また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266915 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

裏銀座(高瀬ダム→西穂)高天原と北鎌経由で

日程 2017年09月19日(火) 〜 2017年09月23日(土)
メンバー
天候おおむね日中は晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
七倉→高瀬ダムは特定タクシー利用
ゲートが開く時間は季節で違うので注意
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間54分
休憩
0分
合計
10時間54分
S高瀬ダム濁沢登山口06:1409:18烏帽子小屋11:56野口五郎岳14:33水晶岳15:05温泉沢ノ頭17:08高天原山荘
2日目
山行
6時間10分
休憩
30分
合計
6時間40分
高天原展望台06:2507:09水晶池分岐07:1008:27岩苔乗越08:37ワリモ北分岐08:53ワリモ岳08:5809:26鷲羽岳09:2810:06三俣山荘10:2211:02三俣峠11:14三俣蓮華岳11:1511:38丸山12:14双六岳12:1912:54双六岳巻道分岐13:05双六小屋
3日目
山行
8時間55分
休憩
29分
合計
9時間24分
宿泊地05:3706:03樅沢岳06:0608:20千丈乗越08:2209:25槍ヶ岳山荘09:3610:12ヒュッテ大槍10:2111:20水俣乗越11:2312:42北鎌沢出合12:4315:01北鎌のコル
4日目
山行
5時間37分
休憩
1時間43分
合計
7時間20分
北鎌のコル06:0607:48北鎌独標08:0510:09槍ヶ岳10:4510:58槍ヶ岳山荘11:3711:43飛騨乗越11:4412:00大喰岳12:0112:22中岳12:2913:18南岳13:2013:26南岳小屋
5日目
山行
8時間24分
休憩
50分
合計
9時間14分
南岳小屋06:0406:54長谷川ピーク07:0008:04北穂高小屋08:1608:18北穂高岳(北峰)08:1909:18涸沢岳09:2309:30穂高岳山荘10:07穂高岳10:33ジャンダルム10:3811:11天狗のコル11:1511:52間ノ岳11:5412:12赤岩岳12:1312:35西穂高岳12:3613:10西穂独標13:38西穂山荘13:5114:04丸山南分岐(田代橋方面)15:03西穂高岳登山口15:14上高地アルプス山荘15:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
高天原:温泉沢ルートはガレ多し落石注意、下部は沢を歩くため増水時注意
奥穂-西穂:間ノ岳西穂側のガレは特に注意
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント泊装備

写真

1日目:高瀬ダムから出発、平日朝一なのに30人ぐらいの人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目:高瀬ダムから出発、平日朝一なのに30人ぐらいの人。
台風一過の翌日。笑っちゃうくらい空が澄んでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風一過の翌日。笑っちゃうくらい空が澄んでいました。
野口五郎より南方面。左手より槍、奥には乗鞍。右手奥に笠の山頂。手前は双六、鷲羽、三俣蓮華。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎より南方面。左手より槍、奥には乗鞍。右手奥に笠の山頂。手前は双六、鷲羽、三俣蓮華。
これから向かう水晶岳方面。カール地形がすてきです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう水晶岳方面。カール地形がすてきです。
歩いてきた稜線。手前には黒部ダムに続いている東沢谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。手前には黒部ダムに続いている東沢谷。
水晶小屋14時前に到着、高天原へは時間的にかなりギリギリ。宿泊予約と「到着が遅くなりますが...」とごめんなさいの電話をしてから、水晶岳へと急ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋14時前に到着、高天原へは時間的にかなりギリギリ。宿泊予約と「到着が遅くなりますが...」とごめんなさいの電話をしてから、水晶岳へと急ぐ。
1
水晶を越えた先で温泉谷を高天ヶ原へ下る。真っ直ぐ行くと読売新道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶を越えた先で温泉谷を高天ヶ原へ下る。真っ直ぐ行くと読売新道。
1
温泉谷ルート上部は傾斜もある上ガレガレで要注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉谷ルート上部は傾斜もある上ガレガレで要注意。
さらに沢を下ると本日の温泉へ。さすが「日本一遠い温泉」、ホントに遠かった。
河原に湯船が二つあって上の方がぬるめで良かった。対岸上段には女性湯小屋もあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに沢を下ると本日の温泉へ。さすが「日本一遠い温泉」、ホントに遠かった。
河原に湯船が二つあって上の方がぬるめで良かった。対岸上段には女性湯小屋もあり。
1
2日目:高天原小屋を出発し、岩苔乗越を目指す。午後から天気が崩れる予報なので本日は双六まででやめる予定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目:高天原小屋を出発し、岩苔乗越を目指す。午後から天気が崩れる予報なので本日は双六まででやめる予定。
鷲羽岳。どんよりとした空、前線の接近とともに風が強くなっていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳。どんよりとした空、前線の接近とともに風が強くなっていく。
鷲羽池。天気が良い日は槍が映るらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池。天気が良い日は槍が映るらしい。
三俣山荘で天気がまだ持ちそうだったので稜線ルートで双六へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘で天気がまだ持ちそうだったので稜線ルートで双六へ。
双六山頂あたり。そのまま槍に続いているように見える道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六山頂あたり。そのまま槍に続いているように見える道。
双六のテン場。始終10~20mくらいの風が吹き抜けていた。ソロテンを建てている方が難儀してたので手伝ったが、自分はテントをあきらめ小屋に逃げ込むことにする。風はさらに強くなり夕方から横殴りの雨、夜には雹も降っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六のテン場。始終10~20mくらいの風が吹き抜けていた。ソロテンを建てている方が難儀してたので手伝ったが、自分はテントをあきらめ小屋に逃げ込むことにする。風はさらに強くなり夕方から横殴りの雨、夜には雹も降っていた。
1
3日目:天気は明日まで持ちそうなので、北鎌に向かうことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目:天気は明日まで持ちそうなので、北鎌に向かうことにする。
ガスの切れ間から槍が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間から槍が見えてきた。
千丈乗越から振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈乗越から振り返って
飛騨沢の向こうに笠ケ岳。雲がだんだんと上がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢の向こうに笠ケ岳。雲がだんだんと上がってきた。
飛騨乗越。日の当たらないところは氷結していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越。日の当たらないところは氷結していた。
槍は明日登るのでスルーして東鎌尾根へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍は明日登るのでスルーして東鎌尾根へ
振り返ると、明日歩く予定の北鎌尾根がくっきりと見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、明日歩く予定の北鎌尾根がくっきりと見える。
水俣乗越から天井沢へ下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水俣乗越から天井沢へ下る。
雪渓はほとんど残っていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓はほとんど残っていない。
北鎌コルの手前。右のコルが北鎌コル、左に行くと1段上のコルに出てしまうので注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌コルの手前。右のコルが北鎌コル、左に行くと1段上のコルに出てしまうので注意。
本日のお宿。稜線上のビバークポイントまで進むつもりだったが、ガスってきたので北鎌コルでやめにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のお宿。稜線上のビバークポイントまで進むつもりだったが、ガスってきたので北鎌コルでやめにする。
4日目:寝坊したので歩き始めたのは、明るくなってから。前後に、他のパーティーの気配はない。本日は貸切だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目:寝坊したので歩き始めたのは、明るくなってから。前後に、他のパーティーの気配はない。本日は貸切だ。
独標手前。明瞭な踏み跡が右下に続いているが、これは罠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標手前。明瞭な踏み跡が右下に続いているが、これは罠。
トラバースのラインを振り返って。自然落石が何度かあって怖かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースのラインを振り返って。自然落石が何度かあって怖かった。
北鎌平。今回は巻き道を多めに使ってみたが、稜線伝いの方がルートに悩ま無くてよい分、性に合ってると感じた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌平。今回は巻き道を多めに使ってみたが、稜線伝いの方がルートに悩ま無くてよい分、性に合ってると感じた。
1
東鎌尾根を見下ろす。風が心地よい、テンション上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根を見下ろす。風が心地よい、テンション上がります。
槍ヶ岳山頂。珍しいことに誰もいなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山頂。珍しいことに誰もいなかった。
山荘で休憩してさらに南下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘で休憩してさらに南下
雨が降り出しそうだったので、本日は南岳小屋でやめとする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降り出しそうだったので、本日は南岳小屋でやめとする。
設営後に雨が降り出した。北穂まで行かなくてよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
設営後に雨が降り出した。北穂まで行かなくてよかった。
5日目:朝4時には目が覚めてたが、雨が上がるまで撤収を遅らせる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5日目:朝4時には目が覚めてたが、雨が上がるまで撤収を遅らせる。
ガスの中、時々青空が見えていた。
岩はまだ濡れていたので、ペースは抑え気味に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中、時々青空が見えていた。
岩はまだ濡れていたので、ペースは抑え気味に。
Hピーク、切れ落ちてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Hピーク、切れ落ちてます。
1
唐沢岳を越えて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳を越えて、
1
穂高岳山荘へ。
9:30に山荘到着できたので、西穂まで進むことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘へ。
9:30に山荘到着できたので、西穂まで進むことにする。
1
ガスにまかれるジャンダルム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスにまかれるジャンダルム
2
タイミング悪く何も見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイミング悪く何も見えない。
1
遅い時間なのですれ違いも少なく、快調に歩を進める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い時間なのですれ違いも少なく、快調に歩を進める。
西穂山頂。ちょうどガスが晴れたのでみんなカメラ構えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山頂。ちょうどガスが晴れたのでみんなカメラ構えている。
西穂山荘のテン場。混みぐあいを見て土曜だったことに気付く。14時前だったので上高地へ降りてしまう事にした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘のテン場。混みぐあいを見て土曜だったことに気付く。14時前だったので上高地へ降りてしまう事にした。
1
上高地から岳沢を見上げる、稜線はガスの中。今回の山行は、これにて終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地から岳沢を見上げる、稜線はガスの中。今回の山行は、これにて終了。

感想/記録
by malo

1日目:高瀬ダム→水晶岳→高天原山荘
2日目:高天原小屋→三股蓮華→双六小屋
3日目:双六小屋→西鎌→東鎌→北鎌コル(テン泊)
4日目:北鎌コル→槍→南岳小屋(テン泊)
5日目:南岳小屋→北穂→奥穂→西穂→上高地

連休明け台風一過の北アルプスを気の向くままに満喫しようという計画。
台風さえ来なければ後2日行程を伸ばせたのだけれど、泣く子と天気にはかないません。5年ぶりの9連休だったのに...

プランの段階では、欅平から入って日程の許す限り南下するつもりでしたが、台風通過後の水平歩道/雲切新道の様子が読めなかったので、裏銀座に転進としました。
後で考えると、猿倉INでひたすら南下でもよかったのかもしれない。

無理せずに一定のペースで歩き続けることを心がけたせいか、最終日まで膝も足首も不調を訴えずに通せたのはよかった、一番悔しいのは体調不良や故障で途中下山ですので。

長期休みがいつ取れるかわからないけど、次はどこに行こうかな。


以下個人的メモ
ザック重量(水食料込)は、出発前で約14kg。も少し軽量化をしたい。
食料は、毎日同じものにしないと運用しにくいので、食を楽しむのはあきらめること。
靴は堅牢性優先でベッタにしたが、今度はコアハイに堅めのインソール入れてテストしてみよう。
訪問者数:148人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ