。
15
白馬まで行く途中の方だったので、大町温泉郷まで乗せてもらった。
有り難い。
2016年08月12日 09:38撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬まで行く途中の方だったので、大町温泉郷まで乗せてもらった。
有り難い。
14
ここからは信濃大町までバスがあるので帰りのメドがついた。
2016年08月12日 09:40撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは信濃大町までバスがあるので帰りのメドがついた。
7
松本まで戻ってヨーカドーで適当につまむ。
鯉のあらい・しめさば・冷や奴・出汁巻きで一杯やる。
ツマも完食。身体が鮮度のいいものを欲しがっているようだ。
2016年08月12日 14:20撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本まで戻ってヨーカドーで適当につまむ。
鯉のあらい・しめさば・冷や奴・出汁巻きで一杯やる。
ツマも完食。身体が鮮度のいいものを欲しがっているようだ。
28
夜行バス待ちに握りで腹を満たす。
お腹いっぱい。
2016年08月12日 21:04撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜行バス待ちに握りで腹を満たす。
お腹いっぱい。
35

感想/記録

■早くから八月の第一週を予定していたが、どうも天候の具合が良く無さそうだったので一週ズラして再計画した。そのため折角予約できていたさわやか信州号をキャンセルすることになり松本に前乗りすることになった。
■奥穂南稜は雪不足のおかげでガレ場歩きが長かったものの取付が容易で助かった。一方、縦走初日の荷が一番重いままなので厳しかったが、どんどん高度が上がり面白い登攀となった。
■大キレット等奥穂から槍への縦走路は、北進の場合危険地帯が下りになるので南進に比べやや難しい。当日も北進するパーティはあまり無かった。
■裏銀座は地味なアップダウンがジワジワと身体を痛めつける。しかし、眺めがよく、どこを切り取っても絵になるので静かに気持ち良く歩ける
■烏帽子〜船窪は、ロープ等の策を打ってあるとはいえ崩壊激しく足元の定まらない縦走となった。危険な岩稜帯よりこちらの滑る砂礫帯の方が恐い。
■いずれにせよ好天に恵まれ、ハードだったが楽しい夏山となった
訪問者数:1257人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/16
投稿数: 2212
2016/8/14 12:25
 連日の好天気!
これだけの縦走コースを歩かれたんや!
そして無事下山で終了、おめでとうございます。
一度も訪れたことのないコースなんで、ゆっくり拝見させて頂きました。
nanfutsuさんの健脚だからこそ行けるコースですね。
素晴らしい山行レコでしたよ。
登録日: 2012/6/25
投稿数: 1637
2016/8/14 17:07
 こんにちは nanfutsuさん
すごい! の一言です
無事に帰還され良かったです

高い所苦手の私は写真を見ているだけでお尻がムズムズしました
登録日: 2013/4/11
投稿数: 840
2016/8/16 8:59
 凄まじい体力・・。
nanfutsuさん、はじめまして。

オープニングの取り付きからまたカッコいい
しかし凄い大縦走です。私も一部といえこの夏、同じルートを
あるいておりますので、30分以上はこちらに滞在してます
思わずコメントしたくなるというのはこういう記録なのですね。
プロフィールも拝見・・ なるほど。納得です  
またラストも重ザックで信濃大町まで歩こうとされていたとは・・
そして綺麗な画像すべてが携帯画質 だった事にも驚きです
本当におつかれさまでした
登録日: 2015/3/10
投稿数: 14
2016/8/16 10:22
 ふぅ。
もう、見ているだけで、お腹一杯になりました。
登録日: 2010/9/2
投稿数: 144
2016/8/16 19:28
 おお!このルート取りですか!
楽しみにしていました(笑)
すばらしいコース取りですね!

日本海ポチャ組には笑いました。
それぞれの登山スタイル、それぞれの楽しみがありますね!
nanfutsuさんの、じっくり計画を練って、キッチリと準備・実行してゆかれる山登り、とても好きで、自分もそうありたいと思ってます。(規模はちっちゃくて難易度は低いですけどw)

次はどこかな〜
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/16 19:58
 Re: 連日の好天気!
とらさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

このルート、北進するのは結構シビアですねえ。
毎日がヘビーでしたが終わってみると、もっと歩きたかったという不思議な気持になりま〜す
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/16 20:01
 Re: こんにちは nanfutsuさん
olddreamerさん、こんばんは。

北アルプスは何度訪れてもいいですね。
晴れてさえいれば高度感と絶景を楽しめますもんね。
お尻ムズムズを存分に楽しんできました
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/16 20:07
 Re: 凄まじい体力・・。
kazuroさん、こんばんは。

もしかして船窪あたりですれ違ってるかもと思ってレコを拝見させて頂きましたが、ギリギリ会えてないですね〜
烏帽子〜船窪間の崩壊地は酷かったですね〜
もう一度行けといわれても嫌です
でも終わってしまえばイイ思い出しか残らないので、また行くかもしれません
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/16 20:11
 Re: ふぅ。
kimoty さん、こんばんは。

お腹一杯になって頂いて光栄です
なかなかハードなルートでしたよ〜。
嫌になるぐらいのアップダウンの連続でしたが、
達成感は充分に湧いてきますね
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/16 20:21
 Re: おお!このルート取りですか!
ameyanさん、こんにちは。
日本海ポチャ組いい感じでしょ?

どちらもサッカーから登山に転向したとのことでした。
なので両名とも筋肉質でパワフルでした〜

秋にもういちど行きたいと思いました
登録日: 2013/9/30
投稿数: 603
2016/8/17 6:40
 南陵を越えて・・・(@_@。どこまで行く???
nanfutsuさん おはようございます。
普通は南陵で腹いっぱい。私なら天狗沢経由か重太郎新道で岳沢に降りちゃいます・・・。
いやー、昨年の明神主稜からのロングもそうですが、流石ですね。
ロープにガチャ…アルパイン的なコースをサラリとやってのけ20kgオーバーで更にのロング・・・を続ける・・・
いやはや、本当にレスペクトです。
心から お疲れ&おめでとうございます。
登録日: 2015/6/15
投稿数: 1120
2016/8/17 8:02
 おかえりなさい!
楽しみにしていました
一週間も空に近い場所で過ごされたんですね!
ステキすぎる圧巻レコです。
お天気に恵まれてよかったですね。
ご無事でなにより!感動しました
登録日: 2014/3/2
投稿数: 100
2016/8/17 9:32
 素晴らしい山行ですね
nanfutsu さま 
素晴らしい山行をされていて、羨ましいです。
縦走路の景色も素晴らしいですが、食レポが特に参考になりました。
テン場のコメントもいいですね。

いつかこんな山行が出来たらいいなーと思いました。
お疲れ様でした。
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/17 16:41
 Re: 南陵を越えて・・・(@_@。どこまで行く???
jyunntarouさん、こんにちは。

今年の南稜は雪渓が無く取り付きは比較的楽チンでしたが、その分ガレ場歩きが長くて取り付くまでと取り付き直後のザレ場登りが核心部だったかも知れません(笑)

南稜も明神も高度がどんどん上がり、上高地や岳沢が遥か下になって行くのが気持ちいいですね!
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/17 16:48
 Re: おかえりなさい!
あくびねこさん、ただいまです。

ず〜っといい天気で真っ黒になりました(笑)
天空の縦走路が延々と続くので眺めが良くって、あっという間の1週間でした。
いい夏山になりました〜。
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/8/17 16:55
 Re: 素晴らしい山行ですね
yh366さん、コメントありがとうございます。
1分パスタ、簡単で美味しくてガスの消費量も少なくていいですよ〜。

また、ぜひぜひ、大キレットにも挑戦してみて下さ〜い。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ